2016年の目黒さんま祭りの待ち時間を短縮する方法!

Sponsored Link

目黒のさんま祭りは初秋の東京での風物詩としてすっかり定着しました。こちらのお祭りでは「目黒」の街と「さんまの美味しさ」を伝えるために毎年開催されています。

ただ、風物詩として定着した分、毎年混雑具合は凄まじく、せっかく並んだのにさんまが食べれない人も多く出てきます。せっかく現地に行って並ぶのであればさんまを食べたいですよね。

 

kensuke
ということで、今回は目黒のさんま祭りの待ち時間を短縮する方法についてまとめます。

 

目黒のさんま祭りの日程と時間

目黒のさんま祭りですが、実は年に2会開催されているんです。2回と言っても両方ともさんまの旬である9月中ですが……

意外かもしれませんが目黒駅自体は区分上品川区にあるので、目黒駅に近い目黒商店街で開催されるものは「品川区の目黒さんま祭り」であり、もうひとつ目黒区で開催されるさんま祭りが「目黒SUN祭り」という形で、2つの区によって合計2回のさんま祭りが開催されるんです。

 

それぞれのさんま祭りの日程

目黒さんま祭り

品川区が主宰する目黒さんま祭りは、2016年9月4日(日)に開催されます。時間は10:00から14:00ですが、実際には昼頃にはさんまが配り終わってしまいますので、早めに行くことをオススメします。

 

kensuke
会場は目黒駅前の目黒駅前商店街で開催されるので、駅から降りてすぐに到着することができますよ。

 

 

目黒SUN祭り

目黒区が開催するもうひとつのさんま祭りである「目黒SUN祭り」は、目黒区民祭りの中の一環として行われ2016年9月18日(日)に目黒駅から10分程度離れた田道広場公園でさんまの配布がされます。開催時間は9:30〜15:30ですが、こちらも品川区のさんま祭りと同様に早い時間帯にさんまの配布が終了してしまうので、なるべく早く行きましょう!

 

kensuke
どちらも雨天決行なので、雨が降ったら客足が減るので逆にさんまを食べるチャンスかもしれませんね!

 

さんま祭りの開催日程

  • 品川区のさんま祭り
    日程:2016年9月4日(日)
    時間:10:00〜14:00
    会場:目黒駅前商店街
  • 目黒区のさんま祭り
    日程:2016年9月18日(日)
    時間:9:30〜15:30
    会場:田道広場公園

 

Sponsored Link

 

参加費と用意されるさんまの数

美味しい旬のさんまを食べることができるさんま祭りですが、参加費自体はどちらも無料です。どちらの区もかなり太っ腹なお祭りを開催しているんですね。

 

用意されるさんまについてですが、

品川区のさんま祭りでは友好都市である岩手県宮古市から直送されたさんま6,000匹が用意され、徳島県名西郡神山町のスダチと一緒にさんまを味わうことができます。

 

また、目黒区のさんま祭りでは宮城県気仙沼市のさんま5,000匹が用意され、それに大分県臼杵市産のカボスが一緒に付けられてさんまを楽しむことができるんです。

 

kensuke
どちらも東北から旬のさんまを用意しているんですよ!

 

 

 

さんま祭りの混雑状況と待ち時間を短縮する方法

どちらのさんま祭も毎年2〜3万人もの人が訪れる大人気のイベントです。それだけ人気のイベントなので、イベント開始から2〜3時間後のお昼あたりには全てのさんまの配布が終了してしまいます。会場でもアナウンスがされていますが、並んだからといって必ずさんまにありつけるわけではないんですね。

 

kensuke
ということで、無料でさんまにありつきたいのであれば、朝の早い時間から並ぶことが必要になってきます。

 

どちらのお祭りも同じくらいの時間からの開催ですが、早い人だと朝の5時から並んでいますし、ここ近年は確実にさんまにありつくために前泊者もいるくらいです。この気合はすごいですね。そこから朝の8時くらいになるとおよそ1,000人もの人が行列をなして、その行列はさんまの配布が始まる10:00頃には目黒川に沿って1kmほどにもなります。

 

kensuke
1kmの行列ともなると、むしろ隣の五反田駅から並んだ方が早いです(笑)

 

さんま祭りの待ち時間を短縮する方法

時間を短縮するというタイトルですが、とは言ってもさんま祭りはどの時間に行っても待つことは確実です。だいたい3〜5時間くらい待ちますので、最低でも3時間待ちは覚悟をしてくださいね。

その中でも一番効率的に時間を短縮できるのは、朝の8時前くらいに現地に到着することです。これでだいたい3時間くらいの待ち時間ですみます。朝5時から並ぶのは確実にさんまにありつけますが、5時間待ちですからね……時間の短縮という意味ではあまり効率的ではありません。

さんま祭りの行列は9時頃にはピークになってくるので、遅くとも8:30には現地に到着していることをオススメします。

 

kensuke
あくまで、ここ最近の傾向からの待ち時間ですので、場合によっては来場者が増えて待ち時間が増えたり、さんまにありつけない場合もあります。確実に食べたいのであればなるべく早い時間から並びましょう!

 

Sponsored Link

 

あとがき

秋の風物詩のさんま祭りですが、ここ最近ではあまりの人気ぶりでせっかく行ってもさんまが食べられないことが多いです。そりゃ2〜3万人の来場者に対して5〜6,000のさんまの量では足りないですよね。でも、これはあくまでも無料配布のさんまに限った話であり、周辺の居酒屋などの店舗では普通にさんまを楽しむことができます。混雑は避けて単純にイベント自体を楽しみたいのであれば、初めからそうした目的で現地に行って、無料開催されているさんま寄席などを楽しむのもいいんじゃないでしょうか。

 

 

kensuke
9月といえどまだまだ暑いので、水分や塩分等の熱中症対策にも気をつけてくださいね!

 

 

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです