初心者のボルダリングシューズ(クライミングシューズ)の選び方

Sponsored Link

ボルダリングは基本的にクライミングシューズを履いて行いますが、クライミングシューズにはたくさんの種類があって、登りの用途によって使い分けることでよりシューズが力を発揮してクライミングが行いやすくなります。

 

kensuke
ということで、今回は初心者のクライミングシューズを選び方や注意点についてまとめていきます!

 

初心者のボルダリングシューズ(クライミングシューズ)の選び方

冒頭でも書きましたが、ボルダリングを行う際にはクライミングシューズを履いて行いますが、クライミングシューズには登りの用途でそれぞれ特徴があるので、ボルダリングにはボルダリングに合ったシューズを選ぶことでより快適にクライミングを行うことができます。

クライミングジム向けのものとしては、ベルクロ(マジックテープ)タイプ、スリッポンタイプがデザインとしては多いですね。自分の中でここの点を強化したいなどの特別な用途がなければ、個性が変に偏ったものではなく様々な用途で使える平均的にいいものを選ぶようにするといいですよ。

 

Sponsored Link

 

ボルダリングシューズ(クライミングシューズ)の特徴

ダウントゥについて

so-ru-keijo

 

クライミングシューズのソール(底)の形状は大きく分けて3つのパターンがあって、ダウントゥタイプ・フラットタイプ・船底型の3種です。

つま先へ力が伝わりやすいのはダウントゥで、小さいホールドでも掴みやすいので基本的にはクライマーはダウントゥを使うことが多いですね。クライミングジムで登ることの多い人はダウントゥを選んでおいても問題はないですが、あとはクライミングジムの特徴や登る用途などで使い分けるようにしてください。

フラットタイプはオーソドックスなモデルなのであらゆる面で使いやすいこともあり、特に初心者の入門用としてはおすすめですね。

船底型はスラブでの立ち込みやスメアリングなどもしやすいのが特長です。ソールが硬いものも多いので、そういったものはクラック部(岩の割れ目)なんかでも使いやすいですね。

 

ターンインについて

ta-nin

 

ターンインとはつま先が親指の方向に向かって足の内側にカーブしていることを指します。ターンインがあることで親指側に力が入れやすくなって、インサイドエッジが使いやすくなります。ただ、反対に小指側に力が伝わりにくくなるので、アウトサイドエッジが使いにくくなるといったデメリットもあります。

 

kensuke
慣れるまではあまりターンインはのキツイものは選ばない方がいいかもしれませんね。

 

 

ボルダリングシューズ(クライミングシューズ)のサイズの目安

クライミングシューズは普通の靴とは違って全体的に曲がっているものが多いので、普段履きなれていない人や初めての人が履くとかなり窮屈な感じで履いていて痛みを感じることが多いですね。ただ、痛いからといってサイズを大きくして緩くしてしまうと力が入らなくなってしまうので、クライミングシューズ本来の効果が発揮できなくなってしまいます。

 

kensuke
基本的にはお店で試し履きをすると思うので、店員さんにアドバイスをもらいながら、色々なサイズを試すようにしてみるといいですよ。

 

このときに注意しておきたいポイントは、

ボルダリングシューズ(クライミングシューズ)を選ぶときの注意点

  • 自分の足の形に合ったものを選ぶ
  • シューズのサイズは5分以上履いてもあまり痛くならないものを選ぶ
  • 自分の足のむくみも考慮して選ぶ
  • つま先だけで立ったときに、シューズが全体的にずれたりしないか確認する

となってくるので、この辺に注意しながら選んでみてください。

 

Sponsored Link

 

あとがき

初めてボルダリングシューズを選ぶときには何を選んだらいいのかわからないし、種類も多いので迷ってしまいますよね?

もし、自身の弱点や登りの用途などがわかっている場合にはそれを考慮しながら選んでいき、何もわからない場合にはしっかりとお店の人と相談しながら選んでいくようにするといいですね!

 

kensuke
初めての方はなるべく変に特化していない平均的なものを選ぶのがベターですよ〜

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です