スマホ老眼の原因や症状とは?スマホ老眼を予防するための対策法

cause-of-smartphone-presbyopic-eye
Sponsored Link

通常の老眼は一般的には40歳前後で始まる症状で、近くのものが見えにくくなるなどの症状が出てくる目の老化現象のひとつです。

ただ、ここ最近では実はこうした症状が20〜30代の若年層だけでなく、早ければ10代やそれ以下の子供の間でも増加しつつあります。こうした症状はスマホ老眼と呼ばれていて、主に長時間のスマホの使用により発症していることが多いです。

 

kensuke
ということで、今回はスマホ老眼の原因や症状と予防するための対策法につてまとめていきます。

 

スマホ老眼の原因

スマホ老眼は若い人に増えている

ゲームやSNSなどでの娯楽や交流だけでなく、スケジュール管理やメモなどのビジネスシーンでも活躍の場の多いスマートフォンは現代の生活では欠かせないものとなっているので、スマホを持っている人であれば画面を見ない日はないと言っていいくらいでしょう。

 

ただ、このように毎日スマホを使っている中でここ最近問題となってきているのがスマホ老眼です。スマホ老眼は本来40歳程度から始まる老眼の症状が、若い人の間でも増えてきていることから付けられたものです。

 

kensuke
スマホ老眼になってしまうと近い場所のものが見えにくくなったり、夕方など一日の終わりが近づくと老眼のような状態になるといった症状が現れてきます。

 

 

スマホ老眼の原因はスマホの使いすぎによる目の酷使

このように若い人たちの間で増えているスマホ老眼ですが、その原因は長時間によるスマホの利用です。

ぼくたちはスマホを見ているときには画面に集中しすぎてしまって、周りがほとんど見えない状態になってしまっています。そのような状態で近い場所で画面を見続けるといった行為を続けていると、目のピントが近い場所に固定されたままの状態になってしまって、ピントの調節機能が低下してしまうんです。

 

スマホ老眼はこうした長時間のスマホの使用による目の酷使によって、目の筋肉が緊張した状態が続いて、老眼のような症状が引き起こされてしまうんですね。

 

kensuke
仕事でPCを使うことも長時間近くのものを見続ける行為になりますので、スマホ老眼が発症することもありますが、PCの場合にはスマホに比べて比較的遠い位置で画面を見ることが多いので、スマホよりはスマホ老眼になりにくいです。

 

Sponsored Link

 

スマホ老眼の症状

スマホ老眼の主な症状としては、

 

  • 遠くは見えるが手元など近い部分が見えにくくなる
  • 目の焦点が合いにくくなったり、時間がかかるようになる
  • 目の疲れや目のかすみの症状が出る(無理にピントを合わせようとするため)
  • 夕方になると目が見えにくくなる
  • まぶたがピクピク動く
  • 肩こりや頭痛の症状が出る

 

スマホ老眼によっって生じる目の疲れやかすみ、肩こりや頭痛といった症状は、老眼になり始めたことによって見えにくいものを無理に見ようとピントを合わせようとするために、眼精疲労が起こって生じる場合が多いですね。

 

kensuke
目が見えにくくなったときに肩こりや頭痛の症状も出てきたときには、スマホ老眼などによって目の機能が低下していることを疑った方がいいかもしれません……

 

 

 

スマホ老眼の予防と対策

スマホを使っている人にとっては、スマホは毎日使うものなので全く使わないのは厳しいかもしれませんが、スマホの利用時にある程度注意をしていればスマホ老眼は予防することができます。

ここではスマホ老眼を予防するための対策についてご紹介します。

 

 

長時間の利用を避ける

手元にあるとちょっとした隙間時間になんとなくスマホをいじったりしてしまいませんか?ぼくは結構そういった癖がついてしまっているんですが、これが目にとってはかなり良くない行為なんですね。スマホ自体の利用は決して悪いことではないですが、必要な時以外はなるべくスマホを見ないように心がけると、目に対する負担も減ります。

 

 

スマホを見るときは目との距離に注意する

スマホ老眼の原因は近くのものを見続けてしまうことによって、目の焦点が近い場所に固定されてしまうためです。それなのでスマホの画面を見るときにはなるべくスマホを遠い位置に置いて見るようにすることで、ピントの調節機能の低下をある程度防ぐことができます。

 

kensuke
理想的な距離としてはスマホを見るときに目と画面が40cm以上離れているといいですね!

 

 

画面の明るさを少し暗くする

スマホから出ているブルーライトなども目に刺激を与えて疲労をためてしまい、目の筋肉を緊張させてしまう原因になります。そのためにスマホのバックライトはなるべく明るくなりすぎないように調節すれば、目への負担を減らすことができます。

逆に目への負担を減らそうとして、暗くしすぎるのも良くないですね。画面が暗すぎるとしっかり見ようとして、かえって目に負担がかかってしまいます。

 

kensuke
最近のスマホは周りの明るさに合わせて自動的に画面の明るさを調節してくれる機能もあるので、そうした設定をしておくと目にかかる負担を減らすことができますよ!

 

Sponsored Link

 

気がついたときにはまばたきをする

まばたきは目の緊張を和らげて、かつ、瞳全体に潤いを与える効果があります。逆にまばたきの回数が減っているときには目が乾燥して負担がかかているんですね。特にスマホやPCの画面を集中して見ているときには、まばたきの回数が減っていることが多いので、気がついたときにパチパチとまばたきをしてあげると、目が潤って筋肉の緊張もほぐれます。

 

 

ときには遠くを見るようにする

スマホやPCの画面を見ているときには近くのものを見ようとしているので、それに合わせたピント調節がされています。そのままの状態を続けていると目がピントの調節をしなくてもいいので、どんどんピントの調節機能が低下していってしまうんですね。

そういったことを防ぐためにも、休憩時間などの隙間時間には定期的に遠くのものを見るように心がけてください。遠くものもを見ることによって一時的にでも目のピント調節機能を働かせてあげることで、機能の低下を防ぐことができます。

 

 

適度な休憩時間をとる

先ほど出てきた遠くを見ることも大切ですが、目に休息の時間を与えてあげることも大切です。長時間スマホやPCの画面を見なくてはいけない場合にはできれば60分に一度5〜10分程度の休憩時間を与えてあげると、目の緊張をほぐすことができるようになります。

 

kensuke
定期的に休憩時間がとれなくても気づいたときには意識して目を休ませてあげましょう!

 

 

毛様筋を鍛える

スマホ老眼になるのは目のピント調節機能が働かなくなることが原因なので、その機能を維持してあげることが大切です。そのためにはピント調節機能の働きに関わっている毛様筋を鍛えてみてください。

毛様筋の鍛え方は、

 

  1. 目の前に指を持ってきて(どの指でもいいですよ、自分の中で見やすいものにしてください)、その指に3秒ほどピントを合わせてください。
  2. 次に2〜3m程度離れた位置にある対象物を定めて、今度はそれに対してピントを合わせるようにしてみてください。これも先ほどと同じく3秒です。
  3. この1と2を交互に10セットほど行ってください。

 

以上で毛様筋を鍛えるためのエクセサイズは終わりです。結構簡単なので、すぐにでもできそうですよね!

これを1日の中で3回行えばかなり毛様筋が鍛えられます。

 

kensuke
すぐに効果は出ないかもしれませんが、毎日少しずつ続けることで確実に成果が出てきますよ!

 

 

目を温めて血行を良くする

目の機能が低下している場合には、目の周りの血行が悪くなっている場合もあります。そういったときには目の周りを温めてあげることで、血行が良くなって筋肉がほぐれるのでピントの調節機能が回復します。こちらも割と手軽にできることなので、ぜひ試してみてくださいね。

 

kensuke
目の周りを温める方法として温めたタオルを置く方法がよく紹介されていますよね。

ぼくの場合には濡らしたタオルを30〜40秒くらい電子レンジで温めてそれを目の上に置いています。単純に目の周りが温まるだけでなくて、目の周りが適度に蒸らされるので目が潤う効果もありますよ!

 

 

 

100均に売っているメガネで目のストレッチができる

目が疲れているときには単純に睡眠時間を増やしたりして、目の休憩時間を増やしてあげれば大丈夫!

 

って思ったりしていませんか?

実はそれ、半分は正解で半分は不正解です。なぜかというと、目の筋肉の緊張は単純に休んだだけではとれないからです。

 

例えば、スポーツ選手なんかが試合の後にマッサージをしたりアイシングをしたりしているのを見たことがありませんか?実はぼくたちの体って単純に休んだだけでは体の回復機能をフルには使えていないんです。

これは目の筋肉も同様で、凝り固まってしまった緊張を解きほぐしてあげないといくら休んでも、休息による効果が完全に得られない状態で休んでいることになるんです。

スマホ老眼になる場合には目の緊張が関係してきますから、こうした緊張をほぐしてあげて休むことが大切なんですよ!

 

そして、このスマホ老眼の方に効果的なストレッチが100均に売っているメガネを使うことで行うことができるんです。そのアイテムが……

 

老眼鏡(+2.0)

 

です。

意外じゃないですか?

でも、「スマホ老眼だから老眼鏡をかけて対応しよう!」なんて単純なものではないんです。スマホ老眼を使った目のストレッチの方法は、

 

  1. 普段からメガネやコンタクトをしている人の場合には、そのままその上から老眼鏡(+2.0)をかける。
  2. ピントが合わないと思いますが、5分間くらい1〜3m程度離れた場所にある景色やポスター、TVなど対象物を見つけて、それをボ〜っと眺める。

 

単純にこれだけでOKです。

手順2にも書いていますが、ピントが合わないのを無理に合わせようとしないで、あくまでボ〜っとしてください。

 

これは眼科で行う「雲霧法」という方法を簡易的にしたもので、焦点の合わない状態をわざとつくってピントの調節機能をリセットする方法です。この状態が毛様筋の緊張をとってくれて、目の周りの筋肉のコリがほぐれるんです。

 

このストレッチは1日1回でもいいので行うようにすると、かなり目の周りの緊張がほぐれますよ!ぼくの場合には1日の終わりの寝る前にやるようにしています。1日中酷使して目に溜まった疲れをこの方法で解いた後に眠るとかなりスッキリします。

 

kensuke
この方法は何も考えずにボ〜ともできるのでかなり気楽にできますよ!

無理せずにできるので、まずは1日5分から始めてみてください。近視にも効果のある方法なので、近視の方も実践してみるといいですよ!

 

Sponsored Link

 

あとがき

ぼくは毎日スマホをこれでもかというくらいいじっているので、かなり目の機能が低下しているのは自分でも感じています。これって実はスマホ老眼というものだったんですね。ぼくの場合は単純にスマホだけでなくてもPCとも向き合う機会が多いので、ほぼ丸1日中スマホかPCを見ている状態になっています。これって、かなり目には悪い状態ですよね。

このまま行くとこの先もかなり目を酷使することになってしまいそうなので、しっかりと目のケアをしてあげようと思います。ぼくと同じようにスマホやPCをよく見ている人は、ちょっとしたことに注意してあげるとスマホ老眼を予防することができますよ!

 

kensuke
ほら、今も目と画面の距離が近いですよ!(笑)

 

 

cause-of-smartphone-presbyopic-eye

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です