濡れた靴を早く乾かす方法!新聞紙よりも効果的なものは!?

method-for-dry-shoes
Sponsored Link

天気の悪い日に外に出て靴の中までびしょ濡れ、持っている靴は一足しかないし、明日も同じ靴をそのまま履いて出たいんだけどなかなか乾かない……

そんなときって結構あると思います。靴って乾かそうと思って早い時間から干していても、次の日になっても全然乾いていないことって多いですよね。代わりの靴があればいいですが、一足しか靴を持っていない場合には濡れた靴に足を通して、朝から気分が良くない状態で出かけなくてはいけなくなってしまい、1日の初めからつまづいた気分になってしまいます。

そうならないためにも、しっかりと靴を乾かしておきたい!何か靴を早く乾かす方法はないのか?

 

kensuke
ということで、今回は濡れた靴を早く乾かす方法についてまとめていきます!

 

濡れた靴を早く乾かす方法

靴の中に新聞紙を詰める

靴を早く乾かす方法としてよく知られているのが、濡れた靴の中に新聞紙を詰め込む方法ですよね。この方法は簡単で、いらなくなった新聞紙を靴の内側に丸めて入れるだけです。

この方法は確かに簡単で効果もあるんですが、単純に新聞紙を詰め込んで一晩放置しただけでは乾かないことが多いです。新聞紙を詰め込んで靴の乾燥を早めるためには、詰め込んだ新聞紙が湿ってきたらこまめに取り替えるというひと手間が重要になってきます。

 

kensuke
この方法は靴が乾くのを早める効果はありますが、それだけではなかなか乾ききらないことが多いですね。他の方法と併用することで初めて効果が実感できます!

 

Sponsored Link

 

通気性のいい場所で乾かして風を送る

靴が乾くのを早めるためには通気性を良くして風を送ることが効果的です。家庭でできる簡単な方法は扇風機やドライヤーなどを使う方法がありますね。

 

濡れた靴を干しているときに扇風機の風を直接当ててあげればかなり乾燥時間を早めることができますが、より早めるためには多少のコツがあるんです。

風の強さについてですが、風ははあまり強すぎず弱すぎず、中風くらいの強さがいいですね。それから、風を当てるときには靴のソール(靴底)部分ではなく、表側の布の部分や内側に風が当たるようにしてあげるとより早く乾燥することができますよ。

 

ドライヤーを使って乾燥するときには温風を使うとかなり早く乾かすことができますが、あまり靴に近づけすぎると靴の温度が上がってしまい、変質してしまう場合があるので十分に注意してくださいね!ドライヤーを使って靴を乾かすときに見ていられないようであれば、温風ではなく冷風にして乾燥させましょう。

 

kensuke
本来の用途とは異なりますが、風を送るのにはサーキュレーターを使うのもいいですね!

 

 

 

洗濯機で脱水をする

すべての靴でできるわけではないですが洗濯機の脱水機能を使って靴を脱水してあげると、乾燥を早めることができるようになります。やり方も簡単で、単純に靴を洗濯機の中に入れて脱水機能のみに設定して行うだけなのでかなり簡単にできる方法です。

ただ、先述したようにどの種類の靴でもできるわけではなくて、革靴やエナメル質の靴などは洗濯機で脱水をしてしまうと、形が崩れたりヨレたりしてしまう恐れがあるのでやらないようにしてください。

 

kensuke
スニーカーなどは洗濯機の脱水機能を使って脱水しやすいですね。この方法はかなり効果がありますよ!

 

 

カイロを入れる

靴の乾燥を早める裏技的な方法が靴の中にカイロを入れるという方法があります。これはあまり知られていない方法ですが、靴の中にカイロを入れると靴の中が温められて水分の蒸発が早くなるんです。

この方法は新聞紙を入れる方法と同じようにそれだけではそこまで効果はないですが、他の方法と併用することでかなり靴の乾燥時間を短縮することができます。

 

kensuke
暑い季節にはあまりカイロを手に入れることができないかもしれないですが、冬場にカイロを余らせてしまった場合にはとっておいてこうしたときに使ってみるといいですよ!

 

 

乾燥機を使う

最近では家庭用の靴の乾燥機も割と手頃な価格で入手できるので、靴を濡らしてしまうことが多い場合にはこうしたものを置いておくのもいいかもしれませんね。これにセットしてしまえばあとは乾燥機におまかせで靴を乾かすことができるので、かなり効率はいいです。

 

kensuke
出先などではコインランドリーにも靴専用の乾燥機がある場所も多いので、次の日にどうしても間に合わせなくてはいけない場合などには使ってみるといいですよ!

 

 

kensuke
ちょっとこれはある意味反則技ですよね(笑)

 

Sponsored Link

 

靴別の靴を早く乾かす方法

靴を乾かす場合には靴の種類によっても乾かし方が違ってくるので、靴別に乾かし方をご紹介します。

 

スニーカー系の靴の場合

スニーカー系の靴の乾かし方

  1. 靴の中敷を外す
  2. 中敷や靴の中にある水分をタオルなどでできるだけとっておく
  3. 中敷や靴を洗濯機の脱水にかける
  4. つま先を下にして乾かす

 

kensuke
基本的にはこんな感じの手順で乾かしてください。最後の乾燥をさせるときには新聞紙を入れる方法やドライヤーや扇風機を使って風を送る方法を組み合わせて乾燥させると早く乾きます!

 

 

革靴の場合

革靴の乾かし方

  1. 靴の中にある水分をタオルなどでできるだけとっておく
  2. つま先に乾燥剤を入れて新聞紙を詰め込む
  3. つま先を下にして乾かす

 

kensuke
革靴の場合には洗濯機の脱水は避けた方がいいのでその手順がなくなります。新聞紙はできるだけこまめに変えてあげることで乾燥時間が短くなりますよ!

 

 

ブーツや長靴の場合

ブーツや長靴の乾かし方

  1. 靴の中にある水分をタオルなどでできるだけとっておく
  2. 新聞紙をつま先に詰め込む
  3. ペットボトルや瓶などに靴を差し込んで、できるだけ風通しのいい場所に置いて乾かす

 

kensuke
こちらも革靴を乾かす方法と同様に新聞紙はなるべくこまめに変えてあげましょう。長ぐつやブーツなどは常に逆さまの状態にしておくことで水分が早く下に移動して乾きやすくなるんですね!

 

 

 

新聞紙がないときに代用できるもの

いざ靴を早く乾かそうと思ったときに、新聞紙をとっていない家庭では新聞紙が用意できないことってありますよね。そうした場合には他のもので代用しましょう。新聞紙の代わりとして代用できるものは、電話帳やタウン誌などの紙です。こうしたものは靴を乾かすときだけでなく、いろいろな部分で新聞紙の代わりとして代用できることも多いのでいらなくなったものをとっておくと便利です。

 

kensuke
トイレットペーパーも靴の中の水分を吸収してはくれますが、ボロボロになって靴の中を汚してしまうので、靴を乾燥させるときには使わないほうがいいですね……

 

 

新聞紙よりも効果的なもの

靴の中に入れることで乾燥時間を短縮してくれる新聞紙ですが、それよりも効果的なのがキッチンペーパーです。キッチンペーパーは新聞紙に比べて給水効率も良くて丈夫なので、トイレットペーパーのようにボロボロにならずにしっかり靴の乾燥に役立ってくれます。

 

kensuke
新聞紙に比べてコスト面では少々かかってしまうので、状況によって使い分けるといいですね!

 

Sponsored Link

 

あとがき

靴を乾燥させる方法って普段はあまり気にすることはないですが、いざとなったときには知っていると助かることもありますよね。ぼく個人の感想としては時間をとって靴の乾燥をすることができるのであれば、洗濯機の脱水をしてから(脱水ができるものに限りますが)ドライヤーの温風で乾かすのが一番早いですね。

 

もちろん一番手間をかけずにできるのは専用の乾燥機を使う方法なので、いざというときにも慌てすにドシっと構えておきたい場合には乾燥機を導入するのも手ですね。乾燥機があると毎日の終わりにかけておくだけでも、靴の中に溜まった汗の湿気も一気に乾かすことができるので防臭にもなりますし、靴を毎日快適な状態で履きたい場合にはかなり便利なアイテムです。

 

kensuke
靴を乾かす用途以外にも靴の臭いが気になる場合にも乾燥機を導入するのは効果的ですね!

 

 

method-for-dry-shoes

記事をシェアしていただけたら嬉しいです