硬くなったパンを柔らかくする方法!ふわふわに復活させる裏技とは!?

Sponsored Link

パン屋さんで売っているパンは市販しているパンとは違って焼きたてで美味しいですよね。ただ、こうしたパンは保存料なども使っていないので、硬くなってしまったりと劣化も早いです。でも、せっかく美味しいパンを買ってきたのであれば、時間が経っていても食べるときには美味しく食べたい!そんなことってよくあると思います。

 

kensuke
ということで、今回は時間が経ってしまって硬くなったパンを柔らかくする方法についてまとめていきます!

 

硬くなったパンを柔らかくする方法

電子レンジで温める

キッチンペーパーなどに水を含ませてパンを包み、電子レンジで10秒程度加熱するだけでパンに水分が戻って柔らかくなります。電子レンジの機種や出力にもよるのでまずは10秒で様子を見てそれでも硬いようだったらもう10秒と、柔らかくなるまで時間を追加していきましょう!

 

kensuke
レンジで温めるときには便利なパンウォーマーという道具もあるので、パンを温める機会の多い方は持っていると便利ですよ〜

 

 

蒸し器で蒸す

パンが硬くなってしまうのは含まれている水分が抜けてしまうから。そこで、蒸し器を使ってパンを蒸すことで再びパンに含まれる水分が復活してふわっと柔らかくなります!

 

新しいパンの間に挟む

こちらは食パンなどで使える方法です。硬くなってしまったパンを新しくてまだ柔らかいパンの間に挟んで密閉してみてください。しばらく放置しておくと新しいパンの水分を吸収してしっとり柔らかくなります。

 

セロリと一緒に密閉する

これはかなり意外な方法かもしれませんが、結構効果的です。密閉できる容器にみずみずしい新鮮なセロリと一緒にパンを入れて一晩置いておくだけで、パンがセロリの水分を吸収して柔らかさが復活します!

 

霧吹きで水分を吹きかけてオーブンで焼く

パンから抜けてしまった水分を補うように霧吹きで水分を吹きかけてから、アルミホイルに包んで200℃のオーブンで15分くらい焼きあげると、パンの柔らかさが復活してくれますよ〜

 

Sponsored Link

 

パンが硬くならないようにするための保存方法

パンはなるべく密閉させる

パンは空気に触れている状態が長く続くとどんどんと水分が蒸発してしまって硬くなってしまいます。1日たっただけでも結構硬くなってしまうので、すぐに食べないようであればジップロックなどの密閉できるものに入れて、空気を抜いて保管すると水分の蒸発が防げます。

 

kensuke
これをするだけでもかなり柔らかさが長持ちしますよ〜

 

保存するのであれば冷凍保存がおすすめ

もし2〜3日以上食べないのであれば冷凍保存をすることをおすすめします。冷凍保存したいパンをラップに包んだ後にジップロックなどの密閉できるものに入れてできるだけ短時間で冷凍すると効果的ですね。

 

 

硬くなったパンはひと手間加えれば復活

調理してしまえば美味しく食べることができる!

フレンチトーストにして食べる

硬くなったパンには卵をたっぷりと染み込ませれば硬いパンも柔らかくなります。あまりに硬くなりすぎてしまった場合には前日の夜から仕込んで翌朝に調理すると丁度いい感じに卵が染み込んでくれますね。

急いで染み込ませたいときには卵と牛乳、砂糖を混ぜたものを電子レンジで人肌程度(35℃くらい)に温めると染み込むスピードが速くなりますよ〜

 

昔懐かしい揚げパンにしよう!

硬くなったパンを手頃な大きさに切って油で揚げましょう。揚げ終わったパンにグラニュー糖をふりかければ、

そう、昔懐かしい「揚げパン」の出来上がりです!

 

ラスクなら硬いままでもOK

パンが硬くなってしまったのであればいっそのことそのまま硬さを利用してしまいましょう。硬くなったパンを適度な薄さにスライスしてバターを塗り、グラニュー糖をお好みでかけたらオーブンの余熱(140〜150℃程度)で30〜40分ほど焼きあげればお手製ラスクの出来上がりです。

 

ひと手間加えて調理の材料に早変わり

パン粉に使う

カチカチになってしまった場合にはわざわざ食べずにパン粉にして調理の材料として使ってしまうのもありですね。おろし金やすり鉢で潰すだけで簡単にお手製のパン粉をつくることができます。

 

kensuke
フードプロセッサーがあればさらに簡単にパン粉にすることができますよ〜

 

Sponsored Link

 

あとがき

焼きたてのパンは美味しいですが、時間が経って硬くなってしまったパンも上手く手を加えてあげることで、焼きたてのパンのような柔らかさが復活します。もちろんパンを買うときには余らないように買うことも大切ですが、余ってしまった場合には上手く保存してできるだけパンの水分が蒸発しないようにしましょう!

 

kensuke
ぼくは外はカリッと中がモチっとしたパンが好きですね〜

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです