あさりの砂抜きを短時間でする方法と失敗しないためのコツ

スポンサーリンク

潮干狩りに行ってあさりを大量に獲ってきた後は、あさりを調理して食べることも楽しみのひとつですよね。ただ、獲ってきたあさりって調理する前に砂抜きをするのがかなり面倒だし、時間もかかって結構手間なんですよね。

あさりの砂抜きをやる場合にはスーパーで買ってきて砂抜きが十分でないものでも2〜3時間くらいかかりますし、潮干狩りで獲ってきたものであればなおさら時間をかけなくてはなりません(下手をすると一晩かかります)。

でも、実はこれをほんの10分程度で行う裏技があるんです!

 

kensuke
ということで、今回はあさりの砂抜きを短時間でする方法についてまとめていきますね!

 

あさりの砂抜きを短時間でする方法

それでは早速あさりの砂抜きを短時間でする方法についてご紹介していきますね。サクッと結論から言ってしまうと、その方法とは、

 

kensuke
お湯を使って砂抜きをする!

 

です。

この方法を使うことであさりの砂抜きを劇的に早くすることができるんですよ。

 

kensuke
それではお湯を使ったあさりの砂抜きの方法についてやり方を順にご紹介していきますね!

 

スポンサーリンク

 

お湯を用意する

あさりの砂抜きの時間を短縮するためするためには、まずはお湯の用意が必要になります。お湯と言っても沸騰するほど熱いお湯ではなくて、あさりの砂抜きをする場合には、50℃くらいのぬるめの温度のお湯が必要になります。

この温度のお湯にあさりを浸けると砂抜きの時間が早まるだけでなくて、あさりの身が引き締まってプリプリとした食感が出て味も良くなりますし、水で砂抜きをやる場合に必要になってくる塩も用意しなくて大丈夫になるんですよ〜

 

kensuke
お湯にあさりを浸けるときにはお湯を入れた鍋やボールの中にザルを入れて、ザルの中にあさりを入れるようにすると取り出すときが楽になるので便利ですね!

 

お湯につけらたしばらく放置する

あさりをお湯に浸けたらあとはそのままの状態で10分程度放置しましょう。

この時点で口が開かないあさりは基本的には捨ててくださいね(全体的に口が開かない場合は温度が低すぎるなど砂抜きに使うお湯自体に問題があるかもしれません)。口が開かないあさりは加熱をする以前に生きていない可能性があるので、そうなると、あさり自体の腐敗が進んでいて無理に食べたら食中毒になってしまう可能性があります。

 

kensuke
あさりが管を出してきたら成功のサインですよ!

 

あさりを水道水で洗い流す

砂抜きが完了したらあさりをお湯から取り出して、水道水で(ぬるま湯が出せるのであればぬるま湯の方が効果的ですよ)もみ洗いをしてください。このときには今度は口が完全に開く(最初から開いている)ようなら、あさりが死んでいる可能性があります。あさりが生きていれば、外からの刺激を受けると閉じようとするので、閉じない場合にはあさりが死んでしまっている可能性が高いです(あさりは50℃くらいの温度のお湯であれば死にません)。

以上であさりの砂抜きは完了です。これなら通常の砂抜きに比べてかなり短時間でしかも簡単にできますね。youtubeにも参考動画もありましたので添付しておきますね。

 

 

温度計がないとき

この方法を使えば潮干狩りをしたついでにバーベキューなんてこともできるかもしれませんが、そういうときには都合よく温度計がないことも多いんじゃないでしょうか。そんなときのために温度計がなくても50℃の温度に近いのお湯が作れる方法をご紹介しますね。

 

温度計がなくても50℃のお湯を作る方法

  1. お湯を沸騰させる
  2. 沸騰したお湯と同量の水を混ぜる

 

これだけで温度計がなくても50℃に近い温度のお湯を作ることができますので、ぜひ試してみてくださいね!

 

 

お湯を使ったあさりの砂抜きが失敗する原因

お湯を使った方法で砂抜きをするときに失敗してしまったという方も時々いらっしゃいますが、そういった場合にはある一定の傾向があります。

 

お湯を使ったあさりの砂抜きが失敗する原因

  1. お湯の温度が低すぎる
  2. お湯の温度が高すぎる

 

こちらの条件が満たされてしまうとあさりの砂抜きがうまくいかずに失敗してしまいます。1と2のどちらの状態になってしまっても「あさりが生きていて、かつ、砂抜きがされる環境」になっていないからです。お湯を使った砂抜きの方法は「あさりが砂抜きをするための環境を作ってあげる」ことが大切なんですね!

 

 

こんなあさりには注意!食中毒にならないために

先述したように、お湯につけて口が開かないあさりや、水洗いをしているときに口を閉じないあさりは、生きていない可能性があります。そうなったあさりは中で腐敗が進んで、無理に食べてると食中毒になる危険性があるので、無理に食べずに捨ててください!

 

 

あさりの保存方法

2〜3日で食べきるとき

砂抜きしたあさりを2〜3日以内に調理して食べきるときには、砂抜きをした後によく貝殻を洗って水を切ってから、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存してくださいね。

 

1か月程度保存したいとき

砂抜きをした後によく貝殻を洗って水を切ってから、ジップロックなどで密封して冷凍保存してください。それから、調理するときには自然解凍はしないで必ず冷凍のまま使ってくださいね。自然解凍をしてしまうとあさりを痛めてしまう原因になってしまいます。

 

kensuke
あさりは冷凍すると旨味成分が増えるので美味しくなりますよ〜

 

スポンサーリンク

 

あとがき

あさりの砂抜きは塩水を使ってやると結構時間がかかってしまいますが、この方法を使えばかなり短時間で簡単に砂抜きをすることができますね!潮干狩りの後に調理をしてすぐにあさりを召し上がりたい方にはおすすめの方法です。

 

自分の趣味や好きなことが人の役に立って収入になる!

結婚して子育てや家のことをしながら働くのって大変じゃないですか? 子供も落ち着いたし、多少は時間はあるもののパートなどに出るのもちょっと微妙で……

ぼくの周りにはそんな友人が多いのですが、「就職するよりも家でできる仕事があれば一番良い!」という意見がほとんどです。

 

 

ぼくの友人にはそんな悩みから解放されるために、ネットをうまく利用して自分の趣味や好きなことを副業にしている方がいます。しかも、特に難しいことはしていません(笑)

ココナラ という自分の趣味や好きなことをサービスにすることができるサイトを使っていました。

彼女は旅行が好きなので、「旅行に出かけるときのプランを一緒に立てるお手伝い」をしたり、子育てもしているので「出産や子育ての相談」をしています。

しかも、お金をいただきながら ^ ^

 

 

ぼくも初めは「そんなのお金にならないよ……」なんて思っていたのですが、ちょっとしたことでも必要としてくれる方っているんですよね。

 

例えば、

・恋愛に悩んだときに誰かに相談したい

・浮気や不倫について誰かに話を聞いて欲しい

・脱毛しようと思うけど、体験した人の話を聞いてみたい

・カメラを買うのに、どれを買えばいいのかわからないので誰かに相談にのって欲しい

 

他にも色々な悩みがありますが、悩みを抱えつつも周りに相談ができないで悩んでいる方も結構いるんです。

もし、自分の経験がそんな人のためになって、喜んでもらえたら嬉しいですよね!?

自分の中では「そんな大したことじゃないから……」と思っていたことは、他の人からしてみたら実はかなりすごいことだったりするんです。

 

 

他のサービスでも、

・今まで色々な恋愛をしてきたから、デートプランを考える

・絵が得意なので、似顔絵やイラストを描いてあげる

・楽器が弾けるけど、初心者向けに楽器始め方の相談を受ける

・車を買うときの選び方や保険についての相談にのる

なんてことで、自分の趣味や得意なことでお金をいただいていたりします。

 

 

転職経験の多い親友は、 「転職の相談・アドバイス」や「ESの作成や添削」などをしていますね。

世間では夏休みの宿題代行なんてビジネスまで存在するくらいなんですから、意外なものでお金がいただけたりするんです。

 

 

ダメ元でもいいので、自分の得意なことをサービスにして出品してみたら、意外なほど人気が出るかもしれませんね!

初めは自身がないかもしれませんので、ワンコインとか定額でサービスを出品してみるといいですよ。

サービスを買ってもらえたときはめちゃくちゃ嬉しいですし、自分の中でもかなり自身になります。

人気が出てきたらそこから新たなビジネスにしてもいいですね。自分の好きなことが人の役に立って、しかもお金もいただけるなんて、こんな素敵なお仕事はないです。

 

 

とりあえず、登録(無料) すれば色々な人が出しているサービスを見ることができるので、登録だけしてみて、どんなサービスが出ているのか見ているだででも面白いですよ ^ ^

「こんなものまでサービスになるの?」って驚きのものまでありますので、それを見ているだけでも楽しいです。

 

 

ちなみに、登録すると自分でもサービスを購入することもできるので、面白いものがあったら使ってみると良いですよ!

ぼくは「イラスト作成」や「ロゴ作成」「ブログ相談」なんかのサービスを使いました。

500円とか1,000円のサービスがあるので、格安なのが嬉しいですし、ぼくは絵を描くのが苦手なので、そういうもが得意な人に手伝ってもらってかなり助かりました!

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です