今田耕司の今ちゃんの実は…の酔っ払いロケがお蔵入りになった理由

スポンサーリンク

9月28日に放送されたテレビ朝日系列の番組で、今田耕司さんの冠番組である「今ちゃんの実は…」の人気コーナーの「酔っぱらいロケ」が急遽放送NGになってお蔵入りになるという一幕がありました。実はこのコーナーの放送中止が決まったのは放送日の2日前というから、放送する側としてはかなりバタバタとしてしまったと思います。

今回はその人気コーナーの放送中止の理由と一般の方を出演させるときのメリット・デメリットについてまとめていきます。

 

お蔵入りになった理由

番組のコーナーがお蔵入りになった理由は出演された酔っ払いの方本人から「絶対に放送しないで」と連絡が入ったためです。芸能人もそうですがもちろん一般の方にも出演のNGはあるでしょうけど、できれば収録のときに伝えて欲しいですよね。

 

なぜギリギリになって

今回の件については収録自体は2週間前に行われていたのですが、放送をしないで欲しいと連絡があったのは放送の2日前でした。そもそも、なぜここまでギリギリになって連絡をしてきたのでしょうか?

一般の方にとってはTVに出演するということはなかなかないものですし、出演したときには酔いの力も手伝って気持ちが大きくなり、番組を面白くさせようといろいろとまずいことを言ってしう場合もあります。出演した一般の方は酔っていたので、収録時の内容については数日経っても思い出せなかったのかもしれませんね。

そして時間が経っていよいよ当時の内容を冷静に思い返してみると「かなりマズイ内容を話してしまった…」と思ったのでしょう。それから、放送されたときのことを考えると社会人としての立場もありますし、下手をしたら会社だけでなく、取引先などに迷惑をかけてしまう場合もあります。

いくら酔っ払いの一般の方とはいえど、会社などではかなり立場が上の方もいるでしょうし、そうした方がTVで醜態を晒してしまってしまっては、勤めている会社側からしてもかなりのイメージダウンになってしまいますからね。

出演者にとっては、放送時期が早かったら取り返しのつかないことになっていたかもしれないので、そういった意味では助かったのでしょう。

放送する局側としてはたまったものではないですけど…

 

スポンサーリンク

 

なぜ予備の収録を行わなかったのか

相手が酔っていたこともあって仕方がないかもしれませんが、ただ、一般の、それも酔っ払いを相手に収録を行うのであれば、こうしたハプニングが起こることも予想されたのではないのでしょうか?

それであれば、収録の際にはなるべく多くの撮れ高を撮っておき、いざという場合には差し替えられるくらいの余裕を持っておくのが普通ですよね。ただ、以前に放送されていた回などを観た感じではそんな余裕もなさそうで、一本撮り感が半端なかったです……

何本か収録の予備があれば次の週の分のVTRなどを流していたでしょうし、それができないということは現場サイドにとってはかなり大変なロケなんでしょうね。

 

 

TVの撮影に一般人を使うメリットとデメリット

こうした外に出て一般の方が参加されるロケの場合には、芸能人だけで仕上げたものよりはかなり番組制作のコストを抑えてロケが行えます。出演された方に出演料が発生していたのかはわかりませんが、芸能人に比べればかなり安いコストで撮影はできたはずです。

もちろん出演者は素人ですので、番組のクオリティとしてはかなり質は落ちますが、出演料を抑えた分そうした部分のリスクはわかってのことでしょう。そうした一般の方の素人感があった方が場合によっては面白くなる場合もありますしね。

 

ただ、やはり観ていて感じるのは芸能人の方が出演されている場合はやはり番組の質が高いですね。最近はyoutubeなど動画投稿サイトも増えてきて、一般の方の映像が配信されることが多くなってきましたが、かなり質の高い動画を提供している方に限るとほんの一握りしかいません。

こうした「映像として作品を提供する」ということに関しては、やはり芸能人の方は一般の方に比べて何倍も突き抜けているのがわかります。

 

出演されている千鳥さんも「ロケは怖い、毎回危ないか、つまらないサラリーマンが出てくるよ」とコメントしているように、本当にそうんですよね。

番組を制作する側も大変なのでしょうけど、こうした部分のリスクやメリット・デメリットをしっかりと把握して番組制作を行って欲しいですね。

 

 

あとがき

今回のコーナーのお蔵入りに対して、急遽の企画を打ち出してロケを行ったみたいですが、準備不足感も否めずに放送の方もかなり微妙な感じになってしまったみたいですね。放送局や番組を制作する側はこうした急遽のトラブルは常に抱えていそうですが、その分いつでも対応できるような体制をとっておくことが大切ですね。

 

スポンサーリンク

 

自分の趣味や好きなことが人の役に立って収入になる!

結婚して子育てや家のことをしながら働くのって大変じゃないですか? 子供も落ち着いたし、多少は時間はあるもののパートなどに出るのもちょっと微妙で……

ぼくの周りにはそんな友人が多いのですが、「就職するよりも家でできる仕事があれば一番良い!」という意見がほとんどです。

 

 

ぼくの友人にはそんな悩みから解放されるために、ネットをうまく利用して自分の趣味や好きなことを副業にしている方がいます。しかも、特に難しいことはしていません(笑)

ココナラ という自分の趣味や好きなことをサービスにすることができるサイトを使っていました。

彼女は旅行が好きなので、「旅行に出かけるときのプランを一緒に立てるお手伝い」をしたり、子育てもしているので「出産や子育ての相談」をしています。

しかも、お金をいただきながら ^ ^

 

 

ぼくも初めは「そんなのお金にならないよ……」なんて思っていたのですが、ちょっとしたことでも必要としてくれる方っているんですよね。

 

例えば、

・恋愛に悩んだときに誰かに相談したい

・浮気や不倫について誰かに話を聞いて欲しい

・脱毛しようと思うけど、体験した人の話を聞いてみたい

・カメラを買うのに、どれを買えばいいのかわからないので誰かに相談にのって欲しい

 

他にも色々な悩みがありますが、悩みを抱えつつも周りに相談ができないで悩んでいる方も結構いるんです。

もし、自分の経験がそんな人のためになって、喜んでもらえたら嬉しいですよね!?

自分の中では「そんな大したことじゃないから……」と思っていたことは、他の人からしてみたら実はかなりすごいことだったりするんです。

 

 

他のサービスでも、

・今まで色々な恋愛をしてきたから、デートプランを考える

・絵が得意なので、似顔絵やイラストを描いてあげる

・楽器が弾けるけど、初心者向けに楽器始め方の相談を受ける

・車を買うときの選び方や保険についての相談にのる

なんてことで、自分の趣味や得意なことでお金をいただいていたりします。

 

 

転職経験の多い親友は、 「転職の相談・アドバイス」や「ESの作成や添削」などをしていますね。

世間では夏休みの宿題代行なんてビジネスまで存在するくらいなんですから、意外なものでお金がいただけたりするんです。

 

 

ダメ元でもいいので、自分の得意なことをサービスにして出品してみたら、意外なほど人気が出るかもしれませんね!

初めは自身がないかもしれませんので、ワンコインとか定額でサービスを出品してみるといいですよ。

サービスを買ってもらえたときはめちゃくちゃ嬉しいですし、自分の中でもかなり自身になります。

人気が出てきたらそこから新たなビジネスにしてもいいですね。自分の好きなことが人の役に立って、しかもお金もいただけるなんて、こんな素敵なお仕事はないです。

 

 

とりあえず、登録(無料) すれば色々な人が出しているサービスを見ることができるので、登録だけしてみて、どんなサービスが出ているのか見ているだででも面白いですよ ^ ^

「こんなものまでサービスになるの?」って驚きのものまでありますので、それを見ているだけでも楽しいです。

 

 

ちなみに、登録すると自分でもサービスを購入することもできるので、面白いものがあったら使ってみると良いですよ!

ぼくは「イラスト作成」や「ロゴ作成」「ブログ相談」なんかのサービスを使いました。

500円とか1,000円のサービスがあるので、格安なのが嬉しいですし、ぼくは絵を描くのが苦手なので、そういうもが得意な人に手伝ってもらってかなり助かりました!

記事をシェアしていただけたら嬉しいです