東京都で起こった大規模停電の原因・理由は送電設備の火災!?

cause-interruption-of-electric-service-in-tokyo-20161012
Sponsored Link

2016年10月12日の午後に東京都で起こった大規模停電、現在では停電からは復旧していますが、事故の原因については埼玉県の新座市にある送電設備が原因ではないかと言われています。

 

停電の概要

2016年10月12日の午後3時半頃に東京都内の一部の地域で発生しました。およそ1時間後には全ての世帯で復旧が完了したとの報告が東京電力より出ています。

 

 

停電が起こった場所はどこ?

停電が起こったのは東京都全域というわけでもなく、東京電力より報告されているのは23区の北部が中心で、練馬区・豊島区・板橋区・北区・文京区・杉並区・中野区・新宿区などとなっています。

 

停電した件数は?

停電した件数については15時39分の時点で最大になり、およそ35万軒もが停電の影響を受けました。

停電の内訳(15時40分頃の停電件数)

  • 練馬区:177,800軒
  • 杉並区:63,000軒
  • 中野区:63,700軒
  • 新宿区:29,100軒
  • 豊島区:12,700軒
  • 板橋区:5,900軒
  • 北区 :100軒未満

 

15時50分頃の停電件数はおよそ22万300軒となり、内訳は、

停電の内訳(15時50分頃の停電件数)

  • 豊島区:109,500軒
  • 板橋区:61,900軒
  • 北区 :29,800軒
  • 文京区:18,100軒

と報告されています。

 

Sponsored Link

 

公共交通機関への影響

さらに停電の影響によって公共交通機関にも影響が出ています。

16時半の時点での鉄道への影響

運転見合わせ

  • 西武:池袋線、西武有楽町線、豊島線、狭山線、新宿線、拝島線、多摩湖線、国分寺線、西武園線、山口線

ダイヤ乱れ

  • 都営:大江戸線
  • 東京メトロ:有楽町線、副都心線

 

 

 

停電の原因は?

停電が発生した原因については埼玉県新座市にある東京電力の送電設備からの火災が影響しているとのことです。警察の発表では地下を通る東京電力の送電線がショートしたのではないかとのことです。幸いにも設備は無人だったのでケガ人などの報告は現在のところないとされています。

 

 

火災発生の詳しい原因については現在のところ公表されておらず、東京電力の方で詳しい発生原因について確認中です。今後の東京電力からの発表を待ちましょう。

 

 

 

Sponsored Link

 

あとがき

現在では停電は復旧しましたが、詳しい火災の原因については調査中なのでできるだけ早く原因がわかるといいですね。オリンピックも近づいているので、原因が究明できたら東京電力には早急な事故防止対策を行って欲しいです。

 

cause-interruption-of-electric-service-in-tokyo-20161012

記事をシェアしていただけたら嬉しいです