冬の室内の快適な湿度とは?部屋の湿度を調整するコツ

スポンサーリンク

乾燥している季節に気になるのが室内の湿度。特に冬場は元々の空気がかなり乾燥しているので、室内で暖房などを入れているとすぐに空気が乾燥して肌がカサカサとしたり、喉に痛みを感じたりしますよね。冬場は他にも風邪やインフルエンザなどの感染症が流行りますが、こうした感染症のウイルスは湿度が低いと活動が活発になるので、空気が乾燥していると感染しやすくなってしまいます。

こうしたことを予防して快適に室内で過ごすためには、室内の湿度のコントロールが重要になってきますよね。ただ、いったいどのくらいの湿度を目安にすれば室内で快適に過ごすことができるのでしょうか?

 

kensuke
ということで、今回は冬の室内での快適な湿度と室内の湿度の調整のコツについてまとめていきますね!

 

冬の室内の快適な湿度は?

一般的にぼく達人間が室内で快適に過ごすことができる湿度というのは40〜60%の範囲と言われています。

湿度は40%以下になると肌に乾燥を感じる感覚がかなり強くなって、人によっては痒みがひどくなったりもしますし、喉に痛みを感じたりもするんですね。ドライアイの人は目が痛くなったりもします。さらに湿度が40%以下になると風邪やインフルエンザなどのウイルスの活動が活発になるので、そうした感染症にかかるリスクも高くなってしまうんですよ。

逆に今度は湿度が60%以上になるとダニやカビなどの繁殖のスピードが上がるので、乾燥が嫌だからといってあまり湿度を上げすぎてしまうのも衛生上好ましくありません。

 

kensuke
ちなみにぼく達人間は湿度が65%以上になると不快に感じる人が多くなります。

 

 

理想の湿度は50%代をキープすること

先ほど快適な湿度の範囲は40〜60%という話がありましたが、肌の乾燥やドライアイが気になる人にとっては湿度40%程度というのはかなり乾燥を感じてしまう数字でもあるんです。実際に感じない場合もありますが、実は肌は湿度が50%を下回っているとじわじわと乾燥状態に入っていっているんですね。

ということで、肌の乾燥にも気を使うのであれば、湿度は50%を下回らないようにすることが良いということになってきます。

そして先述したように、過度の加湿はダニやカビの繁殖の元になるので、湿度は上げすぎないことも重要という話でしたね。

ということで、以上の条件を踏まえて理想の湿度を考えると、個人によって多少の差はあるとは思いますが、湿度は50%代をキープすることが理想的な数字なのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

室内の湿度を調整するコツ

部屋の湿度を調整するときには自分の肌の感覚を頼りにするのもいいですが、いつでも快適な室内の湿度を保ちたいのであれば、湿度計と温度計を室内に置くようにするといいですよ。

日常の生活の中で自分が乾燥を感じたときや湿度が高すぎてジメッとした不快感を感じたときには、そのときの湿度と温度を記録しておいて、それに合わせて室内の湿度や温度を調整するようにすればかなり快適な室内空間を作りやすくなります!

 

kensuke
自分の肌で感じる感覚も大切ですが、目安になるものがあればどういった対応をとると良いのかがわかるので、こうした文明の道具を活用することも大切ですね!

 

 

 

あとがき

冬の乾燥した季節には暖房をつけて室内を暖かくすると思いますが、室内の湿度を快適な状態に保つことで体感温度も上がるので、同じ温度でも湿度が高ければ暖かさを感じることができます。快適な湿度を維持することは風邪やインフルエンザなどの感染症のリスクを下げるだけでなく、肌や喉の乾燥も防ぐことができるので、室内の湿度設定はできるだけ快適な数字になるように気をつけましょう!

冬の室内の快適な湿度

  • 一般的な快適な湿度は40〜60%
  • 肌や喉、目の乾燥に注意するのであれば湿度は50%代が理想

 

 

スポンサーリンク

 

自分の趣味や好きなことが人の役に立って収入になる!

結婚して子育てや家のことをしながら働くのって大変じゃないですか? 子供も落ち着いたし、多少は時間はあるもののパートなどに出るのもちょっと微妙で……

ぼくの周りにはそんな友人が多いのですが、「就職するよりも家でできる仕事があれば一番良い!」という意見がほとんどです。

 

 

ぼくの友人にはそんな悩みから解放されるために、ネットをうまく利用して自分の趣味や好きなことを副業にしている方がいます。しかも、特に難しいことはしていません(笑)

ココナラ という自分の趣味や好きなことをサービスにすることができるサイトを使っていました。

彼女は旅行が好きなので、「旅行に出かけるときのプランを一緒に立てるお手伝い」をしたり、子育てもしているので「出産や子育ての相談」をしています。

しかも、お金をいただきながら ^ ^

 

 

ぼくも初めは「そんなのお金にならないよ……」なんて思っていたのですが、ちょっとしたことでも必要としてくれる方っているんですよね。

 

例えば、

・恋愛に悩んだときに誰かに相談したい

・浮気や不倫について誰かに話を聞いて欲しい

・脱毛しようと思うけど、体験した人の話を聞いてみたい

・カメラを買うのに、どれを買えばいいのかわからないので誰かに相談にのって欲しい

 

他にも色々な悩みがありますが、悩みを抱えつつも周りに相談ができないで悩んでいる方も結構いるんです。

もし、自分の経験がそんな人のためになって、喜んでもらえたら嬉しいですよね!?

自分の中では「そんな大したことじゃないから……」と思っていたことは、他の人からしてみたら実はかなりすごいことだったりするんです。

 

 

他のサービスでも、

・今まで色々な恋愛をしてきたから、デートプランを考える

・絵が得意なので、似顔絵やイラストを描いてあげる

・楽器が弾けるけど、初心者向けに楽器始め方の相談を受ける

・車を買うときの選び方や保険についての相談にのる

なんてことで、自分の趣味や得意なことでお金をいただいていたりします。

 

 

転職経験の多い親友は、 「転職の相談・アドバイス」や「ESの作成や添削」などをしていますね。

世間では夏休みの宿題代行なんてビジネスまで存在するくらいなんですから、意外なものでお金がいただけたりするんです。

 

 

ダメ元でもいいので、自分の得意なことをサービスにして出品してみたら、意外なほど人気が出るかもしれませんね!

初めは自身がないかもしれませんので、ワンコインとか定額でサービスを出品してみるといいですよ。

サービスを買ってもらえたときはめちゃくちゃ嬉しいですし、自分の中でもかなり自身になります。

人気が出てきたらそこから新たなビジネスにしてもいいですね。自分の好きなことが人の役に立って、しかもお金もいただけるなんて、こんな素敵なお仕事はないです。

 

 

とりあえず、登録(無料) すれば色々な人が出しているサービスを見ることができるので、登録だけしてみて、どんなサービスが出ているのか見ているだででも面白いですよ ^ ^

「こんなものまでサービスになるの?」って驚きのものまでありますので、それを見ているだけでも楽しいです。

 

 

ちなみに、登録すると自分でもサービスを購入することもできるので、面白いものがあったら使ってみると良いですよ!

ぼくは「イラスト作成」や「ロゴ作成」「ブログ相談」なんかのサービスを使いました。

500円とか1,000円のサービスがあるので、格安なのが嬉しいですし、ぼくは絵を描くのが苦手なので、そういうもが得意な人に手伝ってもらってかなり助かりました!

記事をシェアしていただけたら嬉しいです