便秘の解消に効果のある足と足裏のツボ!ツボを押すときの注意点は?

Sponsored Link

足の裏には健康に効果的なたくさんのツボが集中していることで有名ですよね。特に足の裏はぼく達の体の中でも心臓から最も離れている場所にあるので、血液の流れなども滞りがちになってしまう部分です。そのために足の裏に刺激を与えて血流を良くしてあげると内臓の活動も活発になって、胃や腸などの消化器官の働きも活発になるので、便秘解消への効果が期待できるようになりますよ。

足には足裏だけでなくて、他にも便秘解消には効果的なツボがあります。

 

kensuke
今回は便秘の解消に効く足と足裏のツボについてまとめていきますね!

 

便秘に効果的な足と足裏のツボの位置

便秘の解消に効果的な足のツボ

太衝(たいしょう)

taisho

 

「太衝(たいしょう)」とは足の甲の部分にあるツボで、足の親指の骨の部分に沿って指をなぞったときに、ちょうど親指と人差し指の骨が合わさる部分のところにあるツボです。この部分を息を吐きながらゆっくりと押して、離すときには息を吸いながらゆっくりと離すといいですね。

このツボを刺激することで体の血行不良を解消してくれるので、消化器官の血流が良くなって腸などの活動が活発になります。それによって腸のぜん動運動の働きが高まるので便秘解消への効果が期待できるんですね!

 

kensuke
「太衝」のツボは便秘解消の効果以外にも、むくみ解消の効果や足やせなどの効果もあるのでそうした症状がある場合にも刺激をしてみましょう!

 

厲兌(れいだ)

reida

 

「厲兌(れいだ)」は足の人差し指にあるツボで、人差し指の中指側の爪の横にあります。特に胃腸などが弱っているときには痛みを感じやすいので、そういった症状が原因で便秘の症状が出ているときには見つけやすいツボですね。

「厲兌」は消化機能を高めてくれる効果もあるので、痛みを感じたら手の指でつまみながら揉み込むように持ち上げるといいですよ。

 

kensuke
こちらのツボも「太衝」と同じように便秘の解消以外にもむくみの症状にも効果を発揮してくれます!

 

足の三里(あしのさんり)

ashinosanri

 

「足の三里(あしのさんり)」は様々な効果のある万能のツボで、便秘解消の効果以外にも体力増強やむくみの解消などの効果も期待できるツボです。便秘解消の効果を狙う場合にはここのツボを押すことで胃腸の働きが活発になって排便機能が高まります。

「足の三里」の場所は、膝の皿の外側の部分から指4本分下がったところにあるくぼんだ部分になります。この部分を親指や中指を使ってグリグリと押しながら回して刺激を与えてあげれば効果が出てきますよ!

 

三陰交(さんいんこう)

sanninnko

 

「三陰交(さんいんこう)」は足首の内側付近にあるツボで、くるぶしから指4本分上に上がったあたりにある骨の後ろのくぼみの部分です。

この部分を刺激すると、肝臓や腎臓その他の消化器官などの内臓の活動の活性化が期待できます。便秘解消の他にも生理痛や生理不順、むくみなどの女性に多い症状にも効果を発揮してくれるツボなので、女性の方は覚えておくと様々な症状のときにも対応できますよ!

 

kensuke
ツボを刺激するときには左右の親指を重ねた状態で押しあてながらグリグリと刺激を与えるといいですね!

 

Sponsored Link

 

便秘の解消に効果的な足の裏のツボ

足の裏の反射区

ashinohanshaku

 

「足裏の反射区」は土踏まずの周辺にまとまっていて、赤い線で記されているのが大腸の反射区になります。右足の踵の上くらいから始まって土踏まずの上を通って左足へと続くいていますが、これがちょうど大腸の形で通っていて、大腸のそれぞれの場所にリンクしています。ちょうど腸がぐるりとお腹を回っている感じで土踏まずの周りを囲っているんですね。

赤い線で囲まれた土踏まずの部分は小腸の反射区でもあるので、大腸の反射区と合わせて刺激してあげることで小腸と大腸を一緒に活発にすることができますよ〜

 

kensuke
この反射区の中で硬い部分があったら腸内のその部分に便が溜まっている証拠なので、その部分をしっかりと揉みほぐしてあげれば排泄の機能が高まります。揉みほぐすときには大腸の流れに沿って便を送り出すようにしながら揉んであげると効果的ですよ!

 

湧泉(ゆうせん)

yusen

 

「湧泉(ゆうせん)」は自律神経を整える効果があるツボです。実はぼく達の体の消化器官は自律神経の副交感神経によってコントロールされていて、自律神経の働きが乱れてしまうと胃や腸などの消化器官の働きに異常が生じて、便秘になったり下痢になったりと排便活動も乱れてしまうんです。

こうしたときには「湧泉」を刺激してあげることで自律神経のバランスを整えることができるので、排便活動を正常にすることができるんですよ!

 

湧泉の場所は足の裏の中央部の少し上のところで、足の指に力を入れて曲げたときにできるやや凹みのある場所ですね。この部分をしげきするときには、両手の親指を重ねてゆっくりと力を込めて押し込むといいですよ〜

 

 

足と足裏のツボを押すときの注意点

足や足裏のツボを刺激するときに注意したいことは、片側のツボを刺激しているときに反対側の足を冷さないようにすることです。足のツボを刺激する場合には片方ずつ刺激すことになると思うので、どうしてももう片方の足が冷えてしまいがちになります。せっかくツボを刺激して体の血行が良くなっても、冷えた足の方の血流が滞ってしまっていては効果も半減してしまいます。

 

kensuke
足のツボを刺激するときには反対側の足をひざ掛けやタオルなどで冷えないように工夫しながらツボを刺激するといいですよ!

 

 

あとがき

足や足の裏には健康に効果的なツボがたくさんあるので、自分の目的にあったツボを覚えて毎日のケアに取り入れると美容や健康面への効果は大きいですね!特に足の裏はぼく達の体の中でも心臓から最も離れている場所にあるので、接触的に刺激を与えて血流を良くしてあげると内臓の活動も活発になりやすく新陳代謝も高まります。胃や腸などの消化器官の働きが活発になれば、便秘解消への効果が期待できるようになりますね!

 

kensuke
足のツボは仕事などで日中はなかなか押しにくいと思うので、お風呂に入ったときや眠りにつく前に押してあげるといいですよ。特に入浴中は足の冷えも防ぐことができて、体が温まり血行も良くなるので効果が高まりますよ〜

 

 

 

Sponsored Link

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです