豆乳の効果は男性にもメリット大!美肌・髪の毛・体臭・筋トレに影響

スポンサーリンク

豆乳の効果は男性にもあるということをご存知でしょうか?

女性がよく飲む飲み物の印象のある豆乳ですが、実は男性にとっても美肌効果・抜け毛予防・髭や体毛の抑制・筋トレに効果を発揮してくれる飲み物であると言われています。

実はぼくもこうした効果を狙って、健康のために豆乳を飲んでいるのですが、けっこうハマってます。すぐに効果が出るわけではないのですが、飲み続けることで少しずつですが、いろいろな健康への効果を実感することができますよ!

こちらの記事では、豆乳が男性に与える健康・美容効果についてまとめています。また、豆乳を飲むタイミングや飲みすぎた場合についても解説していますので、最後までお楽しみください。

 

豆乳の効果は男性にもメリットが大きい

美容や健康のために女性が飲むイメージの強い豆乳ですが、実は豆乳を飲むことで、男性にとっても美容や健康面への効果は高いんです。しかも、豆乳は栄養成分などもの豊富に含まれていますので、筋トレなど意外なものにまで効果を発揮してくれます。

まず初めに、豆乳を飲むことで男性にとってどのような効果があるのかについて見ていきます。

 

美肌効果(肌荒れ改善)

健康に効果的な栄養素が豊富に含まれている豆乳ですが、その中でもビタミンB1、B2、Eなどの成分は美肌効果を発揮してくれる成分です。

肌に良いビタミンといえばビタミンCが思い浮かぶかもしれませんが、実はこれらのビタミンB1、B2、Eなどの成分は肌にコラーゲンを与えて老化を防ぐ作用があるので、プルプルとした肌が形成されるのをサポートしてくれるんです。

 

そして、豆乳には良質なタンパク質が含まれているのですが、豆乳に含まれているタンパク質にはリノール酸と呼ばれる成分が含まれています。

このリノール酸はアンチエイジングの効果があるとされていて、肌の老化を防止してくれたり、保湿を促してくれる効果があるんですね。

 

豆乳を飲むことで、豊富なビタミンやアンチエイジング効果のあるタンパク質を摂取することができるので、キレイな肌の形成に効果を発揮してくれるということですね。

ぼくも豆乳を飲みだしてから、保湿効果が高まったからなのか、肌の潤いが増えた気がしますし、毛穴も目立たなくなってきました。なんとなくですが、肌の色やツヤも良くなった気がします。

 

スポンサーリンク

 

髪の毛への効果(抜け毛予防)

男性にとっては、抜け毛というのも大きな悩みのひとつですよね?

ぼくも以前は建設会社に勤めていたこともあって、1日中ヘルメットを被りっぱなしの生活で、頭皮にあまり良い生活環境では過ごしていなかったので、髪の毛についてはかなり心配なんです。

一応、気を使うようにはしていて、気が付いたときには自分で頭皮マッサージをしたり、美容室に行ったついでにヘッドスパをお願いすることもあります。

でも、やっぱり正直ちょっと不安はあるんですよね、なんだか、30歳あたりから寝室の抜け毛増えた気もしますし……

 

抜け毛については、「いきなり全ての髪の毛が抜けて一気に禿げてしまう」ということはないでしょうが、少しずつ侵食して行ってしまうので、普段の生活もかなり影響してくるのは事実です。

そう言ったことも踏まえて、毎日の中で少しでも髪の毛に影響が行って、抜け毛の要望になるものを摂取するようにしています。

 

抜け毛の予防する方法のひとつとして、「男性ホルモンの働きを抑制する」という方法があるのですが、豆乳もこの効果を発揮してるれる飲み物のひとつなんです。

実は豆乳を飲むと、豆乳に含まれる大豆イソフラボンの働きによって、体内の女性ホルモンの働きが活性化します。女性ホルモンの活動が相対的に活発になれば、男性ホルモンの働きは相対的に抑制されるので抜け毛が減るということなんですね。

この他にも、豆乳に含まれるレシチンという成分の効果で、頭皮に栄養が行き渡るようになるので、髪にハリやコシも出てくるようになるとされています。

 

髪の毛については、早々すぐに悔過が出るものではないですし、数年後に髪の毛が残っていたときに「それが豆乳のおかげか?」と言われると、確かな答えは出せません。

ですが、こうした毎日の気遣いのおかげで将来の自分が髪の毛に悩まない存在でいることができるのであれば、少しずつでも良いので、髪の毛に良いとされているものを取り入れるべきと考えて、実行しています。

 

髭や体毛への影響

男性の象徴でも在る髭ですが、こうした髭の濃さに悩まされる人も多いですよね。確かにぼくも若い頃は気にしていなかったのですが、年齢を重ねるにつれてどんどんと髭が気になるようにはなってきました。

ちょっと濃くなったのと、髭に硬さが出てきた感じですかね。剃るときも気をつけないと痛いときもあります。

ぼくは髭自体が生えることについては、あまり気にしてはいないですし、生やしたいと思ったときには生えるような状態にしておきたいので、脱毛も考えてはいないのです。

ただ、もう少し柔らかく、薄い髭であれば「普段の髭剃りが楽だな〜」とは感じています。

 

この髭についてですが、「男性ホルモンの働きを抑えることで、髭が生えるのを抑制することができる」という話があります。確かに、口周りに気が生えるのは男性ホルモンの働きによるものですので、男性ホルモンの働きを抑えれば、髭は柔らかく、薄くなりそうですね。

 

豆乳を飲むことでこの髭の問題についても効果を発揮してくれそうです。先ほども話に出てきましたが、豆乳を飲むことで大豆イソフラボンの働きで、女性ホルモンの働きが活性化するので、相対的に男性ホルモンの働きが抑制されます。

つまり、豆乳を飲めば髭が柔らかくなって、薄くなるということですね。

 

実は豆乳にはこの他にも、豆乳に含まれているサポニンという成分が、皮膚を柔らかくして毛穴をキレイにしてくれる効果があります。

豆乳に含まれている「大豆イソフラボン」と「サポニン」の2つの成分のおかげで髭が柔らかく薄くなって、毛穴までキレイになるということですね。

髭が薄くなって、周辺の肌もキレイになるということは、髭剃りのときの肌荒れに悩んでいる方にとっては豆乳は強い味方になりますね。

 

ここでは、髭について話をしてきましたが、多くの体毛は男性ホルモンが影響していることが多いです。豆乳を飲むことで、男性ホルモンの活動が相対的に抑制されば、体毛自体も薄くなるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

豆乳は直接飲んで内側から効果を得るのも良いですし、髭と髭剃りのときの肌荒れに悩んでいる場合には、肌から直接豆乳に含まれる成分を与えるローションを使えば、効果を出したい場所により効果的に豆乳の成分を浸透させることができます!

>>>肌にやさしい!ムダ毛処理後の肌を整える!パイナップル豆乳ローション

 

 

筋肉トレに効果を発揮

意外かもしれませんが、実は豆乳は筋トレにも効果を発揮してくれます。

よくスポーツ選手などが筋トレをして、肉体改造などをしているときに「高タンパク質の食事をする」ということを耳にしますが、豆乳は大豆から作られていますので、良質なタンパク質が豊富に含まれているんです。

特に豆乳のタンパク質は、よく知られている動物性のタンパク質とは違って健康面への効果も期待できるんですね。

 

筋肉を効率的に付けていくためには、アミノ酸を摂取する必要があるんですが、アミノ酸を摂取するときに動物性タンパク質から摂取してしまうと、脂肪や悪玉コレステロールも一緒に摂取してしまうことになります。

もちろん、動物性タンパク質を摂取しても筋肉を付けるのには効果はあるのですが、脂肪や悪玉コレステロールも一緒に摂取してしまうので、太ってしまう可能性もあるんです。

 

