伊達公子とミハエル・クルムの間に子供はいるのか?いないのか?

Sponsored Link

プロテニスプレーヤーの伊達公子さんが自身の公式ブログにて、夫であるドイツ人レーシングドライバーのミハエル・クルムさんと離婚したことを発表しました。

この離婚報道に関してひとつ気になったのが、「伊達公子さんとミハエル・クルムさんの間に子供はいるのか」ということです。ぼくはそんなにTVなどを観ることがないので、かなりこうした話に疎いのですが、特に彼女が出産したという情報を耳にしたことがありませんでした。

ということで、彼女の子供について調べてみました。

 

伊達公子さんとミハエル・クルムの間に子供は?

結論から先に言ってしまいますと、彼女たちの間に子供はいません。

伊達公子さんは31歳で結婚した後になかなか子供ができなかったので、3年後から食事療法や高度な不妊治療などを始めました。5回の人工授精や顕微授精も試したようですが良い結果も得られなかったのです。

夫婦間でも受けた検査はどちらも「異常なし」とのことだったので、原因はわかりませんが望んでいるのになかなか子供ができなかったことで、伊達さんも旦那さんのミハエルさんもかなり辛い時期を過ごしたはずです。

 

Sponsored Link

 

現役復帰は心のけじめ?

体に負担がかかる現役への復帰

伊達公子さんは37歳のときに引退していた現役生活に戻ってきました。実際に現役生活を続けるのにはかなりハードなトレーニングも必要となってきますし、その状態で不妊治療をしながら妊娠するのはさらに確率としては厳しくなる気がします。

実際に伊達さんは引退してからはミハエルさんが「一緒にテニスをやろう」と持ちかけても拒否をしていました。

伊達さんにとってテニスも生きていく中では欠かせなかったものではありましたが、なかなか子供ができない中で「ハードな運動をしてしまうと子供ができにくくなってしまう」と感じていたからかもしれません。

 

ミハエルさんの言葉

伊達さんも本当は子供が欲しくてたまらなかったみたいですが、なかなかできずにいよいよ年齢的にも厳しいと感じてきたときにミハエルさんから、

「僕は、子供と結婚したんじゃなく、公子と結婚したんだ。公子がやりたいことを全て我慢するのは僕は望んでいない。」

参考:NAVERまとめ

という言葉をかけられて、自分の中で子供を生むことに対してのけじめをつけたのかもしれません。愛する彼女に自分の好きな人生を生きて欲しい、パートナーとしてミハエルさんがいかに伊達さんのことを思っているのかが伝わる言葉ですね。

 

Sponsored Link

 

あとがき

2人は2001年の12月に結婚しておよそ15年もの結婚生活を送っていましたが、生活の変化やこの後の人生のことを考えて「離婚」という形をとりました。ただ、これは別に子供ができなかったとかそういったことが原因ではないと思われます。現に伊達さんのブログでも「今後も友達としてあったり、必要なときにお互いにサポートし合っていく」とも綴っていますので決して2人の関係が崩れたためではないのでしょう。

人生の大きな決断をした2人の人生がお互いにとって良い形で進んでいくことを願います。

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです