痛くない鼻うがいのやり方!塩水を使う正しい方法や注意点とは?

Sponsored Link

花粉や風邪の季節になると鼻づまりや鼻水の症状に悩まされる方も多いのではないでしょうか?1日中止むことのないこうした症状を抱えてしまうと、仕事などにも集中できずに支障が出てしまいますよね。できれば早く治したいですし、症状だけでも軽くしたい。そう感じている方も多いはずです。

そんなときに試して欲しいのが「鼻うがい」です。鼻うがいは花粉症や風邪などで鼻に出てくる症状を予防するだけでなく、鼻に関する症状などの予防や改善などの効果も期待できるんですよ!

「鼻うがい」と聞くと痛いしやりにくいと思われがちですが、実は正しいやり方で行うと痛みを感じることなく行うことができるんです。

 

kensuke
ということで、今回は痛くない鼻うがいのやり方と塩水を使う正しい方法や注意点についてまとめていきますね!

 

鼻うがいとは?

鼻うがいは別名「鼻洗浄」とも呼ばれていて、生理食塩水や専用の洗浄液などを鼻の奥に入れてうがいをすることです。鼻の奥に溜まっているゴミやホコリ、ウイルスなどを洗い流して、鼻の中を清潔で健康な状態に保つことが目的で行われます。もちろん、鼻の奥にあるウイルスなども洗い流すことができるので、風邪などの病気の予防にも効果的なんですよ!

鼻うがいをするときには上咽頭と呼ばれる喉と鼻の境界線までしっかりと洗浄して、通常のうがいと合わせることで、通常のうがいの効果もより高めることができるんです。

 

鼻うがいに塩水を使うのはなぜ?

プールやお風呂などで鼻に水が入ったときに鼻の奥が「ツーン」としたことはありませんか?これはもちろん水が鼻の奥に入ったために起こっている現象なのですが、痛みを感じる原因は鼻に入った水と人間の体液との間に浸透圧の差があるからなんです。水と人間の体液の浸透圧にはかなり差があるので、その差に対してぼく達の鼻が異物だと判断して反応しているんですね。

実は生理食塩水や専用の洗浄液は浸透圧が体液と同じ0.9%なので、人間の体液の浸透圧に近く鼻に入っても痛みを感じずにすみます。ということで、鼻洗浄をする場合には生理食塩水や専用の洗浄液を使えば、鼻に痛みを感じることなく鼻うがいをすることができるんですね!

 

Sponsored Link

 

鼻うがいの効果とは?

鼻うがいを行うと鼻の奥まで洗浄することができるので、鼻に起こる様々な症状の軽減や改善につながります。

鼻うがいの効果

  • 鼻づまりの解消
  • 風邪の予防
  • 花粉症の対策
  • 鼻炎の改善
  • 蓄膿症の軽減や改善
  • 鼻の奥の加齢臭対策

こうしてみると、鼻づまりや風邪・花粉症などの予防はもちろんですが、鼻炎や蓄膿症にまで効果があるんですね。そしてあまり知られていないかもしれませんが、鼻の加齢臭にまで効果を発揮してくれるんですよ!

 

鼻の加齢臭とは?

鼻の加齢臭とは、鼻の下を伸ばしたときや鼻をかんだときに独特の臭いを感じる症状です。鼻うがいをして鼻の中を清潔な状態に保っておくと予防することができるんですよ!

 

 

痛くない正しい鼻うがいのやり方

鼻うがいは正しい方法で行えば痛みを感じることはありません。鼻がいをしたときに痛みを感じないために一番重要なことは「人間の体液と同じ濃度の生理食塩水もしくは専用の洗浄液を使う」ことです。

これからご紹介する鼻うがいには「鼻の浅い部分だけ洗浄する方法」と「鼻の奥まで洗浄する方法」の2つのやり方があるので、自分にあった方法で試すようにするといいですよ!

 

生理食塩水を作る方法

生理食塩水と聞くとなんだか難しいものを作るような感じがしますが、実はかなり簡単に作ることができます。用意するものは水(ぬるま湯)と塩のみです。

水はできるだけミネラルウォーターを使うようにした方が鼻への負担が減ります。水道水を使う場合にはカルキを抜いたものを使うようにするといいですよ!塩は粗塩を使いようにしましょう「伯方の塩」なんかがそうですね。

生理食塩水の作り方

用意した水(ぬるま湯)に粗塩を0.9%の比率になるように混ぜるだけで完了です(1ℓの水であれば10gでOKです)。しっかりと全体が混ざっていないと痛みを感じてしまうので、混ぜ合わせるときには全体が均一に混ざるようにしましょう。

どのくらいの量をうがいをするのかにもよりますがこちらでご紹介する方法で行うのであれば1〜2ℓくらい作ってください。慣れてきて専用のポットで洗浄するのであれば250〜500mℓもあれば十分です。

 

kensuke
生理食塩水の作り置きは衛生上良くないので、必ずやるときには毎回つくるようにしてくださいね!

 

 

初心者向けの鼻うがいのやり方(鼻の浅い部分だけ洗浄する方法)

それでは鼻うがいのやり方を紹介していきましょう。まずは初心者向けのうがいの方法からです。

初心者向けの鼻うがいのやり方

  1. 洗面器やボールなど水をためることができる容器に生理食塩水を入れます
  2. 片側の鼻を押さえて反対側の鼻で生理食塩水を吸い上げてください
  3. ある程度吸い上げたら容器から顔をずらして吸い上げた生理食塩水を鼻から出しましょう
  4. これを3〜5回程度繰り返してください
  5. 片方が終わったら反対側もやります
  6. 両方の鼻がやり終わったら鼻うがい完了です

こちらの方法だと鼻の奥までは洗浄しないので鼻を完全には洗浄できませんが、鼻うがいに抵抗のある初心者にはやりやすい方法ですし、鼻うがいの十分な効果を感じることができます。

 

Sponsored Link

 

上級者向けの鼻うがいのやり方(鼻の奥まで洗浄する方法)

それでは上級者向けの鼻うがいの方法です。先ほどご紹介した「初心者向けの鼻うがいのやり方」の2番目の生理食塩水を鼻で吸い上げるところまでは同じです。

上級者向けの鼻うがいのやり方

  1. 生理食塩水を鼻で吸い上げた後に頭を上げて上を向く
  2. そのまま生理食塩水が鼻の奥を通って口まで流れるようにする(流れにくい場合には軽く吸い上げてみてください)
  3. 生理食塩水が口に入ってきたら、そのまま口から吐き出す
  4. これを先ほどと同じように3〜5回程度繰り返してください
  5. 同様にが反対側の鼻もやります
  6. 両方の鼻がやり終わったら鼻うがい完了です

こちらの方法でうがいをすると鼻の奥まで洗浄をすることができるので、奥に溜まっているゴミやホコリ、ウイルスなども洗い流すことができます。慣れてくるとこちらの方法でやった方が鼻の奥まですっきりして気持ちがいいですよ〜

 

kensuke
鼻うがいをやるときは反対側の鼻をしっかりと押さえることがコツですよ〜

 

こちらでご紹介した方法は洗面器を使った方法ですが、慣れてきたら専用のポットやノズルのついたドレッシング用のボトルなどで行ってもうまくいきます。むしろ個人的にはその方が手軽にできるので、最近はもっぱらそちらの方法で行なっていますね。

 

 

 

鼻うがいをするときの注意点

鼻うがいを行うときには以下のことに注意してください。

鼻うがいをするときの注意点

  • 生理食塩水は正しく作る
  • やっているときには頭を振らないようにする
  • 生理食塩水は飲み込まないようにする
  • 鼻を勢いよくかまない(中耳炎などの原因になる)

こちらにあるようなことを守って実践すれば、実施中や実施後に痛みや違和感を感じたりすることはないはずです。それでもいまいちしっくりこない場合には、医師に相談して自分に鼻うがいがあっているのか確認してみましょう!

 

 

あとがき

鼻うがいは花粉症や風邪をひきやすいシーズンには大活躍をします。ぼくもかれこれ10年以上実践していますが、風邪などはほとんどひかなくなりました。鼻の奥まで洗浄をすることでウイルスなどの侵入を防ぐことができているからでしょうね。

鼻うがいをするときに生理食塩水をいちいち用意するのが面倒であれば専用の洗浄液を使うとかなり簡単に鼻うがいを行うことができますよ〜

 

 

kensuke
花粉や風邪の流行るシーズンには鼻うがいは欠かせないです!

 

Sponsored Link

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです