滝沢カレンの日本語がおかしいのはわざと?言語障害や失語症の噂は!?

karen-takizawas-japanese
Sponsored Link

最近はメインのモデル活動だけでなくTVへの出演機会も増えてきたモデルの滝沢カレンさん。ここ最近はハーフタレントがかなり増えてきているので、モデルとして活躍するだけでなくバラエティ番組などへの出演も増えてきそうですよね。

そんな滝沢カレンさんに対してネット上で噂になっているのが「日本語がおかしい」や「言語障害では?」といった言葉です。確かにTVで観ていると意味はわかるけど微妙に違う日本語を話していますよね。

ぼく自身は彼女のこうしたものはTV慣れしていないために緊張してしまっているのか、キャラとして作っているのかと考えていましたが……

 

kensuke
ということで、今回は滝沢カレンの日本語がおかしいのはわざとなのか?について深掘りしていきたいと思います。

 

滝沢カレンのプロフィール

本名 :滝沢 カレン(たきざわ かれん)
生年月日:1992年5月13日
出生地 :東京都
身長 :170cm
血液型 :AB型
職業 :モデル・タレント
ジャンル:ファッション
活動期間:2008年〜
事務所 :スターダストプロモーション

参考:Wikipedia

 

滝沢さんはお父さんがウクライナ人でお母さんが日本人のハーフです。彼女は2008年に「セブンティーン」のオーディションにてグランプリに選ばれてそこからモデルとして芸能活動を始めていますね。そして翌年の2009年には「ROOKIES-卒業-」にていきなり映画デビューもしているので女優としての経験もあります。

高校卒業後は「セブンティーン」を卒業して「JJ」の専属モデルになり、表紙を飾ったりと素晴らしい活躍をされているんですね。

 

Sponsored Link

 

滝沢カレンの日本語がおかしい

日本語がおかしい?

滝沢さんはネット上で日本語がおかしいという風に言われていますが、彼女が話している姿を見たことがない方もいると思いますので、まずは彼女の話している姿を動画で観てみましょう。

 

 

確かに、ちょっと面白い言葉遣いですよね。

 

実は日本生まれ日本育ち

彼女の日本語がおかしいと言われるようになった原因は「踊るさんま御殿」への出演がきっかけと言われています。番組に出演した際にちょっとおかしな言葉を話すのでさんまさんや共演者の方々からツッコまれていましたが「何年日本に住んでいるのか?」の質問に対して「生まれたときから」といった旨の回答をしているので、ずっと日本で暮らしていたことが判明しました。

 

 

言語障害やウェルニッケ失語症の噂は?

ここまで来てこれだけ長く日本に住んでいながらちょっとおかしな日本語を話す彼女に対して「言語障害なのでは?」といった噂が立っています。症状的には会話は流暢であるけど、ちょっとした言葉が出てこない「ウェルニッケ失語症」や「健忘失語」などとも言われていますね。

 

 

育った環境が原因?

滝沢カレンさんのお母さんがインタビューに回答した際に、「滝沢さんのお母さんがロシア語の通訳の仕事をしていたので片言の日本語の言葉を話す外国人が多い環境にいたからではないか」といった回答をしていました。

ただ、これに対しては滝沢カレンさんは生まれてからこれまで、ずっとお母さんと一緒にいたわけではないでしょうし、学校も日本の学校に通っていました(高校は日出高等学校ではないかと言われています)。ということは、普段の生活ではほとんどの時間を日本語を話す人と一緒に過ごしていたと推察されるので、お母さんの答えるこの回答には疑問が残りますね。

 

Sponsored Link

 

あとがき

滝沢さんの日本語について見てきましたが、個人的にはやっぱり「TV慣れしていないために緊張してしまっているのか、キャラとして作っているのではないか」と考えています。

モデルさんはTVに出演することがメインではないですし、やはりバラエティ番組などの現場で話を振られた際にカメラを向けられてひとりで話すとなると、かなり緊張してうまく言葉が出てこないはずですからね。

もしくは単純にキャラであるということです。彼女は女優として映画デビューもしているので日本語の会話には問題がないはずです。ここ数年はハーフタレントがかなり増えてきていますし、何か飛び抜けたものがないとすぐに使われなくなってしまいます。彼女が言葉に詰まってる様子はじっくりと言葉を選んでいるからではないでしょうか。

 

karen-takizawas-japanese

記事をシェアしていただけたら嬉しいです