服についたガムの取り方!以外と簡単にできる落とし方とは!?

Sponsored Link

普段の生活をしているときにいつの間にか服にガムがついていたことってありますよね。ベンチなどに座ったときに付いたのか、はたまたいたずらで付けられたのか……

理由も分からずいつの間にか服についてしまったガムを取るのには、なかなか取れずに結構苦労するかと思います。そのまま洗濯機の中に入れても取れるどころかベトベトになってしまいそうですしね。お気に入りの服などについてしまった場合にはなんとしてでもキレイに取りたい!

 

kensuke
ということで、今回は服についたガムをキレイに取る方法についてまとめていきます。

 

服についたガムの取り方

服についてしまったガムを取る方法にはいくつかあって、もちろんクリーニングに出してガムを取ってもらってもいいですが、意外と一般家庭にあるものを使っても取ることができます。いくつか紹介していきますね。

 

 

氷や冷凍庫などでガムを冷やしてガムを取る

服についたガムを取るのに簡単な方法として、ガムを冷やして固めることによって服から引き剥がす方法があります。この方法は特別何か用意しなくてもできることも多いので、家庭にいながらできるもので最も簡単といていいかもしれませんね。

ガムに含まれる植物性樹脂の「チクル」という成分は、冷やしてしまうと粘着性をなくす性質があるので、冷やして固めることによって服についていたガムがポロリと簡単に取れてしまうんですね。

 

Sponsored Link

 

服についたガムを冷やす方法

  1. ビニール袋に氷を入れて10分程度放置する
    氷は家庭に冷蔵庫があれば冷凍庫室などに入っていることが多いですよね。これを使って服についたガムを冷やせば10分程度の時間でガムを取ることができますし、手間もほとんどかからないので簡単です。
  2. 冷凍庫に直接入れてしまってガムを冷やす
    氷を用意するための冷凍庫があるのであれば、そこに直接ガムのついた服を入れてしまってもOKです。ただ、あまり大きい衣服だと冷凍室に入りきらないかもしれないですね。比較的小さい服であればこの方法でも大丈夫なはずです。この方法だと服全体を冷やすことになるので大体1時間くらいかかってしまうのがデメリットですが、冷凍室に入れるだけなので手間はあまりかかりません。時間に余裕があるときにはいいかもしれないですね。
  3. コールドスプレーで服についたガムを直接冷やす
    これは家庭にある場合とない場合があるかもしれないですが、最も時間をかけずに服についたガムを冷やすことができます。コールドスプレーをガムに吹きかければ、ものの数秒でガムを冷やすことができますからね。特に外出先で服についてしまったガムを取りたい場合には重宝するかもしれません。

 

kensuke
ガムを冷やして取る方法は服の生地を傷めにくいといったメリットがありますね。ただ、この方法だと服の繊維の奥の方にまで入り込んでしまったガムは取りにくいかもしれません。

 

 

油を使ってガムを取る

油を使ってガムを取る方法は服の繊維の奥にまで入り込んでしまったガムを取る場合には効果的です。よくガムをチョコレートやポテトチップスなどと一緒に食べたときに口の中で溶けてしまうことがあるかと思いますが、この原理と一緒で植物性樹脂は油性なので油に触れると溶ける性質があるんです。

 

油を使って服についたガムを取る方法

  1. サラダオイルやクレンジングオイルなど家庭にある油を主成分としたものを用意する
  2. 服についたガムに少しずつ油をつけながら優しく揉み込んでいくと徐々にガムが溶けていくので、ガムをゆっくりと剥がし取る
  3. ガムを溶かして剥がし終わったら、中性洗剤を使って油分をしっかりと落とす

 

この方法で注意したいのは、あまりに油分を多めにかけてしまうと逆にその部分が油汚れになってしまってシミになる可能性があるということです。油を使ってガムを落とす場合には必ず少量から始めてくださいね!

それから、剥がし終わったらすぐに中性洗剤で洗うようにもしてください。ここで時間をかけてしまうと油染みとして残ってしまいます!

 

kensuke
特にデリケートな衣類の場合には注意が必要です!

 

Sponsored Link

 

アルコールを使ってガムを取る

アルコールを使ってガムを取る方法はある程度時間が経ってしまったガムにも効果があるので、なかなか取ることのできなかったガムを取るときに試してみてください。

 

アルコールを使ってガムをとる方法

  1. ウイスキーやエタノールなどある程度アルコールの度数の高いものを用意する
  2. 服についてしまったガムのガム側をいらないタオルなどの上に置く
  3. アルコールを布などに湿らせて、服についているガムの裏側から湿らせたり叩いたりして落とす

 

この方法でもガムは取ることができますが、面倒だったりなかなかしつこくて取れない場合には、お皿やコップなどにアルコールを溜めて2〜3分程度ガムのついた部分を直接漬けておいても効果はあります。アルコールに漬けたガムが柔らかくなったら指で取ってしまいましょう。2〜3分漬けてもガムが柔らかくなっていなかったら、もう2〜3分程度漬けて様子を見てみてください。

こちらの方法も油を使ってガムを取る方法と同じようにガムを取り終わったら、中性洗剤でしっかりとアルコールをつけた部分を洗ってくださいね。

 

kensuke
この方法もあまりにアルコールにつけ過ぎたり、時間を置いてしまうと衣類にシミができてしまったり、生地を傷めてしまう恐れがあるので注意してくださいね!

 

 

 

ガムがついた服は洗濯機で洗ってはいけない

服にガムがついてしまった場合ですが、洗濯機で洗濯すれば取れるだろうと思ってそのまま洗濯をするのはやめた方がいいです。洗剤自体にはガムを溶かす成分は入っていないのでしっかり残ってしまいますし、最悪の場合には白く固まって残ってしまいます。

他にも別の衣類や洗濯機内にもガムがついてしまったりする可能性もあるので、洗濯機で服を洗う場合にはしっかりとガムを取ってから洗うようにしてくださいね!

 

Sponsored Link

 

あとがき

今回紹介した方法でなく面倒であればクリーニングに出してしまっても構いませんが、場合によってはクリーニング屋さんで拒否される場合もあるらしいです。そうしたときに、大切な衣服で諦めきれないのであれば今回紹介した方法で取れることがあるので、諦める前にぜひ一度試してみてください。

 

服についたガムを取る方法まとめ

  • ガムを冷やして取る
    メリット:生地を傷めずに取ることができる
    デメリット:衣服の繊維の奥にまで入ってしまったガムはなかなか取れない
  • 油で溶かして取る
    メリット:繊維の奥に入ったガムも取ることができる
    デメリット:油の量が多かったり、時間をかけ過ぎてしまうと油汚れやシミの原因になる
  • アルコールを使って取る
    メリット:多少時間が経過したガムでも取ることができる
    デメリット:アルコールの量が多かったり、時間をかけ過ぎてしまうと生地を傷めたりシミになる恐れがある

 

kensuke
油やアルコールを使ってガムを取る場合には生地を傷めたりシミにならないように注意してくださいね!

 

 

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです