LINEのトークをバックアップすると「アカウントの空き領域が不足しています」のエラーメッセージが出るときの対処法

スポンサーリンク

最近では連絡のときに日用的に使っている人も多いアプリのLINE。自分と相手とのやりとりも記録されるので、定期的にトーク履歴のバックアップをとっている人も多いのですよね。

その中で、トークのバックアップをとろうとしたときに「アカウントの空き領域が不足しています」というエラーメッセージが出てしまって、うまくバックアップをとることができなかった……という方が見受けられるようです。

「ちゃんと空き容量はあるのになんで?」と疑問に思っている方も多いと思われますので、対策法や解決法についてまとめました。

 

アカウントの空き領域が不足していますの意味とは

LINEのトークのバックアップをとっているときに「アカウントの空き領域が不足しています」と言ったエラーメッセージが出てくるのは、これはiphone本体の空き容量が足りないということではなくて、「iCloudのアカウントの空き容量が足りない」ということなんです。

メッセージ上には一応「アカウントの」とは入ってはいますが、これではわかりにくいですよね。それなので、いくらiphone本体のデータを整理してストレージの空き容量を確保しても、全く効果がないんです。

 

kensuke
これでLINEのトークのバックアップがとれない理由がわかりましたね!

 

 

LINEのバックアップをとるためにの対処法

LINEのバックアップがとれない原因がわかったので、あとはiCloudのストレージの問題を解決すれば問題は解決されますが、iCloudの初期のストレージ容量は5GBですよね。これって、何年もiphoneを使っていて、写真や動画などを溜めていくと容量としては全然足りなくなってしまいます。

もちろん、バックアップをとるときにいらない写真などを整理してもいいんですが、年数が経てばとっておきたいものも多くなってなかなか消すことができないでしょうし、何よりバックアップのときに毎回そうした作業をするのはかなり面倒になります。

ということで、ぼくがおすすめするのはiCloudのストレージ容量を増やすことです。iCloudは月額130円を支払えばストレージ容量を一気に50GBまで増やすことができるんです。たった130円でストレージ容量が一気に10倍ですからね、色々な手間などを考えると月に缶コーヒー1本分の料金でバックアップ容量が増えるのであれば、かなりいい投資のはずです。

 

スポンサーリンク

 

iCloudのストレージ容量の確認と空き容量を増やす方法

iCloudのストレージ容量の確認方法

iCloudのストレージ容量の確認はiphoneの「設定」を開いて「iCloud>容量」と進んでいき「ストレージ」のところにある「使用可能」を確認すればOKです。ここの空き容量が少ないと先ほどのようなエラーメッセージが出てしまって、LINEのトークのバックアップがとれないということになるんですね。

 

iCloudのストレージの空き容量を増やす方法

iCloudのストレージの空き容量を増やす方法としては、先ほどおすすめしたようにストレージのアップデートをおすすめします。アップデートの方法は先ほどのストレージ容量を確認する画面で一番下にある「ストレージプランを変更」を選んで、好きなストレージプランを選択すれば変更終了です。ちなみに200GBでも月額400円なのでかなりお得ですね。

 

 

あとがき

こちらでご紹介した方法を使えばLINEのトークのバックアップをとるときに「アカウントの空き領域が不足しています」といったエラーメッセージが出てしまって、バックアップがとれないといった問題は解決するはずです。iphoneを使っているといろいろなところで容量に関する問題に直面しますが、やはり長く使うのであれば、iCloudの無料分での5GBでは全然容量が足りなくなってしまいます。

今後も長く使っていくのであれば、データに保険をかける意味でもiCloudは大きめのストレージのものにアップデートしておきましょう!

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです