落下腸はマッサージをすれば改善する!便秘の原因も解消

Sponsored Link

日本人の8割が抱えているというねじれ腸という症状ですが、それに似た症状で落下腸というものもあります。落下腸は腸が下腹部まで垂れ下がってしまう症状で、ねじれ腸と同じように便の移動がスムーズにできなってしまう原因になるので、便秘の症状の悪化にもつながってしまうんです。

 

kensuke
今回は落下腸を改善するマッサージや落下腸であるかのチェック方法についてまとめていきます。

 

落下腸は便秘の原因になる

落下腸になる人やなりやすい人に見られる傾向というのは、腸が固定されていないということです。腸が固定されていない状態になってしまうと、腸内に食べたものが入っていったときに、その重みで腸が下の方へ下がっていってしまうんですね。

ときには、あまりの重さで骨盤の位置まで腸が下がっていって、上にはあるたくさんの臓器の重みに押しつぶされてしまうので、腸が圧迫された状態になってしまいます。そうなることで、腸の通り道が狭くなってしまうので、便が腸の中をスムーズに移動しなくなってしまうんですね。これが落下腸によって便秘になってしまう原因です。

このような状態は特に慢性的な便秘の症状を抱える人に多く見られる傾向で、もともと便秘の人の腸がその重みでさらに下がってしまって、落下腸の症状によって便秘を悪化させている場合が多いんですね。特に子供の頃から便秘の人は、腸が下がりやすい傾向にあるので、腸の固定がされないまま成長してしまって、大人になっても症状を抱えたままの場合が多くなります。

 

 

落下腸をチェックする方法

落下腸の人には以下のチェック項目にあるような傾向が見られます。この中の2つ以上が当てはまるようであれば、落下腸である可能性が高いですね。こちらのチェック項目はねじれ腸をチェックするときの項目と重複する部分もあるので、同じチェック項目が被っていたら、ねじれ腸の疑いもあるかもしれません。

 落下腸チェック項目

  • 子供の頃から便秘がちである
  • 腹痛を伴う便秘になる
  • 便秘の後に下痢になる
  • 運動不足になると便秘になる
  • 立ち上がったときに下っ腹がポコッと出ている

いかがでしたでしょうか?こちらにあるチェック項目に当てはまるものが多ければ落下腸可能性があります。落下腸は体の外側からは症状がわからないので気付きにくいんですが、チェック項目の症状が見られるようであれば、落下腸を改善するための対応をすることで症状が和らぐこともあります。

 

kensuke
落下腸での便秘が繰り返されると腸内で便が詰まってしまうので、場合によっては腸閉塞などの症状に発展してしまうこともあるんです……

 

 

マッサージで落下腸を改善する

落下腸マッサージ

 落下腸マッサージの方法

  1. まずは、仰向けになって膝を立ててください。膝の角度は90度くらいにしましょう。
  2. 次に腰の下に枕やクッションなどをおいて、10cmくらい腰を浮かせる状態にしてください。このときに腰を浮かせて、頭の方に内臓が下がってくるようなイメージで傾斜をつくるといいですね。
  3. あとは下腹部からへその方に向かって、手で優しく腸を持ち上げる感じでさすってください。
    力の強さは自然にお腹がへこむくらいの強さで十分ですので、あまり力を入れすぎないように気をつけてくださいね。へそのある部分だけでなく、左右の腸も持ち上げるように全体をマッサージしてあげるとさらに効果があります。時間的には1分くらいで十分ですよ。
  4. そのあとは、下腹部にある腸を軽くつつくように指先でトントンと叩いて刺激を与えて見てください。これも下腹部全体に1分くらいでOKです。

以上で落下腸を改善するためのマッサージは終了です。これを1日2回朝と夜にやるだけでも、落下腸の症状がある場合には効果があります。落下腸の疑いがある場合にはぜひやってみてくださいね!

 

kensuke
1回2分で終わってしまうので、かなり短時間で落下腸を解消する効果が得られますね!落下腸の症状が原因で便秘の症状を引き起こしている場合には1週間も持続すれば自然な排便があるようになりますよ〜

 

Sponsored Link

 

落下腸を改善するためのその他の方法

腸のストレッチ

先ほど紹介したマッサージ以外に腸のストレッチも落下腸には効果的です。これは立ったままでもできる方法なのでちょっとしたときにもやりやすいですよ。

腸のストレッチの方法

  1. まずは、足を肩幅くらいに広げて両手を広げて立ってください。
  2. それから両手を振りながら左右に回すような感じでひねっていきます。
    このときには腸をひねりながら揺らしているイメージを持つことが大切ですね。

腸のストレッチはこれで終わりです。かなり簡単だし立ったままできるので、ちょっとしたときにやる癖をつけるといいですね。時間的には1回あたり1分間くらいやるだけで大丈夫です。あまりやりすぎたり、早く振り回すとると目が回って気持ち悪くなるので気をつけてくださいね。

 

kensuke
それから、横になれる場合には、横になった状態で体をひねっても腸のストレッチになります。これは落下腸マッサージのついでにやるといいですよ〜

 

逆立ち

意外かもしれませんが逆立ちは落下腸の症状を改善するのには効果的なんです。落下腸は腸が支えられずに重力で下がってしまった状態なので、体を逆向きにすれば重力がかかる方向が今までと反対になるので、腸が元の正常な位置に戻ってくるんですね。

ただ、逆立ちっていうとそんな簡単に誰でもできるわけではないですし、難しそうに聞こえますが本当の逆立ちではなくても大丈夫んなんです。要は腸が元の位置に戻るように重力がかかればいいわけなので、例えば壁の近くで横になって、足を這わせていくようにしていけば、逆立ちのような状態が作れますね!

 

kensuke
苦しいときには無理はしないようにしてください。倒れてケガをしたら本末転倒ですからね。

 

普段の姿勢でも背筋を伸ばすようにする

落下腸の人に共通することとして、落下腸の人は姿勢が悪いことが多いです。たいていの場合、ふと気がつくと背中が丸くなって頭が下がった姿勢になっていたりします。その状態のままだと、腸の上にある胃などの臓器が下がってきてしまって腸が圧迫されてしまっているので、腸が正常に機能しなくなってしまいますね。腸が下がって圧迫されている人は、下っ腹がポッコリとしたお腹になっていることが多いんですよ。

これを背筋を伸ばすように意識してあげることで、横隔膜や内臓全体が上に引き上げられるので、腹筋に力がかかって内臓を支えてくれるようになるんです。そうなると大腸の位置も引き上げられるので、腸の位置や形が整えられて便秘の症状などの改善が期待できるんですよ!

 

 

あとがき

落下腸の症状や改善するためのマッサージの方法についてご紹介してきましたが、マッサージをして便秘が悪化する人もいる(特に腸の動きが敏感になっている人)ので、様子を見ながら行うようにしてくださいね。それから、マッサージをするときにあまり力を入れすぎるのは、逆に腸や内臓を痛めてしまうから注意してください。

長い期間便秘の人は腸が伸びきって落下腸やねじれ腸になっていることも多いので、生活習慣や腸内環境を整えてもなかなか便秘が改善されない場合には、落下腸マッサージなんかを取り入れてみるといきなり効果がでることがあります。もしそれで改善されるようであれば、腸が正常な位置になるように内臓を支える腹筋やインナーマッスルを鍛えるようにしていきましょう!

 

 

 

Sponsored Link

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです