水分不足は便秘の原因になる!?便秘に効果的な水分の取り方と摂取量

Sponsored Link

ぼく達の体のおよそ60%は水分でできているという話は聞いたことがあるでしょうか?それだけ水分はぼく達の体を作るのには欠かせないものなので、水分が不足するとめまいや吐き気などだけでなく、便秘になるといった症状も出てきてしまいます。

それから、便秘解消には水分補給が効果的なのですが、間違った水分補給をしているとなかなか便秘を解消することができない場合もあるんですね。

 

kensuke
ということで、今回は水分不足が便秘の原因になる理由と便秘に効果的な水分の取り方や摂取量についてまとめていきますね!

 

水分不足で便秘になる原因とは?

体の水分が不足すると食べたものから水分を搾り取るようになる

ぼく達の体のおよそ60%は水分でできているますが、日常生活の中で汗や呼吸、唾液の分泌などで普通に生活しているだけでもどんどんと水分を消費してしまっているんですね。それなので、日常生活の中で水分を摂る機会が少ないと、何もしていなくても体はすぐに水分不足になってしまうんです。

そして体の水分が不足してくると、ぼく達の体はなんとか水分不足を解消しようと食べたものに含まれる水分を搾り摂ろうとします。そうなると、腸内にある食べものの残りカスなどからどんどんと水分が奪われてしまうようになってしまうんですね。水分が奪われてしまったこうした食べ物の残りカスは、便として排泄されるときには含んでいる水分の量が少なくなってしまって、カチカチに硬くなってしまうんです。硬くなった便は腸内での移動もスムーズにいかなくなりますし、肛門から排泄されるときにも、なかなかうまく出て行ってくれなくなってしまいます。

 

kensuke
これが水分不足によって便秘になる原因なんですね……

 

水分不足になると便のカサが減ってしまう

実は体内の水分が不足すると腸内にある便から水分が搾り取られてしまうので、便のカサも減ってしまいます。腸内の便のカサが減ってしまうと便から腸の壁に伝わる刺激が少なくなってしまうので、腸が便をあまり感知しなくなってしまうんですね……

そうなると、排泄のために便を移動させる腸のぜん動運動が弱まってしまうので、うまく便が排泄されなくなってしまうんです。

 

実はこの水分不足によって便のカサが減るという現象は、便秘解消に効果的なものとして知られている食物繊維が関係していることがあります。食物繊維のうち不溶性食物繊維という食物繊維は、腸内で水分を吸収して膨らむことで、腸の壁を刺激してぜん動運動を活発化させて排便を促してくれる作用があるんですね。

ただ、水分が不足している状態で不溶性食物繊維を摂っても膨らみきれないので、その状態のまま不溶性食物繊維を摂取しても、不溶性食物繊維の本来の役割が発揮されません。むしろ便秘解消への効果が期待できずに、腸内の水分だけ奪ってしまって便を硬くしてしまうんですよ……

 

 

kensuke
水分不足のときには「髪がパサつく、肌がかさつく、口の中が乾きやすい」といった症状が出ることが多いです。こうした症状が気になる場合には「水分が不足しているのかも!?」と注意をするようにしましょう!

 

Sponsored Link

 

便秘に効果的な水分の取り方と摂取量

水分摂取量の目安は1日1.5ℓ以上

1日に摂取するべき水分の摂取量は1.5〜2.0ℓが理想と言われています。1.5ℓというと結構少なく思えるかもしれませんが、この量は意識していないと普段の生活ではなかなか摂取できない量なんですよ。食事のときには積極的にスープや味噌汁などの汁物を付け加えたり、ちょっとした休憩時間に一口だけでも水分を摂るようにすると、1日の中でうまく水分を摂取していくことができるようになりますね。

 

kensuke
それから、お茶は利尿作用が強いので、あまり水分補給には適してはいないですね。同じお茶でも麦茶なら利尿作用が少ないので、水分補給を目的でお茶を飲むならカフェインの少ない麦茶などをおすすめします!

 

 

お茶やコーヒーでの水分の摂取には要注意

水分補給をしていても水分不足の症状が出る人は、摂取する水分に問題があるのかもしれないです。水分補給と言ってもどんなものでもいいわけではないんですね。

例えば先ほども出てきたお茶やコーヒーなどは利尿作用が強いので、せっかく水分として摂取しても、どんどんと排泄してしまう場合がほとんどです。それなので、水分摂取を目的とするのであれば、お茶やコーヒーばかりで水分摂取をするのはあまり良くはないですね。

他にも、アルコールは体内にある水分をかき集めて尿として排泄させる効果があるので、さらに水分不足に陥りやすくなてしまいます。お酒を飲んで喉が乾くのはこのためなので、お酒を飲むときには水分不足にならないように途中で水などを飲むことが大切なんですよ〜

 

kensuke
お茶屋コーヒーは適量であれば便秘解消のためには効果を発揮してくるれこともありますので、決して飲むことがいけないというわけではないんですよ〜

何事も「適量」を守るようにしましょう!

 

朝は積極的な水分補給を意識する

ぼく達が眠っている間には実はたくさんの汗をかいていて、知らないうちに体から多くの水分を失ってしまっています。それなので朝の体は特に水分が不足している状態にあるんですね。そのためには、朝起きたときには積極的に水分を補給してあげるべきなんです。

 

kensuke
朝に時間がなくてもコップ一杯だけでも水を飲むように心がけると、多少でも水分不足を解消することができますよ〜

 

朝の水分補給をより効果的にする方法

朝は胃の中も空っぽになっているので、水分を入れることで胃や腸などの消化器官が一気に目覚めて活動を始めます。腸が動かないと腸内を便が移動させることができないために、なかなか排便もスムーズにはいかなくなってしまうので、早めに水分摂取をして腸を起こすようにしましょう。

それから、ぼく達の体は朝には体温が下がりきっている状態になっています。同じ水で水分補給をするのであれば、温めた白湯を飲むことをおすすめします。白湯を飲むことで体を温めることができるので、腸の活動も活発になりますし、体の新陳代謝もよくなるので美容や健康への効果も期待できるようになるんですよ〜

 

 

食物繊維を摂るときには水分も一緒に摂るようにする

便秘の解消に効果を発揮してくれる食物繊維は、実は水分を得ることで効果を発揮してくれるものなんです。特に先述した「便のカサが減る」の部分で出てきた不溶性食物繊維は水分を吸収することで膨らんで腸の壁を刺激して排便を促す効果があるので、不溶性食物繊維を摂ったときには積極的に水分を補給してあげる必要があるんですね。

それから、水溶性食物繊維の方も水分と交わることで、便を包み込んで腸内での便のすべりを良くしてくれる効果があります。それなので、食物繊維を摂取するときには積極的に水分を摂取するように心がけるようにしましょう。

 

Sponsored Link

 

不溶性食物繊維を摂取するときには特に水分補給を意識しましょう

不溶性食物繊維は便の水分も吸収してしまうので、腸内の水分が不足した状態だと便から水分を奪って便がどんどん硬くなってしまうことがあります。硬くなった便は腸内を移動しにくくなってしまいますし、排泄のときに肛門を傷つけて痔になってしまう恐れもあるので、不溶性食物繊維を摂ったときには特に水分不足にならないように注意するようにしてくださいね!

 

 

効果的な水分補給方法

炭酸水で水分を摂取する

炭酸水含まれている気泡は、腸の壁を刺激して腸のぜん動運動を活発にしてくれる効果があります。腸のぜん動運動が活発になることで便の移動がスムーズになるので、水分補給もしながら便秘解消の効果が高まるんですね!

 

kensuke
ただ、炭酸水がいいと言っても、飲み過ぎはダメですよ!

 

スポーツドリンクで水分を摂取する

スポーツドリンクにはナトリウムイオンやカリウムイオンなどの電解質が含まれているので、より効率的に水分を補給することができます。ただし、糖分を含んでいるので摂りすぎてしまうと逆に腸内環境を悪化させてしまう原因にもなります。汗をかいたときなど急いで水分を補給したいときには向いている水分の摂取方法なので、そうしたときには積極的に摂るようにしましょう!

 

麦茶で水分を摂取する

麦茶には利尿作用がないのとミネラル分が含まれているので、お茶の中でも特に水分補給には向いてますね。カフェインも含まれていないので妊娠中の方などでも安心して飲めるのもメリットです。

 

 

あとがき

水分補給は自分ではしているつもりでも、間違った水分補給をしているとなかなか便秘が解消できないことが多いです。水分をとっていてもなかなか便秘が解消されないときには自分の水分の摂り方にも注意してみるといいですね!

他にも、ダイエットで食事の量を減らした場合には食べ物から得ることができる水分の補給量が少なくなってしまうので、ダイエット中でも水分の補給はしっかりと意識するようにしましょう!

 

Sponsored Link

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです