「メンタルトレーニングで美人は創れる」から学んだ生きる覚悟!

mental-training-makes-beauty
Sponsored Link

ここ最近メンタルの重要性を感じて色々とメンタルトレーニング系の書籍を読んだりしているのですが、メンタルトレーナーである久瑠あさ美さんの著書「メンタルトレーニングで美人は創れる」という女性向けの本が綺麗になりたい女性だけでなく、自信をつけたい男性にも役立つ内容だったので、今回はこちらの本の書評について書いていきます。

 

 

理想の自分として生きる覚悟を持つ

今の時代、女性は多くの役割をこなしていかなければなりません。女として、妻として、母として、社会人として。女性の活躍する場もますます増え、女性にとっての自立は人生のテーマとなってきました。

女性は愛されるものだとパートナーに頼ってばかりではいられないのです。女性も自分の軸をしっかりと持ち、生きていかなければなりません。

p.41

 

芸能界においても、正統派美人の女優さんだけが活躍しているのかといったら実際は雰囲気美人の人はいくらだっています。見方によってはいくらだって不美人に見える人だって大活躍しています。美人として生きていこうという覚悟が、彼女たちを勇ましく輝かせるのです。女優という生き方が美人を創っているのです。

勇ましく美しく生きる。そこに覚悟があるかないか。それが美人ではない人生と、美人の人生を選んだ人の最大の違いを生み出すのです。

p.49

 

この本では、タイトルにあるように「美人を創る」ことをテーマに書かれた本なので、女性が美しくあることについての結論がなされていますが、ここに書かれている「自分の軸を持つ」ことと「自分の人生に覚悟を持つ」ことは自分らしく生きていく中ではとても大切なことです。

ぼく自身は20代の10年間はひたすらいろいろなことも模索しすぎて、自分の中に「自分自身がどう在りたいのか」しっかりとした軸を決めずに、ただ、「お金が欲しい」とか「モテたい」といった曖昧な考えだけで生きてきていました。

そうなると、結局自分自身に軸がないので、ちょっとした人の意見や情報を耳にしただけで「あれも良さそう」とフラフラと自分のやっていることが変わって、最終的には何も成し遂げられていない人生になってしまいました。

そういうことが続くとわまりの人たちと自分を比較し始めて、焦りを感じて自身もなくなっていく。その焦りから、また新たな情報を探し出し、少し実践しただけでまた0から次のものを実践してしまう。もう少し続けていれば結果が出たのかもしれないのに、自分の軸もなく、自信もないからこういうことを繰り返してしまていたのです。

 

 

kensuke
周りのことなんて気にせずに、まずは「自分自身がどう在りたいのか」を見つけてそれを自分に許してあげる。そうして「自分の生きたいように生きる覚悟」を自分自身の中に持って生きると人生が変わってきます。

自分の中で覚悟を持つことは別に他の人には迷惑はかからないので、自分の芯、自分の生き方を決めていきましょう。

 

 

Sponsored Link

 

メンタルブロックを外すことで理想の自分として生きるようにする

メンタルブロックを外せば、各々が自分で解決する力、問題を受け止める力が格段に引き上げられます。それが潜在能力を引き出すということ。今まで難しいと思っていたことが簡単なことになるのです。悩みが悩みでなくなり、問題が問題でなくなっていく

p.130

 

「いい大学を卒業できなかった」「いい会社に入れなかった」「素敵なパートナーに巡り会えなかった」「お金がない」など過去の経験から今まで自分のことを過小評価してはきませんでしたか?

ぼくはそう思わないように自分に言い聞かせてはきましたが、やっぱり心の奥深くではそれが拭い去れてはいませんでした。そうなると、チャンスのときにそういった自分が顔を覗かせて一歩踏み出せなくなってしまうのです。

でも、その状況はそれまでの経験から自信を失ってしまった自分自身が悪いのではなく、今の自分自身に自信を持ってあげられない自分がいるということが問題なんです。

自信を持とうが持つまいが結局現状の自分の持っている力に変化はないんです。ただ、自身があるのかないのかで、その力を引き出せる量が違ってくるというだけ。それであれば、思い切り自信を持って生きた方がより力を発揮した状態で目の前の状況にチャレンジできるということです。

 

 

ただ、やっぱりいきなり「自信を持とう」なんて思ってもなかなか持てるものではないんですよね。ぼく自身も心ではなんとか奮い立たせようとしても現状とのギャップに心がついてきていないことが多かったです。

それじゃあどうするか?

まずはなんでもいいので結果を出しましょう。本当に小さなことでもいいんです。小さな自身の積み重ねが、結果として大きな自身につながります。気軽にできるものとしてぼくがおすすめできるのは筋トレです。男性の方に限らずに女性の方でも自分の体が引き締まって綺麗になると自身が持てるはずです。何より、体が力強くなるとなぜだか自然と気持ちも上向きになって心も強くなった気がしてきます。

 

そこから、ある程度自身が付いてきたところで仕事なり恋愛なりの活動にも徐々に力を入れていきましょう。そうすることでさらに経験値も上がり自身にもなりますし、より生き生きと理想の自分として生きていけるようになります。

 

 

 

自分を信じる勇気と覚悟を持つことが大切

これまでや今現在に「ない」ものも、この先の未来に起こる「ある」にしていきましょう。それはメンタルトレーニングで創ることができます。あなたがその覚悟を持つことで、潜在的な力が発揮され、これまで出会ったことのない、新しい自分との出逢いがそこにはあります。

すべてはあなたがあなたの潜在的な力を信じるところから始まるのです。そこに必要なのは、自分の未来を信じる勇気と、美人として生きる覚悟なのです。

p.189

 

結局今までの自分もこれからの自分も自分次第ということです。今の自分の状態は自分自身がイメージしてきたものが形として現れたものなので、それまでに違う自分としての「在り方」を決めてそうしようと覚悟を持って生きてきたのであれば今の自分はその「在り方」に沿った自分になっていたはずです。

「もしあのとき……」の話はいくらしても今の自分が変わることはないですが、今から先の自分であれば、自分で自分の「在り方」を決めて宣言し、覚悟を持って生きていけば変えていくことができます。それはどれだけ年齢を重ねようとも変わらない真理です。

 

Sponsored Link

 

あとがき

ぼくの20代の10年間は本当に自分の「在り方」を決めずに生きてきてしまったので、本当に辛い期間でした。ただ、これは受験にせよ、就職活動にせよ自分自身と向き合うことから逃げ廻ってきたツケだと思っています。だからこそ、今のこのタイミングでこのような本にも出会えて、自分自身と向き合える機会ができたのは最高に良いタイミングでした。

だからと言って今すぐに自分の人生の「在り方」を決めるのはなかなか難しいです。でも、人生の「在り方」ではなくて「今現在の自分が何をしたいのか?」くらいを考えるのは簡単です。だからまずはそんなに気負いせずに、小さな「在り方」「目指すもの」を決めて、それに向かって覚悟を持って生きていきます。そうしていくうちにきっと人生の「在り方」が見えて来るんじゃないでしょうか。そんな気がしてならないです。

 

 

mental-training-makes-beauty

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です