ヤマハチアップルのハローキティりんごはどこで買えるの?

Sponsored Link

秋の果物といえば「りんご」ですが、そのりんごの産地として日本国内で有名な青森県からとても面白い商品の販売が決まりました。その名も「ハローキティりんご」。このりんごはりんごの表面にプリントされたキティちゃんがとても可愛いくてお祝い事などのギフト用にはかなりいいものなのですが、今の所は期間限定での販売になりそうです。

 

ハローキティりんごとは

青森県弘前市にある「ヤマハチアップル」さんが商品化したりんごで、サンリオの大人気キャラクターであるハローキティをりんごの表面に印刷したもの。プリントされたキティちゃんは全て可食インクで印刷してあるのでそのまま食べることができます。

青りんごに印刷されたキティちゃんの顔のものが可愛いですね!食べるのをためらってしまうくらい完成度の高い商品です。

 

Sponsored Link

 

ハローキティりんごはどこで買えるの?

ハローキティりんごは9月21日に青森県庁でお披露目されたばかりの商品なのでまだ全国流通に対応しているという情報はありませんが、東京でなら28日から取り扱いが始まります。取り扱い予定があるのは東京・銀座にある銀座三越さんで、9月28日から10月11日まで開催される「ハローキティフェア」でのみの販売になります。

取り扱いがあると言っても期間限定の商品なんですね。これはかなり貴重な商品になるかもしれませんね。

 

ハローキティりんごの値段は?

気になるハローキティりんごのお値段は1個入りのギフトボックスが1,080円(税込)、2個入りが2,160円(税込)となっているので、りんごとして考えるとちょっと割高かもしれないですね。りんごの品種は青森産の「つがる」と「黄王」なのでりんごとしてはいいものではありますが……

 

Sponsored Link

 

あとがき

仕事を選ばないキティちゃんとも言われていますが、まさかこんなところにまで出てくるとは思いませんでした。食べるものにまで印刷されて自分をアピールして、身を犠牲にしてまで多くのファンを楽しませるとは……キティちゃんのエンターテイメント性は素晴らしいものがありますね。

ハローキティりんごは今の所は期間限定での発売になるので、もしかしたらプレミアなんかもつくかもしれません。さすがに食べ物なので長期的にはとっておくことができないですが、もし遠方に住んでいる方で欲しい場合には、今の所入っている情報だと都内に住んでいる友人や知り合いなどに頼むしかないでしょうね……

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです