Amazonの電子書籍読み放題サービスKindle Unlimitedを解約する方法

Sponsored Link

Amazonジャパンが2016年8月から開始した電子書籍読み放題サービスKindle Unlimitedですが、こちらのサービスには30日の無料お試し期間があり、どんなもんだろうと試してみた方も多いんじゃないでしょうか。Kindleの端末がなくてもスマホやタブレットでもアプリを利用して電子書籍を読むことができるので便利ですよね。

確かにいいサービスではありますが試してみて「特に必要ない」と感じたらなるべく早めに解約の手続きを済ませましょう。そうしないと31日目には特に何も通知がなく自動で更新されてしまい、月額の980円(税込)がかかってしまいます。

 

kensuke
ということで、今回はAmazonの電子書籍読み放題サービスKindle Unlimitedを解約する方法についてまとめていきますね。

 

Kindle Unlimitedを解約する方法(手順)

Kindle Unlimitedの解約手続きをするにはまずKindle Unlimitedを契約しているAmazonのアカウントにログインしてください。

 

Kindle-Unlimited1

 

Amazonのアカウントにログインしたらアカウントサービス>お客様のKindle Unlimitedを選択。

 

Kindle-Unlimited2

 

Kindle Unlimitedのページの左側、メンバーシップを管理の部分にKindle Unlimited会員登録をキャンセルがあるのでそちらをクリック。

 

Sponsored Link

 

Kindle-Unlimited3

 

あとはメンバーシップ(会員登録)を○○年○○月○○日に終了を選択してそちらで手続きをすれば完了です。

 

メンバーシップ(会員登録)の解約の手続きをしたからといってその場ですぐに解約になるわけではなく、更新日までサービスは継続されますので、解約をしようと思ったら早めに手続きをしておいた方が忘れずにすみます。

 

 

 

解約登録したけど会員登録を継続したくなった場合

一度解約の手続きの設定をしたけどやっぱりKindle Unlimitedを続けたくなった場合には、先ほど出てきたメンバーシップを管理の部分が「Kindle Unlimited会員登録を継続」の文字に変わっていますのでそちらをクリックすれば継続手続きは完了です。

 

この手続きを済ませると「○○年○○月○○日にお客様のメンバーシップは月額制の会員サービスに更新されます」という自動課金のボタンに戻ります。これは1クリックしただけで契約の手続きが完了してしまうので、十分に注意して手続きを進めてくださいね。

 

Sponsored Link

 

あとがき

Kindle Unlimitedは電子書籍が読み放題になるので毎月本をたくさん読む方にとってはかなりお得なサービスですね。和書が12万冊、洋書が120万冊もあるのでひたすら読み続けても読み切れないくらいあります。

ただ、本のラインナップについては賛否両論あるので、まずは30日の無料期間を試してみるのがいいですね。解約自体は簡単にできるので、使ってみて「いらない」と思ったら解約すればいいだけなので試して見る価値はありますよ!

 

kensuke
読んでいない紙の本が溜まってきたので、そちらに手をつけるために次の月は一度解約をしようと思っていましたが忘れていました……

解約の手続きはお早めに(笑)

 

 

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです