ゆず湯(ゆず風呂)に入るとピリピリ痛い!肌にかゆみが出る原因と対処法

Sponsored Link

寒い季節になると温かいお風呂にザバーっと浸かって1日の疲れを解消、至極のひととき!特に冬場の入浴のときには入浴剤を使ったり、柑橘系の果物を湯船に入れたりして香りを楽しみながら有効成分で体を温めたりしますよね。ゆず湯はその中でも冬場には定番の入浴方法のひとつです。

ただ、ゆず湯に入ったときに「体がピリピリと痛い!」とか「お風呂から上がった後にかゆみが出る!」なんてことはないでしょうか?せっかくお風呂に入って温まったのに、肌に痛みやかゆみが残ってしまって、その後の就寝のときに「なかなか寝付けなくなってしまう」なんてことを経験したことがある人も多いはずです。

実はこれ、ゆずに含まれる成分のせいでもあるんですが、ゆず湯(ゆず風呂)を作るときにひと工夫をしてあげることで抑えることができるんです。

 

kensuke
今回はゆず湯(ゆず風呂)に入ると肌がピリピリと痛い場合や肌にかゆみが出るときの原因と対処法についてまとめていきます!

 

ゆず湯(ゆず風呂)がピリピリ肌にしみる原因

ゆず湯に入ったときに肌にピリピリとした痛みが出たりかゆみが出てしまう原因は、ゆずの皮に含まれている「リモネン」という成分が原因です。

「リモネン」はゆずの香りの元となっている成分ですが、油を落とす効果も持っていて洗剤などの成分としてもよく使われているものなんです。油の洗浄力が強いので、ぼく達の皮膚についている油(脂)分も必要以上に落としてしまうこともあって、それが原因で肌にピリピリとした刺激が出てきてしまうんですね。特に肌の弱い人や乾燥肌の人、肌の薄い子供などはこうした症状が出やすい傾向にあるので、ゆず湯に入るときには注意が必要になってきます。

 

kensuke
ただ、「リモネン」には香りによってリラックス効果があったり、血行を促進する効果もあるので、ゆず湯自体は悪いものではないんですよ!

 

Sponsored Link

 

肌がピリピリするときの対処法

ゆず湯に入ったときにピリピリしてしまったときには、湯船から上がってシャワーで体についてしまったゆず湯の成分を洗い流してみてください、肌のピリピリとした感じが多少は落ち着くはずです。ただ、それでも肌の表面についていた油分は落ちてしまっているので、肌がかなり乾燥しやすい状態になってしまってします。その状態で放っておくと肌が乾燥してかゆみが出てきてしまうので、すぐにクリームなどを塗って保湿してあげるようにしてくださいね。

 

 

肌にしみないゆず湯(ゆず風呂)の作り方

通常のゆず湯の作り方だとゆずを半分に切ったり輪切りにしてお風呂に浮かべるか、絞り汁をそのまま湯船に入れたりします。ただ、この方法で作ってしまうとゆずに含まれる「リモネン」などの有効成分が多くで過ぎてしまうので、デリケートな肌の人には刺激が強すぎるんですね。

できるだけ肌に刺激を与えないようなゆず湯を作る場合には、表面を洗ってから使ったり、乾燥させたゆずの皮を使うなどひと手間を加えてあげると効果を和らげることができます。それからゆずは細かくしすぎると成分がお湯に溶け出すくなるので、できるだけ大きなままで使うといいですね。それでも刺激が強い場合にはゆずは切らずにそのまま湯船に浮かべるだけでも効果はあります。

 

肌に優しいゆず湯の作り方

  • ゆずの表面を洗ってから使う
  • ゆずの皮を乾燥させてから使う
  • 細かく切ったりしないでそのまま湯船に浮かべる

 

kensuke
そして、入浴時にはなるべく長時間入らないようにするなどの工夫をすることも大切ですね。

 

 

Sponsored Link

 

あとがき

寒い季節にはゆず湯(ゆず風呂)にゆっくりと浸かって体を温めて眠りにつくと気持ちがいいですよね。ゆず湯は肌の状態に合わせて作るときにひと手間加えてあげれば、痛みやかゆみも防げるので有効成分で体をポカポカと温めることができるので、ぜひ試してみてください!

 

kensuke
ゆず湯には体を温める効果以外にも美肌効果や疲労回復効果・リラックス効果もあるので、寒い時期の入浴にはおすすめですよ〜

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです