キウイの便秘解消効果は夜に食べると高まる!?キウイが便秘に効く理由

kiwi-relieve-constipation
Sponsored Link

キウイは食物繊維が豊富に含まれていて便秘解消に効果的ですが、さらにビタミンCも多く含まれているので肌にもいいですし、キウイに含まれるカリウムがむくみの解消効果を発揮してくれるので美容や健康への効果は抜群です。

便秘解消に効果的なキウイですが、夜に食べるようにするとさらに便秘解消の効果を高めることができるんですよ!

 

kensuke
今回はキウイの便秘解消効果と食べるタイミングや食べるときの注意点についてまとめていきます。

 

キウイが便秘解消に効く理由

2種類の食物繊維が含まれている

キウイには食物繊維が豊富に含まれていて、なんとキウイ1個で1日に必要な食物繊維の15%を摂取することができます。あんなに小さいものでそんなにも食物繊維が摂取できてしまうんですね。

キウイに含まれる食物繊維には便秘の解消には欠かせない「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類がどちらも含まれています。水溶性食物繊維は腸内で善玉菌のエサになって腸内環境を改善して、便を柔らかくする効果があるんですね。一方、不溶性食物繊維の方は腸内で水分を吸収して膨張することで、腸壁を刺激して腸のぜん動運動を促して排便をスムーズにしてくれる効果があるんですよ!

この2つの食物繊維はどちらも便秘解消には欠かせないものですが、一方だけを多く摂るのではなくて、両方の食物繊維をバランスよく摂らないと逆に便秘を悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。

 

食物繊維を摂取するときに注意すること

18歳以上の男女の1日の食物繊維の目標摂取量は男性が19g、女性が17gとされています。ただ、この数字は現代の食生活では意識していないとなかなか目標量を摂取できないのでなかなか難しいんです。

1日に摂る水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の理想的な比率は、水溶性食物繊維1に対して不溶性食物繊維2が理想的とされているので、できるだけこれに近づくように食物繊維のバランスを意識して摂取するようにするといいですよ!

 

 

ビタミンCが腸内環境の改善に役立つ

キウイに多く含まれているビタミンCは腸内で善玉菌のエサになって腸内環境の改善に役立てってくれます。腸内環境が改善されることで腸の活動が活発になるので、排便をスムーズに行うための機能も効果が高まるんですね。

さらにその他にもビタミンCには便を柔らかくしてくれる効果もあるので、便が硬くなってしまったことが原因で便秘を引き起こしている場合には特に効果を発揮してくれます。

 

Sponsored Link

 

便秘解消のためにキウイを食べる効果的なタイミング

キウイは夜に食べると便秘解消の効果が高まる!

キウイを食べるときにより便秘解消の効果を実感したいのであれば夜に食べることをおすすめします!キウイには自律神経のバランスを整えることで副交感神経優位の状態にして、体をリラックスしてくれる効果があるからです。

腸の活動は副交感神経の働きが司っているんですが、副交感神経が優位になって体がリラックスした状態のときには腸の働きが活性化するんです。特に夜の22時から翌2時の時間帯は成長ホルモンの分泌が促されて体が修復作業に向かう時間帯です。このときには腸の消化活動も活性化されているので、この時間に合わせて体をリラックスさせて、腸の活動を活性化させておいてあげると腸内の便の移動がスムーズになって排便効果が高まるんですよ!

 

kensuke
ただ、夜と言っても眠りにつく直前は控えた方がいいですね。眠りにつく直前だと消化しきれなかったエネルギーが脂肪として体内に取り込まれやすいので、せっかくキウイを食べても太ってしまう原因にもなります。基本的には夕飯のときに一緒に食べるか、遅くとも就寝の2時間前までには食べておくようにしましょう!

 

 

キウイを食べるときの注意点

キウイの1日の摂取量の目安は?

キウイで便秘解消の効果を狙うのであれば1日2個くらいを目安に食べるといいですね。先述したように夜に食べるのがおすすめですが「一度に2個食べるのはちょっと……」と思うのであれば、朝と夜に1個ずつにするといいですよ〜

 

kensuke
朝と夜に分割して食べることで食物繊維やビタミンCの栄養素の効果が長い時間続きます。

1日1個であれば先ほど書いたように夜がおすすめですよ〜

 

水分を一緒に摂るようにする

キウイを食べるときに一緒に水分も補給してあげると、キウイに含まれる酵素の働きが活性化されます。キウイに含まれる酵素はタンパク質を分解する作用を高めてくれるので、消化をするときのサポートをしてくれるんですね。

特に腸内に生息する悪玉菌は肉類のタンパク質をエサにして増殖してしまうので、肉類のタンパク質を摂取したときにはキウイと一緒に水分補給をしてあげることで、タンパク質の消化を早めて悪玉菌の増殖を抑えられるので、腸内環境の改善に役立ちます。

 

kensuke
キウイに含まれる酵素は熱に弱いので、加熱処理したものでなくて生のキウイを食べて摂取するのが一番効率がいいですよ〜

 

ゴールドキウイよりグリーンキウイがおすすめ

キウイにはグリーンキウイやゴールドキウイなどの種類がありますが、実はキウイの種類によって含まれている食物繊維の量も違います。ゴールドキウイは甘くて食べやすいですが、実はグリーンキウイに比べて食物繊維の量は少ないんです。もしキウイで食物繊維を多く摂取するのであれば、グリーンキウイの方が効率的に摂取することができますよ〜

 

食べるときはなるべく常温で食べる

キウイに含まれる酵素は常温のときに一番活動が活性化されるので、キウイを食べるときにはなるべく常温で食べるようにするといいですね。腸が冷えると腸の活動が鈍ってしまいますし、体を冷やさないといった面でもなるべく常温で食べるようにしましょう!

 

Sponsored Link

 

あとがき

キウイは食物繊維が豊富に含まれていて便秘解消に効果的だし、ビタミンCも多く含まれているので美容や健康面でも効果的な果物ですね。タンパク質の分解をサポートしてくれる酵素も含まれてますし、キウイ自体も消化にいいので胃や腸などの臓器の負担も減らしてくれるんですね。消化にかかる負担が減っていけば、排泄に向けてエネルギーを使うことができるようになるので、便秘解消の効果が高まるんですね!

 

kensuke
キウイを美味しく食べて便秘を解消しましょう!

 

kiwi-relieve-constipation

記事をシェアしていただけたら嬉しいです