足を組む癖の直し方!足組みで骨盤が歪んで体に悪影響が!?

method-for-cure-cross-your-legs-habits
Sponsored Link

ふと気付いたときに足を組んでいるっってことってありますよね。ぼくもなかなかこの癖が抜けなくて、なぜか気づけばいつも足を組んでしまています。というか足を組んでいないと腰が痛くなったりもしてしまうんですよね。よく周りから足を組むのは良くないと聞きますが、実際に足を組み続けていると体には様々な悪影響が出てきてしまいます。

ただ、実は足を組むこと自体は体がバランスを取ろうと頑張っていてくれている証拠でもあるので、無理に止めようとするよりは、まずは根本である原因を取り除いてあげることが第一なんですね。

体のバランスが崩れて足を組んでしまう原因のひとつは体に溜まったコリなどによる筋肉の緊張です。こうした筋肉の緊張をストレッチやマッサージなどでほぐしてあげてから足を組まないように意識してあげることで徐々に足を組む癖を直していくことができるようになります。

 

kensuke
とうことで、今回は足を組む癖の直し方についてまとめていきます!

 

足を組んでしまう原因

体のバランスをとるため(不安定さの解消)

先述しましたが実は足を組むこと自体は無意識に体がバランスを取って、体への負荷を軽減させようとしてくれていることなので悪いことではないのです。ぼく自身も足を組んでいないと腰が痛くなることもありますし、そうした体の姿勢バランスをとって体に負担がかかってしまうのを防いでくれているんですね。

 

kensuke
ただ、この足を組んだ状態自体は体にとってはバランスの悪い状態であり、長く続けたり癖になってしまうと、特に骨盤や骨などの部分に大きく負担をかけてしまうことになるんです。

 

 

足の筋力の低下

足を組んでしまうもうひとつの原因として足の筋力の低下が挙げられます。ぼくたちが普段足を組まずに座っているときにはあまり気づかないですが、実は足の太ももの筋肉を結構使っているんです。

そのために普段座っている状態だと足の筋肉が緊張している状態にあるんですが、足を組むとその緊張から解放されることができるので無意識に楽をしようと足を組んでしまうんですね。

 

Sponsored Link

 

足を組むことで体に出てくる悪影響

骨盤が歪む

足を組む状態になっているときには、片方の足が上がっている姿勢になるのでそちら側の骨盤が常に上がっている状態になっているんですね。適度に足を組み替えたりしていればいいですが、ぼくのように同じ方向の足ばかりを組むようにしてしまうとそういった癖がついてしまって、骨盤自体もそのような形でゆがんでしまうようになってしまうんです。

こうして骨盤が歪んだ状態になってしまうと、背骨が曲がり骨盤が開いてねじれた状態になってしまうんです。こうしたことが原因で猫背になったり、姿勢が崩れてひどい場合には顔のゆがみやボディラインの崩れにもつながってしまいます。

 

kensuke
骨盤の歪みが顔まで来てしまうんですね。顔がゆがんでしまうと皮膚も引っ張られたりしてシワの原因にもなってしまうんですよ……

 

 

血行が悪くなる

足を組むことで体に歪みが生じてくるとそれが原因で血行も悪くなりますし、内臓が支えられなくなることで下にさがってしまいポッコリお腹の原因になります。

血行が悪くなると冷えやむくみなどの原因にもなりますし、肩こりや腰痛などの痛みとして症状が出てきてしまうんですよ。

それから、内臓が下にさがってしまうと内臓が正常に機能しなくなって、特に一番下にある大腸や小腸が圧迫されてしまって便秘の原因にもなります。

 

kensuke
確かにぼくは冷え性ですし、便秘気味でもありますね……

 

 

足の形が悪くなりO脚などの原因になる

それから、足を組み続けてしまうと足自体のバランスか形が悪くなってしまうので、O脚やX脚などの原因にもなり、スタイルにも影響が出てきてしまいます。

 

Sponsored Link

 

足を組む癖の直し方

整体やストレッチ・マッサージなどで体のコリや歪みをとる

足を組んでしまう原因のひとつは、筋肉がコリ固まっていたり骨盤などに歪みが出ていることです。それによって生じている体のバランスの崩れを解消するために足を組んでしまうのですね。まずはそうした筋肉のコリや骨盤の歪みを改善することが足を組んでしまうことを予防するためには必要となってくるんです。

 

とは言ってもなかなか自分自身ではどこに原因があるのかわからないでしょうし、どうすれば解消できるのかもわからないので、ぼくの場合は定期的に整体などの施術を受けて体の歪みを改善したり、マッサージなどでコリ固まった筋肉をほぐしたりして体のケアをするようにしています。

プロに頼んでこうした体のケアをしてもらうことは、なかなか自分では気付けなかった部分のケアもしてもらえますし、何よりこうして足を組んでしまう原因の元から改善していくことは、足を組まなくなること以外にも健康な体の維持にかなり役立っています。

 

kensuke
体が快調だと仕事などをするのにも作業効率が上がっていいですよ〜

 

 

体に均等に荷重がかかるように意識する

普段の生活では体のどちらかに荷重が多くかかってしまうことが多いので、ちょっとしたことに意識を置くだけでも体のバランスが崩れるのを防ぐことができます。

例えば、出かけるに荷物を持ったり肩にかけたりする方向をいつもとは入れ替えたり、定期的に持ち替えたりするだけでも体のバランスが崩れるのを防ぐことができますね。

 

kensuke
ちょっとしたことでも意識していくだけでかなり変わっていきますよ!

 

 

上がっている骨盤の下にタオルなどを敷く

それから足を組んでしまうということは、座っているときにはいつも足を組む方の骨盤が上がってしまっているということです。そうなると反対側のお尻の部分にばかりが体を支えることになってそちら側の筋肉がどんどんと疲労してコリも溜まっていってしまいます。

そのように骨盤が上がった状態で座るときには、ハンドタオルなどを上がっている骨盤の下側に敷くと体を支える骨盤やお尻の筋肉に均等に体重がかかるようになって、負荷も減りますし、骨盤がズレていくのを予防することができます。

 

kensuke
これはハンドタオルなどがあればすぐにできることなので、座るときに足を組みそうになってしまう場合には、足を組む方のお尻の下にタオルなどを挟むようにしてみてださい!

 

 

背筋を伸ばして姿勢を正すように意識付けをする

毎日座り姿勢が多く続く人の場合に背筋を伸ばすことを意識しながら座るようにすることも大切です。初めは辛いかもしれませんが、毎日少しずつでも体に意識付けを行って背筋を伸ばして姿勢を正すようにすれば、そのために必要な筋肉も鍛えられて自然と正しい姿勢で座っていることができるようになり、足も組まなくなっていきます。

 

kensuke
どうしても座っているときに足を組んでしまう場合には強制的に足を組むことができないようにする裏技があるのでご紹介しますね。

 

座っているときに足を強制的に組めないようにさせる方法

  1. 背筋を伸ばしてイスに深く腰掛ける
  2. クッションや枕などを太ももの間に挟んで落とさないようにする

 

こうすることで「いつの間にか足を組んでいた」という状態が予防できますし、これを続けることで徐々に足の筋肉もついてくるので筋力の低下による足組みの現象も起こらなくなっていきます。

 

kensuke
筋力が低下している人にとっては初めのうちは結構辛いかもしれませんが、筋肉が鍛えられるので足腰も鍛えられますよ。老化は足腰からって言いますし!

 

Sponsored Link

 

あとがき

普段の生活では何気なく足を組んでしまっているかもしれませんが、この足組みを癖にしたまま生活を続けてしまうと、体の歪みから肩こりや腰痛、猫背などの症状も出てきますし、冷えやむくみ、便秘などの体への悪影響がどんどんと出てきてしまいます。

骨盤が歪んでいる人の場合には足を組むだけでなくて、お腹の下の方がポッコリと出てしまっていたり、下半身が太りやすいなどの特徴もありますので、こうした症状が当てはまる場合には骨盤の歪みを疑ってみるといいかもしれません。

 

kensuke
自分では判断できない場合には整体などに行って一度解消してみるのが近道ですね。そのあとは普段の生活で姿勢を正すようし意識していくだけで徐々に筋肉もついていき正しい姿勢で過ごせるようになっていきますよ!

 

 

 

method-for-cure-cross-your-legs-habits

記事をシェアしていただけたら嬉しいです