初心者のボルダリングシューズ(クライミングシューズ)の選び方

スポンサーリンク

ボルダリングは基本的にクライミングシューズを履いて行いますが、クライミングシューズにはたくさんの種類があって、登りの用途によって使い分けることでよりシューズが力を発揮してクライミングが行いやすくなります。

 

kensuke
ということで、今回は初心者のクライミングシューズを選び方や注意点についてまとめていきます!

 

初心者のボルダリングシューズ(クライミングシューズ)の選び方

冒頭でも書きましたが、ボルダリングを行う際にはクライミングシューズを履いて行いますが、クライミングシューズには登りの用途でそれぞれ特徴があるので、ボルダリングにはボルダリングに合ったシューズを選ぶことでより快適にクライミングを行うことができます。

クライミングジム向けのものとしては、ベルクロ(マジックテープ)タイプ、スリッポンタイプがデザインとしては多いですね。自分の中でここの点を強化したいなどの特別な用途がなければ、個性が変に偏ったものではなく様々な用途で使える平均的にいいものを選ぶようにするといいですよ。

 

スポンサーリンク

 

ボルダリングシューズ(クライミングシューズ)の特徴

ダウントゥについて

so-ru-keijo

 

クライミングシューズのソール(底)の形状は大きく分けて3つのパターンがあって、ダウントゥタイプ・フラットタイプ・船底型の3種です。

つま先へ力が伝わりやすいのはダウントゥで、小さいホールドでも掴みやすいので基本的にはクライマーはダウントゥを使うことが多いですね。クライミングジムで登ることの多い人はダウントゥを選んでおいても問題はないですが、あとはクライミングジムの特徴や登る用途などで使い分けるようにしてください。

フラットタイプはオーソドックスなモデルなのであらゆる面で使いやすいこともあり、特に初心者の入門用としてはおすすめですね。

船底型はスラブでの立ち込みやスメアリングなどもしやすいのが特長です。ソールが硬いものも多いので、そういったものはクラック部(岩の割れ目)なんかでも使いやすいですね。

 

ターンインについて

ta-nin

 

ターンインとはつま先が親指の方向に向かって足の内側にカーブしていることを指します。ターンインがあることで親指側に力が入れやすくなって、インサイドエッジが使いやすくなります。ただ、反対に小指側に力が伝わりにくくなるので、アウトサイドエッジが使いにくくなるといったデメリットもあります。

 

kensuke
慣れるまではあまりターンインはのキツイものは選ばない方がいいかもしれませんね。

 

 

ボルダリングシューズ(クライミングシューズ)のサイズの目安

クライミングシューズは普通の靴とは違って全体的に曲がっているものが多いので、普段履きなれていない人や初めての人が履くとかなり窮屈な感じで履いていて痛みを感じることが多いですね。ただ、痛いからといってサイズを大きくして緩くしてしまうと力が入らなくなってしまうので、クライミングシューズ本来の効果が発揮できなくなってしまいます。

 

kensuke
基本的にはお店で試し履きをすると思うので、店員さんにアドバイスをもらいながら、色々なサイズを試すようにしてみるといいですよ。

 

このときに注意しておきたいポイントは、

ボルダリングシューズ(クライミングシューズ)を選ぶときの注意点

  • 自分の足の形に合ったものを選ぶ
  • シューズのサイズは5分以上履いてもあまり痛くならないものを選ぶ
  • 自分の足のむくみも考慮して選ぶ
  • つま先だけで立ったときに、シューズが全体的にずれたりしないか確認する

となってくるので、この辺に注意しながら選んでみてください。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

初めてボルダリングシューズを選ぶときには何を選んだらいいのかわからないし、種類も多いので迷ってしまいますよね?

もし、自身の弱点や登りの用途などがわかっている場合にはそれを考慮しながら選んでいき、何もわからない場合にはしっかりとお店の人と相談しながら選んでいくようにするといいですね!

 

kensuke
初めての方はなるべく変に特化していない平均的なものを選ぶのがベターですよ〜

 

自分の趣味や好きなことが人の役に立って収入になる!

結婚して子育てや家のことをしながら働くのって大変じゃないですか? 子供も落ち着いたし、多少は時間はあるもののパートなどに出るのもちょっと微妙で……

ぼくの周りにはそんな友人が多いのですが、「就職するよりも家でできる仕事があれば一番良い!」という意見がほとんどです。

 

 

ぼくの友人にはそんな悩みから解放されるために、ネットをうまく利用して自分の趣味や好きなことを副業にしている方がいます。しかも、特に難しいことはしていません(笑)

ココナラ という自分の趣味や好きなことをサービスにすることができるサイトを使っていました。

彼女は旅行が好きなので、「旅行に出かけるときのプランを一緒に立てるお手伝い」をしたり、子育てもしているので「出産や子育ての相談」をしています。

しかも、お金をいただきながら ^ ^

 

 

ぼくも初めは「そんなのお金にならないよ……」なんて思っていたのですが、ちょっとしたことでも必要としてくれる方っているんですよね。

 

例えば、

・恋愛に悩んだときに誰かに相談したい

・浮気や不倫について誰かに話を聞いて欲しい

・脱毛しようと思うけど、体験した人の話を聞いてみたい

・カメラを買うのに、どれを買えばいいのかわからないので誰かに相談にのって欲しい

 

他にも色々な悩みがありますが、悩みを抱えつつも周りに相談ができないで悩んでいる方も結構いるんです。

もし、自分の経験がそんな人のためになって、喜んでもらえたら嬉しいですよね!?

自分の中では「そんな大したことじゃないから……」と思っていたことは、他の人からしてみたら実はかなりすごいことだったりするんです。

 

 

他のサービスでも、

・今まで色々な恋愛をしてきたから、デートプランを考える

・絵が得意なので、似顔絵やイラストを描いてあげる

・楽器が弾けるけど、初心者向けに楽器始め方の相談を受ける

・車を買うときの選び方や保険についての相談にのる

なんてことで、自分の趣味や得意なことでお金をいただいていたりします。

 

 

転職経験の多い親友は、 「転職の相談・アドバイス」や「ESの作成や添削」などをしていますね。

世間では夏休みの宿題代行なんてビジネスまで存在するくらいなんですから、意外なものでお金がいただけたりするんです。

 

 

ダメ元でもいいので、自分の得意なことをサービスにして出品してみたら、意外なほど人気が出るかもしれませんね!

初めは自身がないかもしれませんので、ワンコインとか定額でサービスを出品してみるといいですよ。

サービスを買ってもらえたときはめちゃくちゃ嬉しいですし、自分の中でもかなり自身になります。

人気が出てきたらそこから新たなビジネスにしてもいいですね。自分の好きなことが人の役に立って、しかもお金もいただけるなんて、こんな素敵なお仕事はないです。

 

 

とりあえず、登録(無料) すれば色々な人が出しているサービスを見ることができるので、登録だけしてみて、どんなサービスが出ているのか見ているだででも面白いですよ ^ ^

「こんなものまでサービスになるの?」って驚きのものまでありますので、それを見ているだけでも楽しいです。

 

 

ちなみに、登録すると自分でもサービスを購入することもできるので、面白いものがあったら使ってみると良いですよ!

ぼくは「イラスト作成」や「ロゴ作成」「ブログ相談」なんかのサービスを使いました。

500円とか1,000円のサービスがあるので、格安なのが嬉しいですし、ぼくは絵を描くのが苦手なので、そういうもが得意な人に手伝ってもらってかなり助かりました!

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です