ファスティングは腸内デトックスの効果あり!効果的な方法とは!?

Sponsored Link

美容と健康にはデトックスが効果的という話は聞いたことがあるでしょうか?美容や健康のためには、体に良いものを摂り入れるだけではなくて、うまく体から出してあげることも大切な作業になってきます。せっかく体にいいものを摂り入れても、体中で腐ってしまっては体に悪影響が出てしまいますからね。

 

kensuke
今回は、腸内デトックスに効果的なファスティングについてまとめていきますよ〜

 

腸内のデトックスをすると吸収力が高まる

近年はTV番組や雑誌などでも美容や健康に関するものが多くなってきていて、意識して情報を取り入れていればいくらでもそうした知識を取り入れることができるようになりました。健康への意識が高まってきていることで、日常から食生活に気を使うようになっている方も多いのではないでしょうか?

ただ、注意しておきたいのは良いものを体に「摂り入れる」ことばかりでなく「出す」ことについて考えることも大切になってきます。せっかく良いものを体に摂り入れてもうまく吸収することができなければ何も意味がないですし、使ったものはしっかりと排泄しなくては体の中で腐ってしまいますからね。

 

デトックスという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、こうした体から毒素を出すことが、美容や健康の効果を高めるためにはかなり大切になってくるんです。「良いものを摂り入れる」ことについては注目されがちですが、それに比べると「出す」方のことに関してはあまり注目度は高くないですからね。

実際に現代人は食に溢れている環境で生活しているので、食べ過ぎたことによって胃や腸に負担がかかりすぎていて、消化や吸収の機能が低下していることが多いんですよ……

 

kensuke
本来は「良い栄養を摂る」ということは「デトックス」とセットで考えるべきことなんですね。摂り入れる環境があってこその良い栄養素をとるべき意味が出てきますからね!

 

 

デトックスに効果的なファスティングとは?

ファスティングの目的は体内に溜まった毒素を出すこと

ファスティングとは断食や絶食の一種で、野菜や果物(スムージーなどの飲料でも可)から必要最低限のカロリーやミネラル、ビタミンを補給しながら行うプチ断食のようなものです。胃にものは入れますが、胃や腸への負担も少ないものなので胃や腸を休ませることができるんですね。

ファスティングはあくまで食べないこと(断食・絶食)が目的ではなく、胃や腸を休ませるのが目的なので、基本的には消化・吸収・排泄をサポートしてあげながら胃や腸に休息時間を与えてあげるものと考えましょう!

 

kensuke
あくまで食べないわけではないので、断食を始めてやる人にとってもかなり入りやすい断食の方法ですね!

 

Sponsored Link

 

効果的なファスティングの方法

ファスティングを始めるときには基本的に午前中は水と果物だけで過ごして、胃や腸を休ませてあげるといいですね。ここで「病気にならない生き方」というベストセラーの著書である新谷先生のおすすめするファスティング方を紹介します。

おすすめのファスティング方法

  1. 前日の20時くらいまでに夕食をすませる
  2. 朝起きたら水を多めに飲む
  3. 季節の果物を摂る
  4. お昼までは加熱した食品を摂らない

ここにあるように、20時から翌日の12時まで腸を休ませてデトックスタイムにあててあげることで、腸の中に溜まった生ゴミ(便など)を処理することができるようになります。

そうすることで、腸の慢性疲労を少しずつ回復させてあげることができるようになるんですね。特に朝の時間は1日の中で一番腸の排泄活動が活発な時間帯で、ぜん動運動の活動も活発な時間帯なので、この時間に腸に休息時間を与えてあげることは、腸内のデトックスにはとても効果のあることなんですよ!

 

それからファスティングをしているときには、水分補給がとても大切になってきます。特に昼食もとった後も500mℓの水を少しずつ摂るようにすると、体の老廃物を排泄する働きを高めることができますよ。

 

kensuke
果汁100%ジュースの濃縮還元と表示のあるものは、加熱処理がされているので、ファスティングをするときには適さないので注意してくださいね!

 

 

食べない時間を作ることが大切

ここまでファスティングの効果について話してきましたが、ファスティングの効果があるのは腸だけではないんです。実はファスティングを行うことで、オートファジーという細胞の機能が働いて体中の細胞に溜まっているゴミも処理することができるようになるんですよ!

 

食べないことで働くオートファジーとは?

オートファジーとは
オートファジーは細胞が持つリサイクルシステムのことで、細胞内にあるタンパク質のゴミをアミノ酸に分解して、タンパク質を合成する際の材料として再利用することができる体のシステムです。細胞に溜まったゴミの処理ができるということですね。

これは体が飢餓状態になったときに作用する働きなので、常に満腹の状態では作動しません。このオートファジーの機能を作動させて細胞のゴミを処理するためには、定期的に空腹状態を作ってあげる必要があるんですね。

 

人間の体には食べないことで細胞のゴミ処理をして、さらに体の部品を作るための機能が備わっているということですね。健康のために栄養を摂ろうと食べてばかりだと、腸だけでなく細胞にまでゴミが溜まって負担をかけてしまうということです。いくら良い栄養を摂っても、細胞の働きが低下していたらエネルギーにすることができないので非効率ですよね?

逆に食べ過ぎを防いで腸に休む時間を作ってあげることができれば、便秘も解消されて腸の中もキレイになっていきますし、オートファジーの機能をうまく働かせることで細胞も活性化されるので、肌もキレイになって美容や健康にも役立つんですよ〜

 

kensuke
食べないことで元気になれる仕組みがぼく達の体には備わっているということですね!

 

 

あとがき

腸内デトックスに効果のあるファスティングですが、完全な断食ではないので断食を初めて試す人にとってはやりやすい断食方法のひとつです。実際に腸や内臓を休ませる効果も高いですし、週末だけでなく仕事のある平日でも取り入れやすいので、習慣にするとかなり健康的な体質になっていきますよ〜

 

kensuke
最近胃や腸などに疲れを感じている人はぜひ「ファスティング」を試してみてはいかがでしょうか!?

 

Sponsored Link

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです