ファスナーの修理方法!外れた・噛んだ・動かない場合の直し方

スポンサーリンク

普段はあまり気にならないですが、とっさのときに引っかかっていきなり動かなくなってしまったり、布を噛んでしまって動かなくしてしまうファスナー。しばらく使っていると劣化もしてきて動きも滑らかでなくなってきて、うまく閉まらなくなったりもしますよね。

特にお気に入りの服やカバンなどのファスナーが壊れたときには、ファスナーのために諦めるのはもったいない……

実はファスナーのちょっとしたトラブルは自分で直せることもあるんです。

こちらの記事では、ファスナーの修理の方法と外れたファスナーの直し方についてまとめていますので、ファスナーの修理をするときにはご参考にしてみてください。

 

ファスナーの修理方法(動かなくなった場合)

ファスナーが途中で止まって動かないときの直し方

ファスナーを開け閉めするときによくあるトラブルが、「ファスナーが途中で止まって動かなくなってしまう」というものですよね。下手に噛んでしまってなかなか動かなくなってしまうと、無理やりなんとかしたくなってしまうのですが、力ずくで直そうとしても余計に症状をひどくしてしまう場合があります。

そんなときには、まずはひとまず自分の心を落ち着けましょう、これも意外と大切なんですよ(笑)

そして、ファスナーをそのまま力ずくで引張って無理やり進もうとはしないで、一度元来た方向に戻すようにスライドをさせてみてください。ファスナーが途中で進まなくなった場合には、進行方向に対して進まなくなっているだけなので、たいていの場合には元来た方向にそんなに力を入れなくても戻せるはずです。

 

元の場所にスライダーを戻すことができたら、ファスナーが引っかかってしまった場所に不具合がないのかを確認します。目に見えるようの症状だと、糸くずが絡まっていたり、ファスナーのエレメント(ファスナーの歯の部分)がズレていたりといっとことが起こっているので、そういった引っかかるような要素があった場合には取り除けば直るはずです。

特に目に見えるような原因がなかった場合には、止まってしまった部分に潤滑油を塗ります。潤滑油を塗ると、滑りが滑らかになって引っかからなくなるはずです。「潤滑油なんて家にはないし、わざわざ買いに行くのは面倒……」なんて思われるかもしれませんが、潤滑油は特別専用のものを用意しなくても、サラダ油やベビーオイル、ワセリンなどでも十分に対応できます。

 

ファスナーにサラダ油を塗ろうとして、服にこぼしてしまったら……

こちらの方法でシミを綺麗に取りましょう!

>>>洋服(衣類)の油のシミの取り方!いきなり洗濯機に入れるのは厳禁

 

kensuke
これだけで引っかかっていた場所をすんなりと通るようになるはずです!

 

スポンサーリンク

 

ファスナーが噛んだときの直し方

ファスナーに布などの生地が噛んでしまった場合にも、先ほどと同じように無理に引張ってなんとかしようとせずに、一度落ち着いて生地を軽く引張ってみましょう。これで生地がすんなりと取れてくれればOKですし、取れなかった場合には、生地を引張った状態のまま生地が取れるような方向にファスナーを動かしてみてください。

生地を動かすときにはゆっくり動かすよりも、さっと勢いよく引張ると取れやすいですよ。ただし、力加減には注意してくださいね(笑)

 

kensuke
引張る力は生地がピンっと張るくらいの力で大丈夫です!

 

それから、もしデニムの生地など厚くて硬い生地を噛んでしまった場合には、ピンセットや楊枝、マイナスドライバーなど細いものの先端をスライダーに挟ませて生地との間に隙間を作るようにしてみてください。

こうすることで、スライダーが滑りやすくなって挟まっていた生地が取れやすくなります。

 

kensuke
布などの生地が挟まってしまった場合には、無理に引張ってしまうと生地を傷めたり、破れてしまう場合があるので注意してくださいね!

 

ファスナーが動かなくなってしまった場合の修理方法まとめ

  • スライダーを元来た方向に動かして、動かなくなってしまった部分のエレメントを確認する。不備があったら直して、潤滑油などを塗って滑りを良くすればOK。
  • ファスナーが生地を噛んでしまった場合には、無理に引張らずに軽く引張って生地が取れる方向にファスナーを動かす。

 

 

ファスナーの修理方法(外れた場合)

ファスナーが外れてしまったときは少し手間はかかりますが、こちらも自力で直すことができる場合が多いです。諦めたくないお気に入りのものなどの場合には頑張って直してみましょう!

 

スライダーを広げる直し方

ファスナーが外れてしまった場合には、無理くり押し込もうとしてもなかなか入らないことが多いですよね?

そうしたときには思い切ってスライダーを広げてしまいましょう。マイナスドライバーなどある程度硬くて、先がスライダーの隙間に入れることができるものを使えば、たいていの場合スライダーに隙間を作ることができます。

スライダーに隙間を作ったら、そこから一度エレメントに差し込んで今度はペンチなどでスライダーを締めれば完成です。

外れたファスナーをスライダーを広げて直す方法

  1. マイナスドライバーなどでスライダーの噛む部分を開く
  2. 開いたところからエレメントに差し込む
  3. スライダーの開いた部分をペンチなどで締めれば完成

 

スポンサーリンク

 

止め金具を外す直し方

止め金具はファスナーの端についているスライダーがそれ以上先に進まないようするための部分です。ファスナーがはずれてしまった場合にはこの部分を外すことでもはめ込むことができます。

止め金具を外してファスナーを直す方法

  1. 止め金具をペンチなどで外してスライダーを端から入れる。
  2. ファスナーが噛んだら止め金具を元に戻しペンチなどで締めれば完成。

 

kensuke
こちらの方法はスライダーを開く方法に比べて少し手間がかかるので、スライダーを開いても差し込めなかった場合の最終手段としておきましょう!

 

ファスナーが外れてしまった場合の修理方法まとめ

  • スライダーを開いてエレメントを差し込みスライダーを締め直す。
  • ファスナーの止め金具を外してスライダーをエレメントに差し込む。

 

 

ファスナーの修理方法(閉めても開いてしまう場合)

ファスナーを閉めても開いてきてしまう場合には、スライダーやエレメントに問題がある場合があるので、そちらの2点を確認してみてください。ちょっとした部分をいじって対処するだけでも、解消することが多いので、意外とすんなり直ったりします。

 

スライダーを締める直し方

ファスナーを閉めても開いてきてしまう場合には、スライダーが緩んでしまっている場合があります。スライダーも消耗品なので使っているうちにどんどんと開いてきてしまうので、エレメントをかみ合わせる力がなくなってきてしまうんですね。

これに対する対処法は簡単で、ペンチなどでスライダーを締めてあげるだけで解決します。コツはスライダーの下部(狭くなっている部分、閉まる方向)の方を締めることですね。

 

kensuke
締めすぎると今度は動きが硬くなったり、動かなくなってしまったりするので様子を見ながら締めていってくださいね。

締めすぎてしまった場合にはドライバーなどを使って開いてあげれば大丈夫ですので、「壊れてしまったらどうしよう……」なんて怖がらなくても大丈夫です。

 

スポンサーリンク

 

エレメントの状態をチェックする

ファスナーを閉めても開いてきてしまう理由のひとつに「エレメントの状態が悪い」ことが挙げられます。エレメントが曲がっていたり、飛び出したりしていると噛み合わせがうまくいかなくなって、スライダーを通しても噛み合わずに閉まらない状態になってしまっているんですね。

ちょっと面倒ですが、こうした場合にはエレメントひとつ一つを確認してみてください。エレメントを観察してみて、曲がっていたり飛び出している部分があったら、ペンチなどを使って元の状態に戻してあげれば直ることがありますよ。

ファスナーが開いてしまう場合の修理方法まとめ

  • スライダーをチェックして開いていたらペンチなどで締め直す
  • エレメントをチェックして曲がりや飛び出しが見つかったらペンチなどで元に戻す

 

kensuke
ファスナーを閉めても開いてきてしまう場合にはこちらの方法を試してみてくださいね!

 

 

 

あとがき

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した方法は、ファスナーが外れたときや動かなくなってしまったときだけでなく、ファスナー自体の延命にもなります。

ファスナーは消耗品なので長く使っているうちにいろいろと不備は出てきてしまいますからね。特にお気に入りの服やカバンでこうしたことが起ってしまうと、諦めて買い換えるかどうか悩むのではないでしょうか?

ただ、今回紹介したようにちょっと手を加えてあげるだけでもファスナーの機能が復活して寿命が延びることもあるので、もしファスナーの調子が悪くなって諦めようかと思っているものがあったら、今回の方法を試してみてくださいね。

 

kensuke
お気に入りのものはできるだけ長く使ってあげたいですよね!

 

 

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです