冬の室内の快適な湿度とは?部屋の湿度を調整するコツ

comfortable-humidity-in-the-room
Sponsored Link

乾燥している季節に気になるのが室内の湿度。特に冬場は元々の空気がかなり乾燥しているので、室内で暖房などを入れているとすぐに空気が乾燥して肌がカサカサとしたり、喉に痛みを感じたりしますよね。冬場は他にも風邪やインフルエンザなどの感染症が流行りますが、こうした感染症のウイルスは湿度が低いと活動が活発になるので、空気が乾燥していると感染しやすくなってしまいます。

こうしたことを予防して快適に室内で過ごすためには、室内の湿度のコントロールが重要になってきますよね。ただ、いったいどのくらいの湿度を目安にすれば室内で快適に過ごすことができるのでしょうか?

 

kensuke
ということで、今回は冬の室内での快適な湿度と室内の湿度の調整のコツについてまとめていきますね!

 

冬の室内の快適な湿度は?

一般的にぼく達人間が室内で快適に過ごすことができる湿度というのは40〜60%の範囲と言われています。

湿度は40%以下になると肌に乾燥を感じる感覚がかなり強くなって、人によっては痒みがひどくなったりもしますし、喉に痛みを感じたりもするんですね。ドライアイの人は目が痛くなったりもします。さらに湿度が40%以下になると風邪やインフルエンザなどのウイルスの活動が活発になるので、そうした感染症にかかるリスクも高くなってしまうんですよ。

逆に今度は湿度が60%以上になるとダニやカビなどの繁殖のスピードが上がるので、乾燥が嫌だからといってあまり湿度を上げすぎてしまうのも衛生上好ましくありません。

 

kensuke
ちなみにぼく達人間は湿度が65%以上になると不快に感じる人が多くなります。

 

 

理想の湿度は50%代をキープすること

先ほど快適な湿度の範囲は40〜60%という話がありましたが、肌の乾燥やドライアイが気になる人にとっては湿度40%程度というのはかなり乾燥を感じてしまう数字でもあるんです。実際に感じない場合もありますが、実は肌は湿度が50%を下回っているとじわじわと乾燥状態に入っていっているんですね。

ということで、肌の乾燥にも気を使うのであれば、湿度は50%を下回らないようにすることが良いということになってきます。

そして先述したように、過度の加湿はダニやカビの繁殖の元になるので、湿度は上げすぎないことも重要という話でしたね。

ということで、以上の条件を踏まえて理想の湿度を考えると、個人によって多少の差はあるとは思いますが、湿度は50%代をキープすることが理想的な数字なのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

 

室内の湿度を調整するコツ

部屋の湿度を調整するときには自分の肌の感覚を頼りにするのもいいですが、いつでも快適な室内の湿度を保ちたいのであれば、湿度計と温度計を室内に置くようにするといいですよ。

日常の生活の中で自分が乾燥を感じたときや湿度が高すぎてジメッとした不快感を感じたときには、そのときの湿度と温度を記録しておいて、それに合わせて室内の湿度や温度を調整するようにすればかなり快適な室内空間を作りやすくなります!

 

kensuke
自分の肌で感じる感覚も大切ですが、目安になるものがあればどういった対応をとると良いのかがわかるので、こうした文明の道具を活用することも大切ですね!

 

 

 

あとがき

冬の乾燥した季節には暖房をつけて室内を暖かくすると思いますが、室内の湿度を快適な状態に保つことで体感温度も上がるので、同じ温度でも湿度が高ければ暖かさを感じることができます。快適な湿度を維持することは風邪やインフルエンザなどの感染症のリスクを下げるだけでなく、肌や喉の乾燥も防ぐことができるので、室内の湿度設定はできるだけ快適な数字になるように気をつけましょう!

冬の室内の快適な湿度

  • 一般的な快適な湿度は40〜60%
  • 肌や喉、目の乾燥に注意するのであれば湿度は50%代が理想

 

 

Sponsored Link

 

comfortable-humidity-in-the-room

記事をシェアしていただけたら嬉しいです