逆に、植物性タンパク質は脂肪やコレステロールは含まないというメリットがあるのですが、体内に蓄積されにくいタンパク質なので、筋トレのときのタンパク質の摂取にはあまり向いていないとされていました。

ただし、豆乳のタンパク質の場合には、植物性タンパク質ではあるのですが、動物性タンパク質と同じように体内に蓄積されやすいという夢のような性質を持っています。

つまり、筋肉を付けるときに豆乳を摂取することで、動物性タンパク質よりも太りにくく、吸収のされやすいより効果的なタンパク質を摂取することができるということになるんです。

 

筋トレのときにプロテインを使っている方は、豆乳の成分を取りながら、効果の高いタンパク質を摂取するのであれば、ソイプロテインに変えてみるもの良いですね。

 

 

「プロテインは飲みにくくてちょっと……」という方は豆乳で、良質なタンパク質を摂るようにすようにすると筋トレの効果を高めることができます。

あとは、サプリメントだと持ち運びができるので、気軽に摂取することができるようになります。送料だけで、効果を試すことができるサプリメントもあるので、そういったものを試してみるのもありですね。

送料だけで試せるサプリメント>>>今なら初回送料500円のみ【ストライクHMB】

 

 

体臭への影響

豆乳が体臭の改善に効果があるという話を聞いたことがありますが、実際にその効果はあるのでしょうか?

個人的な意見ですが、その効果は「ある」といっても良いと思います。

ただし、これは豆乳自体に効果があるというわけではなくて、豆乳によって体質が改善されて体臭が減るということです。

実は体臭の原因のひとつには腸内環境の影響が関係していることがあります。

腸内環境が悪化してしまって、腸の中に悪玉菌が増えてしまうと、腸の中で腐敗ガスを発生したり、老廃物が溜まっていきます。この発生した有毒物質が腸から吸収されて、血液に乗って体全体を巡ります。

この老廃物質が身体中の毛穴から汗などとして分泌されてしまうと、臭い体臭の原因になってしまうんです。

豆乳には腸内環境の改善のために効果的な「オリゴ糖」が含まれています。このオリゴ糖は、腸内に棲んでいる善玉菌の活動を活性化させる効果があるので、腸内環境が改善されれば、体臭の原因である老廃物質などを減らすことができるということに繋がります。

つまり、腸内環境の悪化が原因で、体臭が出てしまっている場合には、豆乳を飲むことで体臭が改善することがあるということになるんです。

腸内環境の改善についてはこちらの記事でご紹介しています。
>>>腸内環境の改善効果が出る期間!食事方法を意識して良好な腸内環境に

豆乳が腸にどのような影響を与えるのかについては、こちらの記事をご参考にしてください。
>>>豆乳は便秘解消に効果的!豆乳で便秘になってしまう人の共通点は?

 

豆乳が与える男性への効果まとめ

  • 肌の保湿効果が高まって、ツヤが出るなどの美肌効果がある
  • 抜け毛の原因になる男性ホルモンの活動が相対的に抑制される
  • 髭や体毛が柔らかくなり、薄くなる
  • 良質なタンパク質が摂取できるので、筋トレの効果を高めることができる
  • 腸内環境が改善されれば、体臭も改善する

 

kensuke
豆乳は男性が飲んでもたくさんのメリットがあるということですね!

 

スポンサーリンク

 

 

男性ホルモンの働きについて

先ほどから話には出てきていますが、豆乳を飲むときの効果に関してよく耳にするのが大豆イソフラボンと男性ホルモンの関係です。大豆イソフラボンは体内に入ると、女性ホルモンに近い働きをしてくれるので、男性ホルモンとのバランスに関係してくるからなんですね。

ちなみに、男性ホルモンがぼくたちの体に与える影響についてまとめると、

男性ホルモンが体に与える役割

  • 筋肉や骨の生成を促す
  • 体毛を促進する
  • 性欲を活性化させる
  • 気分の落ち込みを抑える

といったような働きがあります。

そして、こうした効果以外に男性が気になってくるのが、男性ホルモンは抜け毛の原因となるということです。

男性ホルモンはその働きが強くなりすぎてしまうと、抜け毛が増えてしまうということなんですね。こうした男性ホルモンによる抜け毛を抑えるためには、男性ホルモンの働き自体を抑える必要があります。

 

豆乳には先ほどからお話しているように、大豆イソフラボンによって、男性ホルモンの活動を相対的に抑制する効果もありますし、そもそもの男性ホルモン自体の活動を抑える働きのあるエストロゲンも含まれています。

そのために、豆乳はこうした男性ホルモンの働きによる作用を抑えてくれる効果があるので、気になる項目がある場合には、効果を発揮してくれることがあります。

 

kensuke
豆乳を飲むことは男性ホルモンの活動を抑制する効果があるということになりますね。

 

ここまできて、豆乳には様々な栄養成分が含まれているということがわかったと思います。それでは一体、どの成分がどんな働きをしているのでしょうか?

豆乳に含まれる栄養成分について、ちょっとまとめておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

豆乳の栄養成分の主な役割

大豆イソフラボン

豆乳の主な成分でよく聞くのが、大豆イソフラボンですね。こちらの記事でもたびたび登場しているので、覚えてしまったかもしれませんね(笑)

豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、体内に入ると女性ホルモンに似た働きをしてくれる成分で、男性が豆乳を飲んだときに特に関係してくるものです。男性ホルモンが出過ぎていることで体に出てくる症状や病気の予防になるんですね。

 

男性の病気の予防として特に大きいのが、前立腺ガンの予防です。前立腺ガンは、男性ホルモンの過剰な分泌が原因で引き起こされるものなので、女性ホルモンに似た働きをしてくれる大豆イソフラボンを定期的に摂取することで、男性ホルモンの働きを抑えて前立腺ガンの予防効果が期待できるんですね。

 

kensuke
その他にも、大豆イソフラボンの働きによって男性・女性ともに共通してくる効果は、生活習慣病の予防や基礎代謝の向上による美肌効果です。

 

レシチン

大豆に含まれる(※)不飽和脂肪酸であるレシチンは、血管の内を掃除してくれる役割を持っています。血管の内側にこびりついたコレステロールを溶けやすくして、細胞内の老廃物を血液中に溶かすので、血管内をキレイにして血行を良好にしてくれるんですね。

 

kensuke
血管についた汚れがなくなって栄養分がスムーズに体を巡るようになるので、ダイエットにも効果を発揮してくれますし、頭皮にも栄養が行くようになるので抜け毛予防にもなるんですよ。
不飽和脂肪酸

常温では固まりにくい脂質で、体内では液体の状態で存在するものです。血中の中性脂肪やコレステロール値を調節する働きをしてくれます。

 

サポニン

サポニンは脂肪の吸収を抑制して蓄積を抑え、血中の悪玉コレステロールを低下させる効果があります。肥満を予防する効果があるのでダイエットをした場合には積極的に摂取するといいですね。

他にも、「髭や体毛への影響」のお話のときに出てきましたが、皮膚を柔らかくして、毛穴を綺麗にしてくれる効果もあります。

 

大豆は消化に良くないと言われていますが、豆乳は大豆の組織を壊して消化の悪い繊維質を取り除いたものなので、意外にも消化吸収が良いんですよ。栄養的には優れているけど消化はあまり良くない大豆の栄養成分を、消化吸収の良い状態に加工したのが豆乳なんです!

 

kensuke
豆乳は大豆の栄養素を効率的にとることができる飲み物ということですね!

 

豆乳は男性が摂取することでも、美容や健康面にかなり効果が高いということがわかりました。ということで、さっそく日常の生活に取り入れてみようと思われた方も多いのではないでしょうか?

でも、ちょっと待ってください。いくら健康に良いからといっても、豆乳を摂取しすぎてしまうと、体に悪影響を与えてしまう場合もあるんです。

では、一体どのくらいの量を摂取するのが良いのでしょうか?

ここからは、豆乳を1日にどのくらい摂取したらいいのかについてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

豆乳の摂取量

男性が豆乳を飲むときに注意したいのが、過剰摂取をしないということです。

実は豆乳は過剰に摂取してしまうと、大豆イソフラボンの作用で精子が減少するなどの男性機能の低下や、胸が膨らんできたりする場合があるということが報告されています( ※40代の男性が豆乳を過剰摂取したことにより、胸がDカップまで膨れ上がったという事例もあるんです)。

胸が膨らむとか、ちょっと嫌ですよね……

「面白いかも……」と興味を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、ぼくは勘弁願いたいです。

 

そうならないため、そして、豆乳の美容と健康の効果をうまく取り入れるためには、1日の適切な摂取量を守っていく必要があるんですね。

そして、豆乳に含まれる大豆イソフラボンを男性が1日にとるべき摂取量は、

 

70〜75mg

 

とされています。

これって実際に飲む豆乳に換算すると、一体どのくらいの量なのでしょうか?

豆乳メーカーとして有名な紀文の豆乳で大豆イソフラボンを比較してみると、

 

soymilk

 

となっています。

無調整豆乳であれば、ほぼコップ一杯(200mℓ)の豆乳で摂取できてしまうということですね。調整豆乳でも300mℓ飲めば摂取できます。

逆に飲みやすい豆乳飲料は実際に含まれている大豆イソフラボンの量は少なくて、いくら豆乳飲料だからといっても大豆イソフラボンの摂取にはあまり向いていないんです。

効率よくイソフラボンを取りたいのであれは、無調整豆乳か調整豆乳がおすすめですね。

 

kensuke
豆乳でイソフラボンをとるなら、豆乳飲料ではなくて、無調整豆乳か調整豆乳がおすすめですよ!

 

「無調整豆乳は味がちょっと苦手……」

という方も多いのですが、そういうときには、コーヒーなどのミルクの代わりとして無調整豆乳を使うのもいいですよ。コーヒー自体もかなりまろやかな味ににあるので、ブラックコーヒーが苦手な人にはおすすめの飲み方です。

 

それから、大豆イソフラボンは1日に摂取しすぎてしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまうので、注意してください。

ぼくも一時期、豆乳にハマって1日にガブガブと飲んでいた時期があったのですが、お腹の調子を崩したり、肌荒れがひどくなったりしました。

 

kensuke
過ぎたるは猶及ばざるが如しです。何事も適量がいいですね!

 

スポンサーリンク

 

豆乳を飲むタイミング(時間帯)

ここまでは豆乳の効果について話をしてきましたが、実は豆乳を飲むタイミングが考えるとその効果をより高めることができます。

自分が効果を得たいものに効果的な時間帯を覚えておいて、豆乳の美容・健康効果をさらに高めましょう!

 

筋トレや美肌に効果的なタイミング

筋トレの効果を高めたいのであれば、就寝前に豆乳を摂取することをおすすめします。

就寝前に豆乳を摂取すると、体が就寝中に行ってくれる痛んだ筋肉を回復する作業の手助けをしてくれますので、筋肉を付けたいときには効果を高めてくれます。

他にも、夜には成長ホルモンが出るゴールデンタイムと呼ばれる時間帯もありますで、このときには大豆イソフラボンの効果が発揮されやすくなり、肌や髪への影響も大きくなってくれます。

 

ちなみに、夜に豆乳を飲むと脂肪がつきそうなイメージがありますが、豆乳は必須アミノ酸によって脂肪を分解してくれる作用があります。つまり、豆乳を夜に飲んでも脂肪として蓄えられないので、太らずに効果を発揮してくれるということになりますね。

 

送料だけで試せる筋トレ用サプリメント>>>今なら初回送料500円のみ【ストライクHMB】

 

