加湿器の効果的な置き方とは?肌の乾燥には効果があるのか!?

effective-setting-of-humidifier
Sponsored Link

寒い季節は空気が乾燥しているので鼻や喉が乾燥して痛くなったり、肌の調子も変わってきたりしてきてしまいますよね。ぼくは子供の頃は群馬県に住んでいたのですが、地元群馬では「かかあ天下とからっ風」という言葉があるくらい乾燥した地域で生活していました。学校で冬場に窓を開けていようものなら、廊下が風によって運ばれた砂で真っ白になるくらいの地域です。

そんな乾燥の季節に強い味方になってくれたのが加湿器。加湿器なしではぼくは冬場の群馬での生活は考えられませんでした。でも、この加湿器もいくら乾燥した地域とはいえ使い方を間違えてしまうと、室内にカビを発生させてしまう原因になったり、効果が薄くなってしまうこともあります。逆を言えば、加湿器の置き方や使い方を工夫して正しく使用すれば、より効果を高めて快適な環境を作れるということなんです。

 

kensuke
ということで、今回は加湿器の効果的な置き方についてまとめていきます。

 

快適に過ごすための湿度は50〜60%

湿度が65%を超えると不快感を感じる

いくら乾燥していた季節とは言っても加湿器を使って湿度を高めすぎてしまうのもまた、体に不快感を感じさせてしまいます。夏場のじっとりした状態を思い出してみてください、湿度を高くしすぎてしまうとあのジメジメした不快な感じになってしまうんです。

ぼく達の体は湿度が65%以上になってくると不快感を感じることが多いので、湿度はそれ以下になるように設定した方がいいですね。

 

 

カビやウイルスの活動が活発になるのを防ぐ

冬の乾燥した季節には風邪やインフルエンザなどのウイルスの活動が活発になりますよね。このウイルスの活動が活発になるのは湿度が40%以下の環境です。ということは、生活環境をこれ以上の湿度にしておけばウイルスの活動を抑えることができるので、風邪やインフルエンザの予防になるんですね!

それから、今度はジメジメした環境を好むカビについてです。カビは湿度が60%以上のジメジメした環境下で活動が活発になります。いくら乾燥しているからといって室内の湿度を上げすぎてしまうと、いつの間にか部屋にカビが発生していたなんてことになりかねませんので、適切な湿度になるように調整をしましょう。

 

 

肌を乾燥から守る

ぼく達の肌は湿度が60%以下になると乾燥を感じ始めて、50%以下では完全に乾燥状態になってしまいます。特に乾燥肌の人は湿度が50%以上になるように注意しておいた方がいいですね。

 

 

湿度を50〜60%の範囲に保つことで

  • 不快感を感じずに快適に過ごすことができる
  • カビやウイルスの活動を抑える
  • 肌を乾燥から守る

といった効果が期待できるんですね。

 

kensuke
過ぎたるは猶及ばざるが如し」湿度が高すぎてもいけないんですね。適度な湿度設定をして快適な環境を作りましょう!

 

Sponsored Link

 

加湿器を置かない方がいい場所

加湿をして快適な環境を作ってくれる加湿器ですが、置き場所を間違えてしまうと効果を発揮できなくなります。湿度を高めすぎてしまうことでカビが発生する原因になってしまいますし、室内の電化製品にも影響を与えて、最悪の場合には故障の原因にもなってしまいますので、置き場所には注意が必要です。

 

 

壁やカーテンの近くはカビの発生原因になる

加湿器を置く場合に窓やカーテンの近くにいてしまうと、そのまま蒸気が当たって結露してしまいカビの原因になってしまいます。

また、和室で使う場合にも障子やふすまなどの襖などの近くで使用すると材質自体を痛めてしまうこともあるので、こうした場所の近くでは使わないように注意してください。

 

 

暖房の風が直接当たる場所やエアコンの吹き出し口の近くなどは加湿器がうまく機能しない

加湿器を暖房の風やエアコンの吹き出し口の近くなど、暖房の風が直接当たる場所に置いてしまうと、加湿器がその温度を感知してしまうので、正常な設定湿度で機能しなくなってしまいます。

特に暖房による風の温度を感知した場合には、温度が高いのでもっと水分を出さなくてはいけないと勘違いして、設定した湿度以上の蒸気を放出するようになるので、部屋がジメジメとしてしまいまうんです。

 

kensuke
エアコンの近くで使用した場合には、エアコン内に蒸気が入り込んでカビを発生させてしまう場合もあります。カビが発生したエアコンから出る風なんて最悪ですよね……

 

 

TVなどの家電の近くは故障の原因になる

TVなどの家電の近くで加湿器を使用してしまうと、蒸気による水滴が内部などに入り込んで故障の原因になってしまいます。そんなこと当たり前のことだと思うかもしれませんが、一人暮らしなどあまり広くない部屋で加湿器を使う場合には、置き場所に十分に注意してください。

 

 

 

加湿器を置くのに効果的な場所

これまでの話を踏まえつつ、加湿器の効果を効果的に発揮するための置き場としては部屋の中央など加湿器の蒸気が全体的にバランス良く広がることのできる場所ですね。ただ、部屋のど真ん中となると電源のためのコンセントだったり、邪魔になることが多いですよね……

あくまで蒸気がバランス良く広がる場所ではあるので、置かない方がいい場所としてあげた壁の近くであっても、空気の流れていて滞留しにくいようであれば問題ないですよ。

 

それから、加湿器は床に直接置かずに台の上などに置いてある程度の高さがあった方が効果を発揮してくれます。床の付近は室温が低いことが多いので、加湿器が蒸気を出すためにたくさんパワーを使ってしまうからですね。

ただ、ある程度高い方がいいからといってあまり高くしすぎてしまうと、今度は天井に近くなってしまって結露ができてしまう恐れもあります。加湿の方向にもよりますが、あまり高すぎず、かつ、低すぎず、大体70〜100cmくらいの高さがちょうどいいですね。

 

kensuke
空気が動きやすいからといって、出入口の近くなど近くに置いてしまうと今度はせっかく加湿した空気が逃げて行ってしまうので注意してください。

 

 

 

加湿器の肌への効果

加湿器によって室内の湿度を快適な状態にすることで肌にとってはいい効果が期待できます。室内の空気が乾燥した状態から湿度が快適な状態になると、体感温度も上がるので体の代謝が活発になるんですね。そうなることによって冷えによる肌へのダメージも軽減されますし、快適な環境になったことによって肌の水分蒸発も予防できるので潤いが保たれるようになります。

 

 

肌に加湿器の蒸気を直接当てるのは逆効果

小さい加湿器などで肌に直接蒸気を当てることで潤いを与えるものがありますが、実はそうした加湿器は逆に肌を乾燥させてしまうことが多いです。

肌に直接蒸気を当てて肌に水分をつけた状態にしてしまうと、その付着した水分が蒸発するときに肌の水分を必要以上に奪ってしまい、より一層乾燥肌が悪化させてしまうんです。

 

kensuke
肌に水分を与えた場合には、それを逃さないようにしっかりと保湿してあげましょう!

 

 

加湿器の効果を高める使い方や注意点

加湿器はこまめなメンテナンスや正しい使用方法を守ることで、正常な機能を長く維持することができます。

 

 

浄水器の水やミネラルウォーターは使わない

加湿器を使うのにできるだけいい水を使おうとして、浄水器の水やミネラルウォーターを使うのはあまりおすすめしません。浄水器の水やミネラルウォーターには水道水に含まれている塩素などの消毒成分が含まれていないので、加湿器内で細菌が繁殖しやすいからです。

 

kensuke
それから、ミネラルウォーターに含まれるミネラル分は加湿器のフィルターに詰まったりして故障の原因にもなります……

 

 

使用後の水はこまめに捨てる

加湿器を使用した後に数日使わなかったりしてしまうと、加湿器内の水の中で細菌が増殖してしまうので、次に使うときにそのまま水を変えずに使ってしまうと、その細菌たちを空気中に撒き散らすことになってしまいます。これでは空気を良好に保つための加湿器の役割が本末転倒になってしまいますよね。

 

kensuke
次に使うときだけ水を入れ替えても、繁殖した細菌が奥のフィルターなどに付着している恐れもあるので、使用まで時間が空くようであればなるべく加湿器内には水を溜めておかないようにした方がいいですね。

 

 

フィルターを定期的に掃除してあげる

加湿器の機能を最大限に発揮してその機能を長期間維持したいのであれば、こまめにフィルターを掃除してキレイな状態にしておくことが一番です。毎日の使用で1日中使っているようであれば、月に1〜2回程度のフィルターのお手入れをしてあげましょう。

 

Sponsored Link

 

あとがき

いかがでしたでしょうか?今回の話をまとめると、

 

加湿器の効果的な置き方のポイント

  • 加湿器は蒸気が拡散しやすい場所に置く
  • 湿度は50〜60%に設定する
  • 床から70〜100cmの高さに設置すると効果が高まる
  • 使用するは水道水を使って、こまめにお手入れをしてあげる

 

といったことでした。

加湿器はこうしたちょっとした置き方や使い方の工夫をしてあげることで、効果をより高めることができますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

effective-setting-of-humidifier

記事をシェアしていただけたら嬉しいです