1日1食生活を1週間やって感じたこと

Sponsored Link

ぼくはもともと食事は1日3食べることは少なくて、基本的に1日に2食、場合によっては 1食のみで生活していることが多いです。

今月からシェアハウスに移住してきたので、実家にいた頃に比べれば食事の時間も回数も自分の好きに取れるようになったので、1週間1日1食生活を実施してみました。

 

 

 

1日1食は夕食のみ

この1食はできればお昼にとる方がいいみたいですが、友人に食事に誘われたりというのも考慮して、ぼくは夕食にしました。

本来はこの1食は昼食にして、食べたものをエネルギーとして使った方がいいです。夜にしてしまうと、体が蓄える方向にエネルギーを吸収するので、太ってしまう恐れが……

 

 

 

バランスよく食べる

-shared-img-thumb-DB88_kuisugi15135631_TP_V

 

食事が1回になってしまったので、この1回の食事が重要になってきます。野菜だけでなく肉やお米などいろいろなものを摂るようにしました。ここで変に、野菜だけとかフルーツのみとかにしてしまうのは体を壊すので良くないです。

なるべくバランスの良い食事を心がけましょう。

 

Sponsored Link

 

1日1食生活の実践

1〜3日目

意外と食べなくてもそこまでお腹も空かない。体が軽くて仕事に集中できる。朝の目覚めも良いですね。それと、夕食の1食がたまらなく美味しくて、食べることへの感謝が改めて感じました。

 

 

 

4〜5日目

ちょっと昼過ぎから夕方にかけて、空腹が気になってくるのと、そのせいで作業への集中力が落ちました。体調自体は良好で、朝の目覚めも◯。

 

 

 

6〜7日目

-shared-img-thumb-KC150711409162_TP_V

 

明らかに午後の集中力が落ちます。時間を気にして、『早くご飯食べたい!』という思いが頭を駆け巡り、夕方くらいから作業効率が明らかに悪くなった。それとお腹が減りすぎたせいで、1食の量が多くなってしまい、食後に苦しい思いをしました。

 

Sponsored Link

 

体調は良好

集中力は落ちましたが、体調の方は体が軽くて良好。寝起きもスっと起きれて快調でした。便通もちゃんと毎日あって、快腸でしたよ。

 

 

 

あとがき

今回 1 日 1 食生活を 1 週間続けてみて、確かに体は軽くなって良い感じではありましたが、ぼくの場合午後の集中力がガクッと落ちて、仕事に集中できませんでした。そうすると、 1 日の時間を無駄にしてしまった感情が芽生えて、悲観的になってしまいます。

以前の職場では仕事が忙しくてご飯を食べる時間がなかったのですが、仕事に対してのプレッシャーで、常に集中していなくてはいけない状況だったので、空腹も気にならなかったのでしょう。現在は割とゆとりを持って生活をしているので、午後の空腹はとても気になってしまって、仕事に集中できなくなってしまいます。

 

これから考えていくと、食事のスタイルは各個人の体格や体調にもよるでしょうし、仕事のスタイルによっても変わってきます。話題だからといって情報に踊らされずに、自分に合った食生活を送っていた方が、精神的にも健康だし、生産性も上がります。

ぼく自身、今現在の生活スタイルでいくのであれば、『お昼の時間だから食べる』とかではなく、『お腹が空いたら食べる』っていうのが一番向いています。

家族のいる方は大変かもしれませんが、もし自分の体調が気になるのであれば、家族に相談してみて、たまには食事を抜いたりすることも健康管理には大切です。

 

 

 

 

周藤賢祐のプロフィール

prof1

著者:周藤賢祐

群馬県出身 岡山大学卒

『自分の好きなこと・やりたいことをしながら人生を楽しく生きていく』をテーマに、自分の人生を実験として生活しています。人生でやりたい 100 のリストも実行中!

詳しいプロフィール

Facebook https://www.facebook.com/kensuke.shuto

Twitter  https://twitter.com/kensukeshuto

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です