ETCマイレージサービスとは?登録方法と還元率がお得になる方法

Sponsored Link

高速道路や有料道路を利用するときにはETCカードを使うと料金が割引になるのは知られていますし、クレジットカードのETCを使えばポイントなどがたまるのでお得ですよね。ただ、こうしたポイントを貯める以上にもっとお得に高速道路を利用できるサービスがあるんです。

その名もETCマイレージサービス。このサービスはあまり知られていませんが、登録料や年会費は無料で登録できて、還元率は最大で10%にもなります。かなりお得なこのサービスですが、サービス自体がほとんど告知などがされていないので知っている人は意外と少ないのですし、利用するだけでもかなりお得なサービスなので、高速道路や有料道路をよく利用する方はこちらに登録しておいて損はないです!

 

kensuke
ということで、今回はETCマイレージサービスの登録方法や還元率についてまとめていきます!

 

ETCマイレージサービスとは

ETCマイレージサービスは申請したETCカードで高速道路や有料道路で通行料金を支払った際に支払い金額に応じてポイントがつき、そのポイントを通航料の支払いに使うことができる還元額に変換できるといったサービスです。

単純に高速道路や有料道路を利用して支払いを登録したETCカードで行うだけでどんどんお得なポイントがたまっていくので、普段の生活で高速道路や有料道路を使い頻度が多い人にとってはかなりお得なサービスになっているんですよ。

 

 

ETCマイレージサービスの登録料や年会費は無料

これだけお得なETCマイレージサービスですが、ETCを利用している人であれば登録料や年会費は完全無料で利用することができます。単純にETCカードを利用しているだけでは利用しているクレジットカード会社でのポイントが貯まるだけですが、ETCマイレージサービスに登録していれば高速道路や有料道路の利用金額に応じたお得な利用ポイントがもらえるので、知っている人はかなり得をするサービスなんです。

 

Sponsored Link

 

ETCマイレージサービスが利用できる道路

ETCマイレージサービスは全国の主な高速道路・有料道路で利用することができるので普段利用している道路が含まれている場合には登録した方が絶対お得です。

 

NEXCO東/中/西日本

  • 高速道全線
  • 一般有料道路
    北海道・東北地方
      深川留萌自動車道、日高自動車道、百石道路 、 秋田自動車道(琴丘能代道路/琴丘森岳~能代南)、秋田自動車道(秋田外環状道路/秋田北~昭和男鹿半島)、湯沢横手道路、米沢南陽道路、仙台北部道路、仙台東部道路、仙台南部道路、三陸自動車道(仙塩道路)
    関東・甲信越地方
      東水戸道路、圏央道 、京葉道路、千葉東金道路、東京湾横断・木更津東金道路(東京湾アクアライン連絡道、東京湾アクアライン)、富津館山道路、第三京浜道路、横浜新道、横浜横須賀道路 、小田原厚木道路、新湘南バイパス、西湘バイパス、東富士五湖道路、安房峠道路
    東海地方
      伊勢湾岸自動車道(伊勢湾岸道路/東海~飛島)、東海環状自動車道
    関西地方
      京都縦貫自動車道(丹波~大山崎)、京滋バイパス、京奈和自動車道(京奈道路)、第二京阪道路、南阪奈道路、関西国際空港連絡橋(*注)、湯浅御坊道路、第二神明道路
    中国・四国地方
      広島岩国道路、山陰自動車道(江津道路、安来道路)、高松自動車道(高松東道路/高松東~津田東)、今治小松自動車道(今治小松道路)、広島呉道路
    九州・沖縄地方
      椎田道路、西九州自動車道(武雄佐世保道路、佐世保道路)、長崎バイパス、宇佐別府道路、日出バイパス、延岡南道路、隼人道路、南九州自動車道(八代日奈久道路、鹿児島道路)

 

阪神高速道路株式会社

8号京都線のみ

 

 

本州四国連絡高速道路株式会社

全線

 

 

宮城県道路公社

三陸自動車道(仙台松島道路)

 

 

名古屋高速道路公社

全線

 

 

愛知県道路公社

知多半島道路、南知多道路、セントレアライン(知多横断道路、中部国際空港連絡道路)、猿投グリーンロード

 

 

神戸市道路公社

六甲有料道路、六甲北有料道路、山麓バイパス

 

 

広島高速道路公社

広島高速道路

 

 

福岡北九州高速道路公社

福岡高速道路、北九州高速道路

 

参考:ETCマイレージサービスHP

 

kensuke
日本全国の様々な高速道路や有料道路で利用できるので、車で旅行に出かけるときにもお得に利用することができますね!

 

 

 

ETCマイレージサービスのポイントの貯め方

ETCマイレージサービスのポイントの貯め方ですが、サービスに登録したETCカードを使ってサービスが利用できる高速道路・有料道路で通行料金を支払いするだけで自動的にポイントがたまっていく仕組みになっています。

ポイントの貯まり方については各道路管理者によって多少異なりますが、うまく貯めていくと利用料に対して最大10%もの割引に対応する還元額を受け取ることができるんですよ。

 

 

各道路管理者におけるポイントの加算数

東/中/西日本高速道路株式会社

東/中/西日本高速道路株式会社の場合には、1回の利用に対して10円につき1ポイントが加算されていきます。

 

本州四国連絡高速道路株式会社

本州四国連絡高速道路株式会社の場合も東/中/西日本高速道路株式会社と同様に、1回の利用に対して10円につき1ポイントが加算されていきます。

 

阪神高速道路株式会社

阪神高速道路株式会社の場合には阪神高速道路8号京都線の1回の利用に対して100円につき3ポイントが加算されていきます。

 

名古屋高速道路公社

名古屋高速道路公社の場合には名古屋高速道路の1回の利用に対して100円につき1ポイントが加算されていきます。

 

福岡北九州高速道路公社

福岡北九州高速道路公社の場合には福岡高速道路及び北九州高速道路の1回の利用ごとに100円につき1ポイントが加算されていきます。

 

愛知県道路公社

愛知県道路公社の場合には愛知県道路公社の道路の1回の利用に対して100円につき1ポイントが加算されていきます。

 

宮城県道路公社

宮城県道路公社の場合には宮城県道路公社の道路の1回のご利用ごとに10円につき1ポイントが加算されていきます。

 

神戸市道路公社

神戸市道路公社の場合には神戸市道路公社の道路の1回の利用に対して50円につき3ポイントが加算されていきます。

 

広島高速道路公社

広島高速道路公社の場合には広島高速道路の1回の利用に対して100円につき1ポイントが加算されていきます。

 

参考:ETCマイレージサービスHP

 

kensuke
各道路管理者によって多少のポイントの加算数は違いますが、単純にそのポイントがそのまま還元額になるわけではないので、よりたくさんの割引を受けるためにはポイントを還元額に変換する場合の還元率も重要になってくるんです。

 

Sponsored Link

 

ポイントを還元額に変換するときの還元率

うまくポイントを運用することでポイントの還元率が一番高くなるのが「東/中/西日本高速道路株式会社」と「本州四国連絡高速道路株式会社」で、こちらでのポイントから還元額への変換をする際の還元率は最大で10%まで上げることができるんです。

 

東/中/西日本高速道路株式会社と本州四国連絡高速道路株式会社のポイント還元率

ポイント 還元額
(無料通行分)
還元率
1,000ポイント 500円分 5.0%
3,000ポイント 2,500円分 8.3%
5,000ポイント 5,000円分 10.0%

 

参考:クレジットカードおすすめポイント/ETCを利用するならETCマイレージサービスは絶対に登録!

 

こちらのポイントは1,000ポイント、3,000ポイント、5,000ポイントの時点で還元額に変換できますが、ポイントを貯めれば貯めるだけポイントから還元額への還元率が上がっていきます。1,000ポイントと5,000ポイントでは5%も差が出てくるので、5,000ポイントまで貯められるようであればそこまで貯めた方が断然お得になりますね。

 

kensuke
ETCマイレージサービスを利用した場合にはこちらのポイント以外にも、さらにクレジットカード自体のポイントも貯まっていくので、クレジットカードによってはさらに還元率が上がってお得になりますね!

 

 

ポイントの有効期限

ETCマイレージサービスのポイントには有効期限があって、公式サイトによればポイントがついた年度から翌年度末までとなっているので、最短で1年、最長で2年になります。

このポイントは還元額へ変更してしまえば有効期限は無期限とアナウンスされてはいますが、実際には還元額であっても820日(2年90日)の間にポイントもしくは還元額に変動がない場合には、ETCマイレージサービス自体の登録が取り消されてしまうことがありるので、その場合には全てのポイントが失効してしまいます。

 

kensuke
還元額に変換できるまでポイントを貯められる人の場合には、2年以上も使わないことはなかなかないとは思いますが、しばらく使っていない場合には注意してくださいね!

※2年経った時点で「もうすぐ登録が取り消されます」といった連絡が来るみたいなので、連絡が来たときには一度サービスを利用すればまた2年間の猶予が生まれます。

 

 

 

ETCマイレージサービスへの登録方法

etc-mileage-service-top

 

ETCマイレージサービスへの登録はこちらの(>>公式サイト<<)の新規登録から登録することができるので、高速道路や有料道路を頻繁に利用する方は登録することをおすすめします。

 

Sponsored Link

 

あとがき

実際にぼくも最近まで存在を知らなかったので、これを知って今までの分のことを考えるとかなり損した気分になってしまいました。ETCマイレージサービスへの登録は無料ですし、年会費もかからないので頻繁に高速道路や有料道路を利用する人はもちろんですが、そこまでは利用しないけど年に数回は利用するといった場合にも登録しておいても損はないはずです。

 

kensuke
気になった方は登録だけだもしておいてはいかがでしょうか?

 

 

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです