秋の花粉症の症状の見分け方!秋の花粉症はブタクサなどが原因

Sponsored Link

暑い夏から寒くなる冬に向けての季節の変わり目である秋は、環境の変化によって体調を崩しやすい時期でもあります。ぼくはこの時期にはお腹の調子を崩しやすくて、そのまま体調を崩してしまうことが結構あるんです……

そういった時期なので、こうした時期に風邪をひいてしまう人も多いと思います。ただ、それって本当に風邪なんでしょうか?

実はあまり知られていませんが秋にも花粉症の症状が発症する人がいます。特に春に花粉症になる人は、秋の花粉症にもなりやすい傾向があるので要注意です。

花粉症は風邪の症状とよく似ているので、風邪を引いたと勘違いしてしっかりと花粉症の治療をせずに、原因がわからず長引かせてしまうことがあるので注意が必要です。でも、安心してください、花粉症とわかって対応すれば症状の緩和や治療の期間を短くすることができます。

今回は秋の花粉症の症状と風邪との見分け方についてまとめていきます。

 

秋の花粉症が発症する原因

秋の花粉症が発症するのは春の花粉症と同じで、植物の花粉が原因になります。夏から秋のシーズンにかけては春ほどではないですが、様々な種類の花粉が飛散しているので、花粉症の症状を持つ人は秋にも発症する可能性は高いです。

 

 

秋の花粉症の原因で一番多いのはブタクサ

秋の花粉症の原因として一番多いのはブタクサによるものです。あまり聞いたことがない人も多かもしれませんが、実はスギやヒノキの花粉症についで日本では3番目に多い花粉症の原因なんですよ。

ブタクサの花粉はスギよりも花粉の粒子の大きさが小さいので、気管に影響を与えやすくて、喉の痛みや喘息などの症状が春の花粉以上に出やすいのが特徴です。

 

 

秋の花粉の特徴

秋の花粉の特徴としては、

 

  • 目のかゆみ・ハレ・充血
  • 涙が出る
  • 鼻水・鼻づまり
  • くしゃみが出る
  • 頭痛
  • 喉の痛みや痒み
  • 咳が出る
  • 皮膚が痒くなる

 

ほとんど春の花粉症の症状と同じですが、先ほども挙げたように春の花粉症に比べて喉への症状が重くなりやすい傾向にあります。

 

 

秋の花粉症の原因になる主な花粉の飛散時期

秋の花粉の飛散も春と同様に様々な種類の花粉が飛散しますので、それぞれの花粉のピークに合わせて症状が発症します。特に「毎年この時期になると風邪っぽくなるんだよな〜」って場合には、風邪ではなく花粉症が発症しているのかもしれません。

 

  • 7〜8月

・イネ

 

  • 8〜10月

・ブタクサ

・ヨモギ

・カナムグラ

 

  • 9月〜11月

・セイタカアワダチソウ

 

秋の花粉症のメインとなるブタクサを含めて8月〜10月の時期が花粉の種類も多いので注意が必要です。花粉への抵抗が弱い人だとイネの花粉で7月から症状が出始めて、寒くなってきた11月のセイタカアワダチソウによる飛散まで症状が続く場合もあります。

 

kensuke
ブタクサの花粉の飛散距離は数百m程度なので、なるべく近づかないようにすれば、ある程度は予防することができます。

 

Sponsored Link

 

花粉症と風邪の見分け方

花粉症と風邪の症状は似ている部分が多いので、いざ花粉症が発症しても風邪だと勘違いして花粉症の対応をせずに症状を長引かせてしまう場合があります。でも、よく観察してみると2つの間には割とわかりやすい症状の差があるので、秋の花粉症が発症する恐れのある時期にはそうした部分にも注目してみてください。特にわかりやすいのは鼻水の症状です。

 

 

花粉症の症状の特徴

花粉症の症状には、

 

  • 鼻水が水っぽい
  • 発熱は微熱程度
  • 食欲はいつも通り

 

といた特徴があります。次に紹介する風邪の症状とはこの辺が異なる部分ではあるので、しっかりと観察してみてください。

 

kensuke
「毎年同じ時期になると風邪っぽい症状が出る」といった場合には症状をよく観察して、こうしたものに当てはまる部分がないか確認してみるといいですよ!

 

 

風邪の症状の特徴

花粉症と異なり風邪の症状は、

 

  • 鼻水に粘り気がある
  • 高熱が出ることもある
  • 食欲がなくなることが多い

 

といった症状が多く見られますので、花粉症との違いを比較してみてください。

 

また、風邪の場合には1週間程度で症状が緩和してくることが多いですが、花粉症の場合には2週間から1ヶ月程度症状が続くこともあるので、その辺も参考になするといいですね。

 

kensuke
こうした症状の特徴にはもちろんですが個人差があるので、「自分は当てはまらないから……」と早計せずに、どちらかわからない場合には早めに医療機関などの診察を受けることをオススメします。

 

Sponsored Link

 

あとがき

この他にも秋から冬にかけてはハウスダストによるアレルギーも増え、花粉症が発症しやすい人はこうしたものも発症する恐れもあるので注意が必要です。それから、春に発症する花粉症と秋に発症する花粉症で症状が異なる場合もあったり、人によってはどちらかの方が症状がひどい場合もあります。

症状については個人差が出るので風邪なのか花粉症なのか、はたまたアレルギーなのか判断がつかない場合には、早めに医療機関で診察を受けて正しい対応をすると早期の症状の回復が見込めます。

 

kensuke
自己判断で間違った対応をして長い間苦しむのは大変ですからね、こうしたときにはプロの判断に頼って、早めに体調を回復させた方が様々な面でメリットが多いですよ!

 

 

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です