にんにくの臭いを消す方法!臭いが消えるまでの時間はどのくらい?

method-for-eliminating-garlic-odor
Sponsored Link

いろいろな料理に使われて大活躍のにんにく、美容や健康にもいいですし、料理を美味しくしてくれるので、ついついにんにくの入った料理を食べ過ぎてしまうこともありますよね。そんなときに気になるのがにんにくの臭い!食べ過ぎてしまうと口からだけでなくて、体全体からもにんにくの臭いが出てきてしまったりしますし、調子に乗って食べ過ぎたときには翌日にまで残ってしまうこともあります。

エチケット的にも良くないし、人と会ったりする場合には臭いはできるだけ早く消したいですよね。

 

kensuke
ということで、今回はにんにくの臭いを消す方法についてまとめていきます。

 

にんにくの臭いの原因

にんにくの臭いの原因はにんにくに含まれるアリシンという成分です。アリシンは繊維を壊すことで増える傾向があるので、にんにくをすりおろしたり、潰したりすることで臭いの原因となる成分が増えるんですね。

 

このアリシンは体内に入ると腸から吸収されて血液にのって体全身を巡ります。こうして血液にのった臭いの成分はにんにくを食べた口からだけでなく、体全体から臭いを発するようになるんです。

それから、血液にのって肺まで到達したアリシンは肺でガス化されて呼吸するときに吐く息として排泄されるようになります。これがにんにくを食べることによって、息がにんにく臭くなるメカニズムですね。

 

kensuke
にんにくを食べたときには口からだけでなく、体全体から臭いが出てしまうんですね……

 

Sponsored Link

 

にんにくの臭いを消す方法

口の中の臭いを消す方法

にんにくを食べた場合の口から出る臭いを消す方法としては、まずは口の中自体に残っているにんにくの臭いを消しましょう。方法としては、飴やガムを食べることが手軽にできますね。特にガムの場合は口の中に残っていたにんにくの残りも巻き込んでくれるのでオススメです。

他にも口臭予防用のタブレットなども最近は販売されているので、そうしたものを使用するのもいいですね。

 

kensuke
ガムはミントガムが臭いを消すのには効果が高いですね!

 

 

 

胃の中からの臭いを消す方法

りんごを食べると臭いが消える

りんごにはポリフェノールと酵素が含まれていますが、この2つの成分はにんにくに含まれるアリシンの臭いを抑えてくれる効果があるんです。この臭いを抑える効果は、たった一切れのりんごでも効果があるので、にんにく料理を食べた際には食後にりんごを食べるれば臭いを抑えることができますよ。

 

この他にもチョコレートやパセリなどにもポリフェノールが含まれているので、りんごがない場合にはこうしたもので代用してもいいかもしれませんね。ただ、チョコレートには酵素が入っていないので、臭いを抑える効果はりんごに比べて少ないかもしれません。

 

kensuke
りんごがない場合にはりんごジュースを買って代用するのももちろん臭いを抑える効果はありますが、りんごジュースの場合には加熱処理がされているので、生のりんごに比べて酵素の量が少ないので、消臭効果は小さくなってしまいます……

 

 

体全体の臭いを消す方法

代謝を良くして汗として排泄させる

腸から吸収されて血液にのって体中を巡っている臭い成分を追い出すためには、汗をかいたり体の代謝を良くして素早く臭い成分を循環させてしまうことが効果的です。

カフェインなどを摂り込むと体の代謝が高まるので臭い成分が出て行きやすくなりますよ。それから、運動は血行を良くするだけでなく汗もかくので、汗によって毛穴から臭い成分が体の外に排出されるようになります。

 

kensuke
汗をかいたときにはそのままの状態でいると、臭いの成分が皮膚に付いたままになり臭いが残ってしまうので、シャワーなどを浴びて一度流し落とすといいですよ!

 

 

水分を補給することで血液中の臭いの成分が薄まる

にんにくを食べた後にたくさんの水分を補給すると、血液中に流れるアリシンの濃度が薄まるので臭いを抑えることができます。特に運動をして臭いの成分を汗として排出する方法と組み合わせて行えば、かなり早くにんにくの臭いを体からなくすことができますね。

 

 

Sponsored Link

 

にんにくの臭いを予防する方法

食事と一緒にたんぱく質摂ると臭いを予防することができる

にんにくの臭いの原因であるアリシンは体内に吸収されるときに臭いを抑える成分と一緒に摂取すると、臭いの発生を抑えることができるんです。

 

たんぱく質はにんにくを食べるときに一緒に摂取すると、臭いの元であるアリシンを包み込んで臭いを抑えてくれる効果があります。にんにくと一緒にたんぱく質を上手く摂るためには肉や魚などと一緒ににんにくを食べるといいですね。それから、食事には合わせにくいかもしれませんが、牛乳を飲んでも効果がありますよ。

 

 

カテキンにも臭いを抑える効果がある

他には緑茶などに含まれるカテキンがにんにくの臭いの成分を抑える働きがあります。カテキンは緑茶に多く含まれていますが、それ以上に多く含まれているのが青汁です!青汁の種類にもよりますが緑茶の数倍ものカテキンが含まれていますのでかなり臭いを抑える効果が高いんですよ。

 

kensuke
最近はコンビニなどでも小さい紙パックの青汁が売っていたりするので、外食のときにはそうしたもので対応してもいいかもしれませんね!

 

臭いを予防するときに注意すること

臭いを予防するためにたんぱく質やカテキンを摂取する場合には必ずにんにくと一緒に摂取するようにしてください。食後の摂取でも効果はありますが、一緒に摂取した場合と比べると効果は半減してしまいます。

 

 

 

にんにくの臭いが消えるまでの時間

にんにくの臭いには口に残ったにんにくの成分が発する臭いと、体内に吸収されたことで発生する臭いの2種類があります。

このうち前者の方は3時間程度時間が経てば自然と落ち着いてきますが、後者の体に吸収された方の臭いはなかなか消えません。自分では気づきにくいですが、吸収された臭いの成分が血液の中に残っているんです。

この体に吸収されている臭いの成分は、にんにくの摂取量や体の代謝のスピードにもよりますが、一般的には15時間程度は残っていると言われています。

 

kensuke
15時間で臭いはほとんど気にならなくなりますが、それでも血液中に残っている臭いの成分が完全になくなるまでは48時間程度かかると言われています。

 

Sponsored Link

 

あとがき

にんにくは料理に加えると美味しさが増しますし、美容や健康面への効果も期待できるので積極的に摂っていくべきです。ただ、食べた場合には臭いは出てきてしまうので、人と会う場合などにはエチケットとしてしっかりと対応をしましょう。

臭いを抑える対策としては、

  • 飴やガムを食べて口の中の臭いを消す
  • 食後にりんごを食べるて胃の中から出てくる臭いを抑える
  • 水分を多めに摂って臭いの成分を薄める(特に緑茶が効果的)
  • 汗をかいて臭いの成分を排出する

といったことが挙げられましたね。

 

外食の後には実践できないこともあるかもしれませんが、臭いが気になる場合にはこの中のひとつでも実践してみるとある程度の臭いは抑えることができますよ!

 

kensuke
完全には消せなくても、ある程度抑えることができれば気分的には多少は楽になりますよね!

 

 

 

method-for-eliminating-garlic-odor

記事をシェアしていただけたら嬉しいです