潮干狩りの持ち物リストと服装!子供連れのときにあると便利なものは?

スポンサーリンク

潮干狩りに行くときに持ち物って何を持っていけばいいのか困ることがあります。潮干狩りは年にそうなんども行くものでもないですし、専用の道具もあったりするので、いざ行ってみたら道具が足りずに困った……なんてこともありえます。

潮干狩りは潮が引いている時間帯が勝負になってきますが、ちゃんと準備をしていないと、当日現地でわちゃわちゃしてしまって、1日が終わった頃にはぐったりと疲れてしまうんですよね。

当日、良い成果を出すためには、しっかりとした準備が必要なんです。

こちらの記事では、ぼくが潮干狩りに行くときに用意している持ち物リスト服装についてまとめていますので、潮干狩りに行くときの参考にしてみてください。

 

潮干狩りの持ち物リスト

それではさっそく潮干狩りのときの持ち物リストをご紹介していきます。持ち物リストについては「必須の持ち物」と「あったら便利なもの」の2つに分けてまとめています。

「必須の持ち物」は現地でレンタルできるものもありますが、基本的には持って行った方がいざ借りることができなくても安心です。現地でのレンタルを検討している場合には、あらかじめ確認をとっておくと安心ですよ!

 

必須の持ち物

熊手

出典:Amazon

熊手は潮干狩りのときには必ずと行っていいほど使う道具ですね。特に硬い砂を掘るためには、素手では爪や指を痛めてしまいますし、シャベルなどとは違った掘り方もできますので、楽しむためには絶対に必要になってきます。

熊手の爪の数にはいくつか種類がありますが、3本でも5本でもどちらでも良いので、使いやすい方を選ぶようにしましょう。

ちなみに、熊手の先は尖っているタイプの方が砂は掘りやすいですが、あまり鋭いと掘っているときに貝を傷つけてしまうこともあるので、気をつけてくださいね。本数は基本的には潮干狩りを楽しむ人の人数分、つまり、ひとり1本用意するようにしましょう。

場所によっては現地でのレンタルもあるので、「ちょっと持ち歩くのは……」と思われている方は事前に確認しておくと楽です。お子さんが使うものの場合には、なるべく先の丸いものを使った方が振り回したりしてケガをする可能性を多少ですが下げることができます。せっかくの楽しい思い出も、ケガをして台無しになってしまっては、なるべく先の丸いものを選びましょう。

砂場で遊ぶ用のプラスチックのものは、水を含んだ砂が相手だと折れてしまうこともあるので注意してください。

 

出典:Amazon

貝を獲ったときに入れるものとして網があると便利です。網は腰につけて持ち運びができますので、バケツと違って持ち運びがかなり便利になります。複数の網を持って行って、貝を種類別に入れていくと、計量がある場所なんかではかなり楽ですよ。

ちなみに、あまり目の細かいものにしてしまうと、砂が落ちにくくなってしまいますので、計量のときの損をしてしまうかもしれません。何よりも、運ぶときもどんどん重くなってしまうので大変です。貝が落ちない程度の目の粗さの網を選ぶようにすると楽ですよ。

 

スポンサーリンク

 

持ち帰り用の容器

持ち帰り用の容器としては、水が漏れない構造のフタのついたバケツやクーラーボックスがおすすめです。電車で持ち帰る場合には、重量がありますのでキャリア(タイヤ)が付いているものだとかなり持ち運びが楽になります。キャリー付きのクーラーボックスも普通に販売されていますので用意できる場合には持って行きましょう。

 

着替え

潮干狩りをすると、注意していても確実に汚れたり濡れたりしますので、着替えは必須の持ち物になります。特にお子さんがいらっしゃる場合には、1セットの予備だけでなく余計に持って行った方が安心ですよ。

 

食べ物や飲み物

潮干狩りは長時間野外で作業をすることになりますので、喉も渇きますし、意外と小腹も減ります。特に日差しが強いときに作業をすると水分不足になりやすいので、こまめに水分補給をするようにしましょう。

>>>水分補給にお茶を飲むのはダメ!?お茶を飲むときの注意点

 

ゴミ袋

出典:Amazon

潮干狩りは野外でのレジャーですので、最低限のマナーを守るためにも持って行くようにしましょう。単にゴミなどを入れるだけでなく、濡れたり汚れたりした衣服を入れて持ち帰るのにも便利です。

 

あると便利なもの

ざる・カゴ

貝はいちいち網に入れていくのはけっこう面倒です。いったん、ざるに砂ごと貝を入れていきある程度溜まったところで洗ってから網に移すと楽ですよ。

 

潮見表

潮干狩りするのにどの時間帯が良いのか知っておくのも重要です。現地の潮見表があればその情報を得ることができるので、潮見表があると便利ですよ。

潮見表は買うのもいいですが、潮MieYell(しおみエール)というサイトで調べることもできるので、印刷して持って行くか、スマホで調べるのもいいでしょう。潮MieYell(しおみエール)は無料アプリもありますので、入れておくと便利ですよ!

 

 

日焼け止め

潮干狩りをするのは春先のシーズンが多いですが、春といえど海の日差しは強いです。日焼けが気になる場合は日焼け止めを塗ることをおすすめします。

特にお子さんは大人以上に日焼けしやすいので、その辺も注意してあげましょう。

 

バネ秤

出典:Amazon

潮干狩りの後に計量があって、獲った貝の量によって料金が変わるシステムのところでは、計量する前の目安としてバネ秤を持っておくと便利です。

デジタルのものは海水によって壊れることもあるので、アナログのバネ秤をおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

ペットボトル

空のペットボトルも持っていくとかなり重宝します。ペットボトルの中に水道水を入れておけば、手足が汚れたときにさっと水洗いするのに使えますし、帰りに海水を入れて持って帰れば、自宅での砂抜きにも使うことができます。

>>>あさりの砂抜きを短時間でする方法と失敗しないためのコツ

 

保冷剤

出典:Amazon

獲った貝は生モノですので保存する場合の温度にも気をつけましょう。特に日が出ていて暖かい日には気温も上がりやすいですし、気温が上がると貝が痛みやすくなります。

貝の鮮度を保つためにも用意しておくと便利ですよ!

 

絆創膏

出典:Amazon

海ではちょっとしたことでも擦り傷や切り傷ができてしまうので、そうたときのために絆創膏を持っておくと便利です。

 

レジャーシート

出典:Amazon

レジャーシートは荷物置き場や休憩場として使えます。特に混雑しているときには、スペースを確保するのにも使えるので、けっこう便利ですよ。

 

ソリ

ソリに荷物を詰め込めば、両手で荷物を抱えなくてもすみます。これがけっこう楽なんですよ。子供を乗せて遊ぶこともできますしね(笑)

 

ウェットティッシュ

出典:Amazon

ウェットティッシュも持っているとけっこう重宝します。ちょっとしたときに使えるので、あると便利ですね。

あまり大きいものよりも、持ち運びに便利なコンパクトなタイプのものを選ぶようにすると良いですよ。

 

スポンサーリンク

 

サングラス

春先でも海の日差しには注意しましょう。特に水に反射した日光が目に入って、目には思った以上に負担がかかっています。

日差しが当たると目が痛い場合にすぐに使えるように、サングラスは持って行っておくと便利ですよ。

 

折りたたみのイス

出典:Amazon

作業が長時間になることが多いので、ちょっと座りたいときに使えます。座りながら潮干狩りをすることもできますので、かなり楽です。

難点は、持ち運びが面倒くさいということでしょうか?

 

 

潮干狩りに最適な服装

こちらからは潮干狩りのときの服装についてまとめています。もちろん動きやすい服装ならなんでも構わないのですが、基本的な装備としてぼくのおすすめをまとめています。

大人の服装と子供の服装と分けていますので、ご参考にしてみてください。

 

大人の服装

帽子

出典:Amazon

潮干狩りにいくのは春先が多いと思いますが、春とはいえど海の日差しはとても強いです。帽子をかぶらずに作業をしていると、場合によっては日射病になる恐れもあります。帽子をかぶってしっかりと対策をしましょう。

特に潮干狩りで日焼けを一番しやすいのが首の裏側です。なるべくツバが後ろにもあるものを選んでかぶるようにすると、首裏の日焼け対策にもなりますよ。

それから、海は浜風も強いので、ゴムや紐付きの帽子だと、風に飛ばされにくいので作業に集中しやすくなります。特にお子さんの帽子は飛びやすいので、ゴムのついていないものには、100均などで購入してきて付けてあげると良いですよ。

 

タオル

帽子のところでも書きましたが、首の裏側が日焼けをしやすいので、帽子のツバが後ろにない場合にはタオルを首に巻いておくと日焼け対策にもなります。タオルを首に巻いていると、汗をかいたときにもさっと拭くことができるので楽です。

特にお子さんの人数が多いときにはたくさん持っていくと便利です。

>>>洗っても取れないタオルの臭いの取り方!臭いの原因は雑菌の繁殖

 

スポンサーリンク

 

長袖の上着

潮干狩りのときには春の日差しを舐めて半袖で挑むと日焼けで痛い目をみたりします。日焼けが気になる人は、日焼け止めで対策をするのと一緒に長袖も着用すれば対策としてはバッチリですね!

日焼け対策の他にも長袖は防寒対策にもなります。潮干狩りで体が濡れた状態で浜風にあたっていると、意外なほど体温を奪われます。日焼け予防と寒さ対策に使えるので、ひとりにつき一着は用意しておきましょう。

 

ズボン

潮干狩りのときにはズボンも大切になります。頻繁にしゃがんだり立ち上がったりしますので、なるべく柔らかい素材の長い丈のもので、折り曲げたり伸ばしたりしやすいものを選ぶようにすると良いですよ。

かがんだりする動作も多いので、女性の方はスカートやショートパンツは控えた方が良いですよ。

 

長靴・マリンシューズ

出典:Amazon

潮干狩りは広い海でやりますので、気分も開放的になって裸足で作業をしたくなりますが、貝殻の破片や小石などで足を切る恐れもあるのでおすすめしません。最低でもビーチサンダルは履くようにしてください。

ただし、ビーチサンダルは足の裏は守れますが、足の裏が大丈夫だからといって調子に乗っていると他の露出している部分を切ってしまうこともあります。他にも足がずれやすいので、作業に集中しにくいというのも作業をしてみた感想ですね。

持っているのであれば、できるだけ長靴やマリンシューズを履いた方がケガの心配も少なくなりますし、作業にも集中できます。持っていなくても、いらなくなった靴など濡れても良い普通の靴で代用しも意外と効果的です。靴下を2重履きするのも良いですよ。

 

手袋・ゴム手袋

出典:Amazon

ゴム手袋は手のケガの防止と日焼け対策になります。腕の方まで伸びている長いゴム手袋なんかも日焼けから腕を守れるので便利ですよ。

白の軍手でも良いですが、意外と日焼けしやすいのと水を含むとけっこう作業はしにくいです。

 

バッグ

潮干狩りをしているときには貴重品の管理も大切です。小さめのバッグを持っていけば貴重品を入れることができるので安心して作業に集中できます。

両手が空くようなタイプのバッグが持ち歩くのには便利で、ウエストポーチなどはずり落ちてくる心配もないのでおすすめですよ。

 

子供の服装

子供の場合も基本的な装備は大人と一緒ですが、子供の服装としてあると便利なものをまとめます。

 

水着

子供は楽しくなると、汚れや濡れたりするのを気にせず動きますので、着ているものすべてがずぶ濡れになります。そんなときには初めから水着を着せてしまって、その上からシャツなどを着せれば、濡れても動きやすいですよ。

 

レインコート・カッパ

出典:Amazon

海は浜風が吹くので、濡れた状態でいるとけっこう寒いです。長袖などで肌を守っていても、濡れてくると意外と風の影響を受けやすいんですね。

そんなときには、レインコートやカッパを着ているとある程度は服が濡れることを防げますし、風を遮断するので防寒対策にもなります。

 

 

あとがき

いかがでしたでしょうか?

潮干狩りのシーズンは春といえど、日差しと海の反射によって日焼けしやすい環境なので、しっかりと日焼け対策をすることが大切です。また、水で濡れたところに浜風が吹いて体温を奪われやすいので、防寒対策もしておくと快適な潮干狩りが楽しめるはずです。

 

潮干狩りの後は砂抜きもしっかりとやりましょう!
>>>あさりの砂抜きを短時間でする方法と失敗しないためのコツ

こちらの記事も合わせて読まれています!
>>>食べても痩せるヘルシースナッキングとは?正しい方法と注意点
>>>昼夜逆転生活の治し方!オール(徹夜)をして1日で元の生活に戻す
>>>水分補給にお茶を飲むのはダメ!?お茶を飲むときの注意点とは?
>>>足を組む癖の直し方!足組みで骨盤が歪んで体に悪影響が!?
>>>鼻毛を抜くのが危険な理由!くしゃみが止まらなくなるのはなぜ?
>>>大人のおたふく風邪の症状は酷くなる!?男女共に合併症には要注意!
>>>亜麻仁(アマニ)油の驚くべき効果!知っておきたい8つの効果・効能
>>>話題のメンズ眉毛サロンを体験!眉毛が生まれ変わった‼︎
>>>ポケモンGOと一緒に使いたい歩くとお得になるアプリやサービス!

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です