JPG・PNG・GIFの違いを理解して使い分けよう!

スポンサーリンク

JPG ・ PNG ・ GIF  現在の代表的な画像の保存形式の 3 つですが、これってちゃんと使い分けてますか?

デジカメやらスマホやらで写真もほとんどがデジタル化されているし、写真以外のデータ化された画像だって、この時代デジタル機器をいじっていれば、否が応でもたくさん触れ合う機会があります。

ただ、ぼく自身、画像の拡張子の違いなんて全く気にしていなくて、出力するときには特に何も考えずに『 JPG でいいか!』くらいな感覚で保存していました。

ただ、ここ最近、画像や写真データのやり取りする機会が増えて、『出力形式は何にしますか?』って聞かれることが増えました。せっかく画像の拡張子の違いについて考える機会ができたので、よく使われているこの 3 つの拡張子の違いについてまとめます。

 

拡張子の違いを理解しておくと、より綺麗でデータ量の軽い拡張子を選べるようになります。

 

kensuke
画像を扱う人は知っておくと便利だよ!

 

 

 

画像・写真ファイルの拡張子別の特徴

拡張子って?

拡張子はファイルの一番最後についている「.◯◯◯」の部分で、ファイルの種類を識別するためのものです。ここを見るだけで、そのファイルが何の種類であるかを見分けることができます。

 

kensuke
テキストファイルなら .txt 、PDFファイルなら .pdf とかファイル名の後ろについているやつを拡張子っていうんだね!

 

 

 

GIF ( Graphics Interchange Format ) の特徴【拡張子.GIF 】

GIF は写真以外のファイルをサポートするのに使われていたもので、 8 ビットカラーなので 256 色しか使うことができないです。

GIF の大きな特徴として、

  • 透明色が使えること、
  • 動画の作成ができること

 

の 2 つ。

GIF は色情報が少ないので、写真やスケッチ画像なんかにはあまり向かないです。あまり色を必要としないロゴやリンクボタン、アイコンなどの単色のベタ面を多く持っている平坦な画像に使うといいですね。あと、グレースケールの画像にも合います。どちらかというと、フォントとか幾何学的な形状のものを描くのに用いる方が向いています。

 

あと、 GIF は可逆圧縮という圧縮方法なので、保存をしても画像の質を落とさないのも JPG との違いです。

 

可逆

元に戻せること。

 非可逆

元に戻せないこと。

 

スポンサーリンク

 

JPG ( Joint Photographic Experts Group ) の特徴【拡張子 .JPG , .JPEG , .JPE 】

JPG は、プロのカメラマンの標準となるように開発されたファイル形式で、非可逆圧縮という圧縮形式を用いています。非可逆、要するに一度圧縮すると元の状態に復元ができません。また、JPG は保存等を繰り返すとデータの損失が起きて、データ自体が劣化していきます。アートファイルとして保存しておくのにはあまり向いていないです。

ただ、JPG の大きなメリットとして、 24 ビット(1670 万色)まで扱うことができることと、それをかなり小さなデータに圧縮できるということです。24 ビットまで扱うことができるので、写真などのたくさんの色を必要とするものや、グラデーションなどのように色合いが連続的に変化しているものには、JPG が適しています。

 

 

PNG ( Portable Network Graphics ) の特徴【拡張子 .PNG 】

PNG は、GIF よりも透明色を生かした画像を作ることができて、 8 ビットカラーにも 24 ビットカラーにもすることができるので、幅広い色合いの画像に対応できます。また、圧縮形式も可逆圧縮形式なので、変更を加えても画像の質が落ちません。

いいことづくめの PNG ですが、その分ファイルサイズは GIF ・ JPG に比べれば大きくなってしまいます。それと、ブラウザが古いとサポートされていない場合もあるので、注意が必要です。

 

 

 

各拡張子の使い分け

kensuke
ここまで紹介した 3 つの拡張子の使い分けをまとめると……

 

  • GIF は動画を作るときに便利!

     

  • JPG は写真などの色をたくさん必要とするファイルのファイルサイズを小さくするときに使おう!

     

  • PNG は透明色を用いた画像で可逆圧縮重視したいときに使おう!

 

kensuke
編集中は PNG で編集して、最終的な出力を JPG にすると、劣化が 1 回ですむよ!

 

 

あとがき

今回の件で画像の保存形式の違いがわかったので、今後は今まで通り JPG を基本にしつつも、動画を作るときは GIF 、アートファイル(原図)としてとっておきたいものは PNG って感じでしっかりと使い分けていきます。いい勉強になりました。

 

kensuke
もっと早く理解しておくべきだったわ……

 

スポンサーリンク

 

 

自分の趣味や好きなことが人の役に立って収入になる!

結婚して子育てや家のことをしながら働くのって大変じゃないですか? 子供も落ち着いたし、多少は時間はあるもののパートなどに出るのもちょっと微妙で……

ぼくの周りにはそんな友人が多いのですが、「就職するよりも家でできる仕事があれば一番良い!」という意見がほとんどです。

 

 

ぼくの友人にはそんな悩みから解放されるために、ネットをうまく利用して自分の趣味や好きなことを副業にしている方がいます。しかも、特に難しいことはしていません(笑)

ココナラ という自分の趣味や好きなことをサービスにすることができるサイトを使っていました。

彼女は旅行が好きなので、「旅行に出かけるときのプランを一緒に立てるお手伝い」をしたり、子育てもしているので「出産や子育ての相談」をしています。

しかも、お金をいただきながら ^ ^

 

 

ぼくも初めは「そんなのお金にならないよ……」なんて思っていたのですが、ちょっとしたことでも必要としてくれる方っているんですよね。

 

例えば、

・恋愛に悩んだときに誰かに相談したい

・浮気や不倫について誰かに話を聞いて欲しい

・脱毛しようと思うけど、体験した人の話を聞いてみたい

・カメラを買うのに、どれを買えばいいのかわからないので誰かに相談にのって欲しい

 

他にも色々な悩みがありますが、悩みを抱えつつも周りに相談ができないで悩んでいる方も結構いるんです。

もし、自分の経験がそんな人のためになって、喜んでもらえたら嬉しいですよね!?

自分の中では「そんな大したことじゃないから……」と思っていたことは、他の人からしてみたら実はかなりすごいことだったりするんです。

 

 

他のサービスでも、

・今まで色々な恋愛をしてきたから、デートプランを考える

・絵が得意なので、似顔絵やイラストを描いてあげる

・楽器が弾けるけど、初心者向けに楽器始め方の相談を受ける

・車を買うときの選び方や保険についての相談にのる

なんてことで、自分の趣味や得意なことでお金をいただいていたりします。

 

 

転職経験の多い親友は、 「転職の相談・アドバイス」や「ESの作成や添削」などをしていますね。

世間では夏休みの宿題代行なんてビジネスまで存在するくらいなんですから、意外なものでお金がいただけたりするんです。

 

 

ダメ元でもいいので、自分の得意なことをサービスにして出品してみたら、意外なほど人気が出るかもしれませんね!

初めは自身がないかもしれませんので、ワンコインとか定額でサービスを出品してみるといいですよ。

サービスを買ってもらえたときはめちゃくちゃ嬉しいですし、自分の中でもかなり自身になります。

人気が出てきたらそこから新たなビジネスにしてもいいですね。自分の好きなことが人の役に立って、しかもお金もいただけるなんて、こんな素敵なお仕事はないです。

 

 

とりあえず、登録(無料) すれば色々な人が出しているサービスを見ることができるので、登録だけしてみて、どんなサービスが出ているのか見ているだででも面白いですよ ^ ^

「こんなものまでサービスになるの?」って驚きのものまでありますので、それを見ているだけでも楽しいです。

 

 

ちなみに、登録すると自分でもサービスを購入することもできるので、面白いものがあったら使ってみると良いですよ!

ぼくは「イラスト作成」や「ロゴ作成」「ブログ相談」なんかのサービスを使いました。

500円とか1,000円のサービスがあるので、格安なのが嬉しいですし、ぼくは絵を描くのが苦手なので、そういうもが得意な人に手伝ってもらってかなり助かりました!

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です