お正月の飾りの処分方法!片付け方は神社と自宅で違うの?

スポンサーリンク

新年を華やかに飾ったお正月の飾りはものによってはそのまま次の年に使うこともあるかもしれませんが、基本的にはその年に使ったものはその年のうちに処分をします。お正月に使った飾りを燃やして処分することで、家に来てくださった神様を天国にお返しするという意味があるためなんですね。

ただ、お正月の飾りの処分といっても、初めての人にとってはなかなかどうすれば良いのかなかなかわからないことも多いと思います。お正月の飾りの処分としては、神社で処分してもらう方法と自宅で処分する方法の2つがあるので、今回はその2つの方法についてご紹介していきますね。

 

お正月の飾りを処分する時期はいつ?

お正月の飾りを処分する時期についてですが、門松やしめ縄などの多くのものは「松の内」と呼ばれる期間が終わる1月7日以降に片付けを始めることが多いですね。それなので、1月7日を過ぎたら片付けを始めて、処分をするようにしましょう。

ただ、地域によっては15日の小正月まで飾る地域もあるので、わからない場合には周辺の家がどのくらいの時期から片付けを始めるのかを見ていると良いですね。関西の方では1月15日まで飾っていることが多いんですよ。

参考>>>お正月の飾りはいつからいつまで飾るのか?

 

kensuke
鏡餅の片付け方については少しだけ時期が違うので、それについては次の項でご紹介しますね!

 

 

お正月の飾りの処分方法

それではお正月の飾りの処分方法について、現在の飾りとして代表的な「門松」「しめ縄」「鏡餅」の3つを代表例としてご紹介していきます。先述しましたが、鏡餅は少し処分の方法が違うので、気をつけてくださいね!

 

鏡餅の処分方法

お正月の飾りつけとして使う鏡餅は、先ほどご紹介した門松やしめ縄の処分する時期とは少しだけ違っていて、1月11日の「鏡開き」の時期に片付けを行うのが一般的です。この「鏡開き」の日には飾り付けてある鏡餅を神様からのお下がりとして、家族で食べるのが縁起が良く、1年を通して健康に過ごせるとされているんですよ。

 

kensuke
お正月にはお餅をたくさん食べると思いますが、この鏡餅のお餅はまた特別な願いが込められているので、飾っている場合には有り難くいただきましょう!

 

スポンサーリンク

 

門松・しめ縄の処分方法

鏡餅の場合には家族で食べることによって処分をすることができますが、門松やしめ縄などのその他の飾りは食べることによって処分することはできませんよね。こうした飾り物も新年の始まりの神様へのお祝いのために活躍してくれたものなので、しっかりと処分をしてあげましょう。

お正月の飾りの処分の方法については神社などで処分してもらう方法と、自宅で自分で処分する方法があるので両方をご紹介していきますね。

 

神社で処分する方法

お正月の飾りつけを神社などで処分してもらう場合には、1月15日の小正月に神社で行われる「どんと焼き」や「左義長」「お炊き上げ」などの行事のときに、お正月に使用した飾りを集めて炊き上げてくれます。

この飾りを焼くときの炎で焼きあげたお餅やお団子を食べると1年間健康に過ごすことができると言われているので、お正月の飾りの処分をお願いしに神社に行ったときにそうしたものがあったら、ぜひ食べるようにしましょう!

 

自宅で処分する方法

近くに神社がない場合やあっても処分をしてくれない場合には、自宅で自分で処分することになってしまいます。

自宅で処分する場合には、大きい門松などは細かく分解をしましょう。そして塩を使ってお清めをしてから、新聞紙などに包んで燃えるゴミなどとして処分するのが一般的になっていますね。このときに入れるゴミ袋は、他のゴミと一緒にしないで、お正月の飾りは別にしてひとつのゴミ袋として処分するのが良いんですよ。

 

kensuke
地域によっては門松などを大型ごみなどに分類して処分することもあるので、ご自分の地域での処分方法について確認をしてみましょう!

 

 

お正月の飾りは次の年には使ってはいけないの?

お正月の飾り物は結構大きいものが多いですし、そうしたものを処分をするのにはかえって大変ですよね。もし家庭に倉庫などがあって保管できる場合には、そのまま保管して来年も使いたいと思う方もいるかもしれません。むしろそうした方が、余計なゴミも出ないので環境にも良いですし、エコが囁かれている現在では、環境的にも経済的にも助かる部分は多いと思います。

一応、お正月の飾りの役目としてはお正月に家庭に訪問してくださる神様を迎えて、祝うためのものです。それなので、その年の役目を終えた飾りはしっかりと処分をして燃やしてあげることで、「神様を天に送り返す」という意味が込められています。そういった意味では、役目を終えた飾り物はしっかりと処分をした方が神様にとっては良いでしょうね。

ただ、これについては絶対にというわけでもないですし、むしろ環境のことを考えてとっておくことについては、神様も賛同してくれるはずです。もし、そうした面で来年も大切に使おうと考えているのであれば、自分たちの中で神様を天に返すための儀式を行って、来年に向けてしっかりと保管しておくのも良いかもしれませんね。

 

 

あとがき

お正月の飾りの処分って一度やらないとなかなかわからないですよね。処分に関しては近くの神社で処分をしてくれる場合には持っていくだけで良いので、あとは時期さえ間違えなければかなり簡単に処分することができますね。自宅で処分する場合には、しっかりとゴミの捨て方だけ確認をしておくようにしましょう。わからない場合には、自治体に確認してみるのが早いですね!

 

こちらもご一緒に>>>お正月の飾りはいつからいつまで飾るのか?

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです