南雲満友(プ女子)は慶応の女子大生!彼氏はやっぱりレスラー!?

mayu-nagumois-professional-wrestling-girl
Sponsored Link

マツコの知らない世界でプロレス好き女子(通称:プ女子)が増えているということでしたが、その中で出演されていた南雲満友さんがかなり印象的でした。彼女はプロレスがの魅力に引き込まれて単に好きなだけでなく、実際に自分自身もリングに立ってしまうほどだとか……

ということで、マツコの知らない世界に出演した「南雲満友」さんについて調べてみました。

 

南雲満友さんのプロフィール

南雲満友さんのプロフィール

名前:南雲満友(なぐもまゆ)

出身:東京都板橋区

年齢:21歳

血液型:O型

身長:153cm

やはり芸能人ではないのでネット上でもそこまでたくさんの情報がなく、誕生日などはわかりませんでした。番組内で年齢は21歳とのことで、プロレスを21年間観てきたとの話を聞く限りはそれに合わせているのだとは思いますが、彼女は大学に入学する前に一度留学(留学先については記事の後半にて)もしているんですよね…

それで大学の4年生ってことは……?っとちょっと疑問ではあります。高校生の頃に留学?大学へは編入?

身長は153cmと割と小柄な方なんですね。

 

南雲さんは慶應義塾大学に在学中の学生

南雲さんは慶應義塾大学に在学中の学生で女子大生です。1年生の頃には「Art&Technology」というものづくりワークショップの活動を行っていて、2013年には「金魚すい(金魚すくいではない)」という作品で、アート&テクノロジー東北2013において最優秀賞受賞を果たしているんですよ!

実はプロレス以外でも素晴らしい経歴があるんですね。自分の好きな事・やりたいと思ったことに対して情熱を注いで向上していける方なのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

 

南雲さんがプロレスを好きになった理由

お父さんがプロレスリングのマットを作るお仕事をされていて、物心つく前からプロレスに親しんでいました。現在よりもっと男臭かった時代からずっと見てきた試合の中でも、大仁田選手の有刺鉄線電流爆破マッチが忘れられないと言います。

参考:福井謙二グッッモニ

ということで、南雲さんがプロレスを好きになったのはお父さんの影響が大きいみたいですね。

 

 

大学在学前は留学もしていて英語もペラペラ

現在は慶應義塾大学に在学している南雲さんですが、慶応の前にはイギリスのInternational College Sherborne Schoolに在学していたんです。そのため、彼女の英語力はかなりのもので、彼女のFacebook上でも普通に英語でコメントを残していました。

なぜ海外に留学したのかについては理由はわかりませんがこれまでの南雲さんの感じを見ていると、自分がやりたいと思ったことをすぐやるかなり行動力のある方なんですね。

 

 

本人がプロレスラーとしてプロレスデビュー!リングネームは?

南雲満友さんは実は去年(2015年)の慶應義塾大学の三田祭でリングデビューをしたという情報があります。彼女がラジオ出演したときに話していたことで、リングネームは「アメージング・プリンセス・マユコング」とのこと(笑)

「リングに立ってこそレスラーの気持ちもわかる」という考えからリングに立ったようで、「自分のやりたいことを経験してみる」といった行動力はまさに「アメージング」ですね!

 

 

彼氏はやっぱりレスラー?

南雲さんの彼氏の情報については、やはり普通の女子大生ということもあって特にこれといった噂ですらありませんでした。当たり前といえば当たり前ですよね。ただ、大学のプロ研というと男だらけの雰囲気のある世界ですからサークル内ではかなりモテるはずです?

これだけプロレスが好きということなので、将来はプロレスラーと結婚するかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

あとがき

ぼく自身はプロレスはそんなに興味がなかったので、今までプ女子の存在を知らなかったのですが、オカダカズチカさんを見るとかなりイケメンですし、こうしたイケメンレスラーがもっとメディアに出てくれば、かなり女性人気は増えていくと思います。

最近はカープ女子などスポーツに興味を持つ女性の方も増えていますし、今まであまり女性に注目されてこなかったスポーツもどんどん女性人気が出てきそうですね!

 

 

mayu-nagumois-professional-wrestling-girl

記事をシェアしていただけたら嬉しいです