ダイエットに効果的なタイミング

ダイエットのために豆乳を取り入れるときには、空腹時や食事をする30分前に摂取するのが効果的です。

空腹時に豆乳を摂取すると、満腹中枢が刺激されやすくなるので間食を防ぐことができるようになるので、ダイエットに繋がるんですね。

そして、食事をする30分前に豆乳を摂取すると、空腹時と同じように満腹中枢が刺激されて食事中の食べ過ぎを防ぐことができるようになります。さらに、サポニンによって脂肪の吸収も抑えられるので、血糖値の上昇が抑えられるので太りにくくなるんです。

 

スポンサーリンク

 

便秘解消に効果的なタイミング

豆乳を便秘解消のために飲むのであれば、起床後に飲むのが効果的です。腸の活動は1日の中で午前中がもっとも活動的になるので、活動が活発になるタイミングに吸収されるように豆乳を摂取すれば、便秘解消の効果をさらに高めることができるということになりますね。

豆乳に含まれているオリゴ糖が腸内の善玉菌を活性化して、食物繊維が腸内のゴミを集めて腸に刺激を与えてくれるということなんです。

豆乳が腸にどのような影響を与えるのかについては、こちらの記事をご参考にしてください。
>>>豆乳は便秘解消に効果的!豆乳で便秘になってしまう人の共通点は?

 

kensuke
時間帯によって効果はそれぞれですが、夜に飲むと一番効果が高いです。就寝前の30〜60分くらい前がおすすめですよ!

 

 

あとがき

豆乳が男性に与える美容や健康への効果についてまとめてきましたがいかがでしたでしょうか?

豆乳の男性への効果は、

豆乳が与える男性への効果まとめ

  • 肌の保湿効果が高まって、ツヤが出るなどの美肌効果がある
  • 抜け毛の原因になる男性ホルモンの活動が相対的に抑制される
  • 髭や体毛が柔らかくなり、薄くなる
  • 良質なタンパク質が摂取できるので、筋トレの効果を高めることができる
  • 腸内環境が改善されれば、体臭も改善する

といったことでしたね。

こうしたことに対して悩みがあるのであれば、日常の食生活に豆乳を取り入れてみてはいかがでしょうか?

豆乳は日常的にあまり大豆を摂取しない人にとってはその部分を手軽にサポートしてくれる強い味方です。なんにせよ摂りすぎはいけないですが、しっかりと摂取量を守れば体に良い影響を与えてくれますよ。

ただ、豆乳を飲んだからといってすぐに効果が出るわけでもなく、人間の肌や髪の毛が生まれ変わる周期によって効果が出てきます(だいたい1〜3ヶ月くらい)。日々の食生活をサポートする項目のひとつくらいに考えておきましょう。

 

kensuke
健康も日々の積み重ねが大切ということですね!

 

こちらの記事も合わせて読まれています!
>>>食べても痩せるヘルシースナッキングとは?正しい方法と注意点
>>>1日の目標歩数の距離とカロリーを平均値から計算!歩くと健康に好影響
>>>昼夜逆転生活の治し方!オール(徹夜)をして1日で元の生活に戻す
>>>水分補給にお茶を飲むのはダメ!?お茶を飲むときの注意点とは?
>>>足を組む癖の直し方!足組みで骨盤が歪んで体に悪影響が!?
>>>鼻毛を抜くのが危険な理由!くしゃみが止まらなくなるのはなぜ?
>>>大人のおたふく風邪の症状は酷くなる!?男女共に合併症には要注意!
>>>亜麻仁(アマニ)油の驚くべき効果!知っておきたい8つの効果・効能
>>>話題のメンズ眉毛サロンを体験!眉毛が生まれ変わった‼︎
>>>ポケモンGOと一緒に使いたい歩くとお得になるアプリやサービス!

 

>>>肌にやさしい!ムダ毛処理後の肌を整える!パイナップル豆乳ローション

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です