腸を鍛える方法とは!?腸内環境を改善すれば腸は元気になる!

Sponsored Link

腸を鍛えると聞いてどんなことを想像しますか?腸は自分の意思で直接動かしたりすることもできないですし、感覚もなく直接見ることもできないので、なかなか鍛えると言ってもどうすればいいのか想像がつきませんよね。

こちらのページでは「腸を鍛える」と言うことを腸の筋肉などを直接鍛えて動きを活性化するといったことではなくて、腸内環境を整えることで内側から腸の活動を活性化したり、腸の周りにある筋肉を鍛えることで腸の動きをサポートしてあげることとしてまとめています。

 

kensuke
ということで、今回は腸を鍛える方法についてまとめていきますよ〜

 

腸を鍛える方法とは?

腸内環境を整えて内側から腸の活動を活発にする

ぼく達の体の一部である腸は、腸内細菌のバランスを整えて腸内環境を良好にしてあげることで、活動が活発になって正常に機能するようになります。ここからは腸内環境を整えるための方法についていくつかご紹介させていただきますね!

 

乳酸菌や発酵食品を積極的に摂って腸内の善玉菌を増やす

腸内環境を整えるためには、まずは腸内細菌のバランスを整えることが効果的になってきます。ぼく達の腸内には善玉菌・悪玉菌・日和見菌という大きく3種類の腸内細菌が生息しているのですが、快適な腸内環境を維持していくための腸内細菌のバランスは、善玉菌が2・悪玉菌が1・日和見菌が7の比率が理想的とされているんですね。

毎日の生活の中で注意したいことは、悪玉菌の数が増えて悪玉菌が優勢の腸内環境になってしまうと、本来中性であるはずの日和見菌も悪玉菌の味方になってサポートをするようになるので、一気に腸内環境を悪化させてしまうことになるということです。そのためにも、なるべく悪玉菌の数を増やさないようにして、善玉菌を増やすように日頃から心がけることが大切になってくるんです。

腸内の善玉菌の数を増やすためには、まずは善玉菌の多く含まれる食品を食べて善玉菌を直接摂取することで、腸内に生息する善玉菌の数を増やしていくことが近道ですね。善玉菌が多く含まれる食品は、乳製品や発酵食品などが多いので、そうしたものを積極的にを摂取するようにしてまずは腸内に生息する善玉菌の数を増やす習慣を取り入れましょう!

 

食物繊維を摂ることで腸の活動が活性化させる

便秘解消に効果的と言われる食物繊維の摂取も腸内環境を整える効果があるので、腸の活動を活性化するためには効果的な方法ですね。食物繊維は大きく分けて2つの種類ありますが、腸内環境を整えるために効果的な食物繊維は水溶性食物繊維と呼ばれるものです。水溶性食物繊維は腸内に届くと善玉菌のエサになって善玉菌を活性化する働きをしてくれるんですよ。

食物繊維にはもうひとつ不溶性食物繊維というものがありますが、こちらは腸内で水分を吸収して膨張することで腸の壁に刺激を与えて腸のぜん動運動を活性化してくれる働きをしてくれますね。こちらも腸の活動を高めるといった意味では大きな役割を果たしてくれますので、水溶性食物繊維と一緒にバランスよく摂取するとより効果を発揮してくれます!

 

 

肉類や油物などをなるべく控える

腸内環境を整えるためには逆に控えた方がいい食材もあります。肉類や炒め物や揚げ物などの油物がそれにあたりますね。

こうした肉類や油物は消化が悪いので胃や腸に負担を変えてしまいますし、それによって腸内に長く滞在することになるので悪玉菌が反応してしまい、有毒物質や腐敗ガスを発生させる原因になってしまうんです。そうした有毒物質や腐敗ガスの影響によって腸の活動が鈍くなってしまうので、ますます腸内環境を悪化させる原因になってしまうんですね。

他にも、肉類などのタンパク質は腸内の悪玉菌のエサになって悪玉菌の活動を活性化させる原因になるので、できるだけ控えるようにした方がいいです。肉類を食べるときにはできるだけ一緒に野菜も摂るように注意しながらバランスをとるようにしましょう。

 

kensuke
野菜の量は肉の3倍を摂るようにするのが目安ですよ!

 

甘いものを控える

甘いものの摂りすぎも腸内環境を悪化させて、腸の働きを鈍らせる原因になります。甘いものに含まれている白砂糖は胃酸の分泌量を減らしてしまうので腸のぜん動運動を低下させてしまうんですね……

胃酸の分泌量が減ってしまうことで消化の働きが遅れてしまうので、食べたものがしっかりと消化されないまま腸まで運ばれることになります。そうなると腸への負担も増えて腸が疲れてしまいますし、排泄まで時間がかかってしまうので、便が腸内に長い時間留まって悪玉菌が腸内に有毒物質や腐敗ガスが発生させるようになってしまうんですよ……

 

Sponsored Link

 

お腹周りの筋肉を鍛えることで体の外側から腸の活動をサポート

運動や筋トレをしてお腹周りの筋肉を鍛えて腸の活動をサポートすることによって、腸の活動を活性化することができるようにもなります。筋肉を鍛えれば体の代謝も向上しますし、ストレスの解消にも効果がありますよね。腸などの消化器官はストレスの影響をかなり受けやすい期間なので、そういった意味でもお腹周りの筋肉を鍛えることは腸の活動の活性化につながってくれるんです。

 

お腹周りの筋肉が鍛えられると腸の活動がサポートされる

お腹周りの筋肉は内臓を支える役割もあるので、この筋肉の力が低下してしまうと内臓が支えられなくなってどんどんと下に垂れ下がっていってしまうようになります。そうなると、内臓の重みによって腸が圧迫されてしまうので、腸がうまくぜん動運動をすることができなくなってしまい活動が鈍くなってしまう原因になるんですね。

そんなときに運動などを取り入れてお腹周りの筋肉を鍛えてあげることができれば、内臓の位置も徐々に正常な位置に戻っていくので、腸の負担を減らすことができるようになっていくんですよ。

他にも腸の周りにある筋肉は、腸がぜん動運動を行うときにその動きをサポートする働きもあります。お腹周りに筋肉があることで、腸自体が鍛えられたように活動をしてくれるようになるんですね!

 

運動をすることでストレスが発散されて腸の活動異常を予防することができる

ぼく達の体の消化器官はストレスの影響を受けやすいということは先述しましたね。日常生活の中で体に過度のストレスがかかってしまうと、腸の活動が過敏になって下痢の症状が出たり、腸の活動自体がが低下して腸内環境の悪化にもつながってしまうんです。運動をすることはストレスの発散にもなるので、こうした腸の活動異常を予防することができるようになるんですよ。

 

kensuke
運動をすると溜ったストレスを発散することができますし、自律神経のバランスも整うので腸の活動が活発になる効果も期待できますよ〜

 

体の代謝も向上するので消化器官の機能が活性化する

運動をして体にお腹周りの筋肉がついてくると体の代謝が向上するので、体全体の血行が良くなります。体全体の血行が良くなれば、腸などの消化器官への血液の循環も良くなるので活動が活発になってくれるんですね。

 

kensuke
体の血流が良くなると血液中の老廃物なども排泄されやすくなりますし、栄養素も体全体に行き渡りやすくなります。そうなれば腸の活動が活発になるだけでなくて、美容や健康面への効果も期待できるようになりますね!

 

Sponsored Link

 

生活習慣を整えることが腸の機能維持には大切

睡眠は腸の活動を高めるためには大切な時間

体の消化器官は自律神経の副交感神経の働きによってコントロールされているのですが、副交感神経はリラックスしているときや睡眠中などに活発になる傾向があります。それなので、睡眠の質が悪かったり寝不足で睡眠時間が少なくなってしまうことが続くと、副交感神経が優位になる時間も少なくなってしまうので、腸の活動が鈍くなりやすくなってしまうんですね。

 

kensuke
腸の活動を活発にするためにもしっかりとした睡眠時間の確保と睡眠の質を高めることが大切になってくるんですね!

 

食事のリズムを整える

食事のリズムを整えることも消化器官への負担を減らすことができるので、胃や腸などの活動を正常に機能させるために大切になってきます。

特に仕事で忙しかったり、ストレスが溜まったりするときにはついつい暴飲暴食などの消化器官に負担をかけるような食べ方をしてしまうことがありますよね。こうしたことが続いてしまうと、消化器官を疲れさせるだけでなくて、腸内環境を悪化させてしまう原因にもなってしまいます。

ストレスが溜まったときには運動をする習慣など自分なりのストレスを発散する方法を生活の中に取り入れて、食事によってストレスを発散しないようにしっかりとしたストレスコントロールが大切になってくるんですよ

 

 

kensuke
食事をするときには腹八分目くらいを目安にして、あまり胃腸に負担をかけないように心がけることが大切なんですね!

 

トイレに行く時間を決めておく

1日の中で排便をする時間を決めてトイレに行くようにすることも、腸の機能を維持するためには効果的なんです。たとえ便意がなくても毎日決まった時間にトイレに行く習慣を取り入れると、脳が自然にその時間になると排泄するように命令を出すようになるので、腸がその時間に合わせて便が出るように働くようになるんですよ。

 

kensuke
ぼく達の体はとてもうまくできています、これって条件反射みたいなものですよね。習慣って大切です!

 

 

あとがき

今回は腸の鍛え方をテーマに話をしてきました。腸自体を鍛えるというよりは腸周りのケアをすることで腸の活動をサポートしてあげるといった感じでしたね。腸を鍛えることは腸の活動を活発にすることに繋がるので、体の内側と外側の両方から腸が元気に機能してくれるようにアプローチすることが大切になってきます。

腸は体の中でもかなり美容や健康面への影響が大きい器官で、腸の健康がぼく達の健康状態のバロメーターになっていると言ってもいいくらいです。毎日の生活の中でしっかりと腸をケアして、腸の状態を良好に保つようにしましょう!

 

kensuke
しっかりと腸活をして腸を鍛えれば、綺麗で健康な体が手に入りますよ!

 

Sponsored Link

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです