青汁の便秘解消効果とは!?便秘になるのは不溶性食物繊維の摂りすぎ!?

green-juice-relieve-constipation
Sponsored Link

健康のために効果的な飲み物として人気のある青汁。最近では味や成分などにも様々な改良が重ねられて、フルーツ青汁など口当たりが良くて飲みやすいものなども出てきていますよね。健康面で効果の高い青汁は食物繊維やオリゴ糖などの腸内環境を良好に保つ成分も含まれているので、便秘の解消にも効果を発揮してくれる飲み物なのです。

ただ、青汁を飲んでいるだけで健康の効果があるというわけでもないですし、偏った摂取をしていると逆に便秘を悪化させたり、体に不調を生じさせたりしてしまうんです。

 

kensuke
今回は青汁の便秘解消効果と飲むタイミングや飲むときの注意点についてまとめていきます!

 

青汁が便秘解消に効果的な理由

便秘解消に効果的な食物繊維が含まれている

青汁には便秘の解消に効果的な食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維には腸内の善玉菌のエサになって腸内環境を整える効果や便を柔らかくする効果や、腸を刺激してぜん動運動を活性化する効果などがあるんですね。青汁はこうした食物繊維を手軽に摂取することができるので、便秘解消への効果が期待できるということなんです。

実は食物繊維には2種類の食物繊維があって、腸内環境を整えたり便を柔らかくしてくれるのは水溶性食物繊維、腸に刺激を与えてぜん動運動を活発にしてくれるのが不溶性食物繊維というように分けることができます。

 

kensuke
青汁には様々な種類がありますし、含まれている食物繊維などの成分量もそれぞれ違うので、摂取したい成分をしっかりと調べて選ぶといいですよ〜

 

 

青汁に含まれるオリゴ糖によって腸内の善玉菌が増える

青汁には腸内に棲んでいる善玉菌のエサになるオリゴ糖が含まれているものが多いです。大腸まで届いたオリゴ糖は腸内で善玉菌のエサになることで善玉菌の数を増やしたり、活動を活性化したりする効果があるんですね。

善玉菌の活動が活性化すれば腸内環境が整うので、悪玉菌によって腸内に有毒物質や腐敗ガスが増えることを抑えることができるようになりますし、腸内の便も柔らかくなって排便がスムーズになるようになるんですよ〜

 

Sponsored Link

 

青汁のダイエット効果や飲むのに効果的なタイミングとは?

青汁はダイエット中の栄養補給にも効果的

ダイエットをするときには食事制限などで食生活が偏って体の栄養素が不足しがちになります。体の栄養素が不足してしまうと代謝が落ちてしまうので、排泄活動も鈍くなって便秘の症状が悪化してしまうことがあるんです。便秘になると逆に体が太りやすい体質に変化してしまうので、ダイエットをしてもなかなか痩せられなくなってしまうんですね。

青汁はカロリーも低くて、便秘解消に効果的な食物繊維やオリゴ糖を摂取することができるのでダイエットのときの栄養補給には効果的な飲み物になるんですよ!

 

kensuke
青汁に含まれている酵素は消化器官の消化・吸収の働きをサポートする働きがあるので、ダイエットの効率も上がるんですよ〜

さらに胃や腸への負担も減るので排泄の機能が高まって排便がスムーズになる効果も期待できます!

 

 

飲むタイミングは食前が良い

青汁を飲むタイミングとして効果的なのは空腹時になります。胃の中に何も入っていない状態で青汁を飲んだ方が、満腹時に飲むよりも栄養成分を吸収しやすいからなんですね。

他にも、青汁を飲む時間帯としては朝が効果的です。腸の排泄の活動は1日の中で午前中が一番活発になるので、そのタイミングに合わせて排泄の活動を活性化してくれる栄養成分を摂取しておくことで、さらに排便の効果が高まるんですね!

 

kensuke
青汁は朝食前の一杯が効果的ってことですね!

 

 

青汁を飲むときの注意点

青汁を飲んで便秘を悪化させる人の共通点とは?

まれに青汁を飲んで便秘の症状を悪化させてしまう人がいます。青汁には便秘の解消に効果的な食物繊維が含まれていますが、この食物繊維の種類が便秘の悪化に影響してしまう場合もあるんです。

青汁を飲んで便秘になってしまう人・悪化させてしまう人の共通点としては「不溶性食物繊維の摂りすぎ」が挙げられます。

不溶性食物繊維は腸内で水分を吸収して膨張することで、腸壁に刺激を与えてぜん動運動を活性化する効果がありますが、摂りすぎると逆に便の水分を吸収しすぎてしまうんです。便に含まれる水分量が低下してしまうと、便が硬くなってしまって排便がスムーズにいかなくなってしまうんですね……

最近の青汁はほとんどのものが食物繊維のバランスを考えて開発されていることが多いので、青汁だけで食物繊維のバランスが崩れることは少なくはなっています。青汁に含まれる食物繊維の量は材料や加工法によっても変わってくるので、購入前に自分の必要としている栄養成分がしっかりと含まれているか確認してから摂取するようにしましょう。

 

ちなみに、18歳以上の男女の1日の食物繊維の目標摂取量は男性が19g 、女性が17gとされています。ただ、実はこれは意識して食事をしないとなかなか目標量を摂取することができない数字でもあるんですよ!

その中でも1日に摂る水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の理想的な比率は、水溶性食物繊維1に対して不溶性食物繊維2とされています。このバランスが崩れてしまうと便が柔らかくなり過ぎてしまったり、逆に硬くなって便秘の症状を悪化させてしまったりしてしまうんです。

 

kensuke
青汁を飲んで便秘を悪化させてしまう場合には、この食物繊維の摂取バランスが崩れてしまったためと考えられるので、普段の食生活と青汁に含まれる食物繊維のバランスを見直してみましょう!

 

Sponsored Link

 

青汁と合わせて摂取することで便秘解消の効果が良くなるもの

牛乳

牛乳にはオリゴ糖とラクトースという成分が含まれていて、腸内細菌の善玉菌の活動を活性化してくれるので、便を柔らかくしてくれる効果があります。牛乳に青汁を混ぜて飲むことで、青汁に含まれる相乗効果て便秘解消の効果が期待できるようになるんですね。

 

 

豆乳

豆乳には便秘解消に効果的な食物繊維やオリゴ糖が含まれているので、腸内環境が改善されて便が柔らかくなる効果が期待できます。他にも、豆乳には大豆イソフラボンが豊富に含まれているので、ホルモンバランスが崩れて便秘になりやすい場合にも効果を発揮してくれるんですよ〜

 

 

ヨーグルト

ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌が含まれていることが多いですね。善玉菌は青汁に含まれているオリゴ糖をエサにして活性化するので、腸内環境が整えられてより高い便秘解消の効果を期待することができるようになるんですよ〜

 

 

はちみつ

はちみつには腸内環境を整えて腸の活動を活性化させる効果と、消化酵素によって消化器官の働きをサポートして胃や腸などの負担を減らしてくれる効果があります。他にも、青汁の苦味が気になるときには、はちみつを混ぜることで甘みが増して飲みやすくなるのもメリットですね!

 

 

 

あとがき

青汁を普段の食生活に取り入れることは、健康のためだけでなく便秘の解消のためにもかなり効果的です。最近の青汁は味や成分などにも改良が重ねられているので、昔に比べて手に入れやすくてしかも飲みやすいものが多いですね。

ただ、青汁を飲んでいれば健康的になれるわけではなくて、あくまでも基本的な食生活があった上でのサポート的な役割の食品だと考えたほうがいいですね。青汁だけを飲んで栄養も摂れているし大丈夫だろうと軽くみていると、逆に便秘を悪化させてしまう原因にもなりますよ〜

 

kensuke
青汁に含まれる成分をしっかりと確認して食生活に取り入れることで、便秘の解消と健康的な体をの維持に役立てましょう!

 

Sponsored Link

 

green-juice-relieve-constipation

記事をシェアしていただけたら嬉しいです