鯉のぼりはいつからいつまで飾る?何歳くらいまで飾るのかも調査

スポンサーリンク

鯉のぼりって一体いつからいつまで飾るのか、正式な日にちってわかりますか?ぼくは正直小さいときに勝手に飾られて、しまわれるものだったので全く気にしていませんでした。ですが、周りに年頃の男の子がいる年齢になると、出し入れのお手伝いをしに行ったりすることも増えてきて、自然とどのくらいの時期から飾りだして、しまえば良いのかもわかるようになってきました。

鯉のぼりは、毎年4月頃になると各地域で見かけることが多くなりますが、自分の家だけ変な時期に飾っていたら少し恥ずかしいですし、近所の家との噛み合いもあるかと思いますので、タイミングが以外と重要ですよね?

こちらの記事では、鯉のぼりを飾る時期がいつからいつまでなのか?そして、何歳くらいまで飾れば良いのか?についてまとめていますので、鯉のぼりを飾ったりしまったりするときにはご参考にしてみてください。

 

鯉のぼりはいつから飾るのか?

「鯉のぼりをいつから飾るのか?」ということについてですが、実際には飾り出す日については、「特に決まってはいない」のが現状です。

日本に昔からある習慣なのに、飾りだしの時期が決まっていないというのはちょっと不思議ですね。ただ、5月5日のこどもの日に向けて飾るものではあるので、その前には飾っておく必要がありますね。ただ、「こどもの日に飾る」と言ってもさずがに前日に飾り出す人はいないでしょう(笑)

鯉のぼりに関してはそこまで地域差も強くないようで、一般的には1ヶ月くらい前から飾ることが多いです。目安としては、春分の日(3月20日前後)を超えたあたりから、遅くても4月の中旬くらいまでに飾ることが多いですね。

 

飾りだしの日は大安が良い

何をするにもそうですが、鯉のぼりの飾りだしの日柄(大安吉日など)についても、もちろん大安が良いとされています。ただ、これについては各ご家庭の都合もありますし、あまり気にしなくても大丈夫です。

「いや、絶対に大安に飾らなくては!?」と気合を入れるとき以外は、そんなに気にしなくてもバチは当たりません(笑)

特にこの時期は春先のシーズンで、年度末・年度始めなどで仕事や学校行事も忙しい時期になります。そんな感じで週末しか時間の取れない方が大安に用意しようとすると、年によっては大安の週末がなかなか来ない場合もあるので、鯉のぼりを飾りだすのがギリギリになってしまうこともあるでしょう。

ご近所が飾ってあるのに、自分の家だけ飾っていないと、子供にも悲しい思いをさせてしまいますし、こちらはそれぞれのタイミングで全く問題ないですよ。確かに子供の成長を願って飾るものなので、願掛けも大切ですが、ぼくが子供の頃に鯉のぼりを飾ってもらうときは、何よりも早く飾って欲しかったですから(笑)

 

スポンサーリンク

 

鯉のぼりはいつまで飾れば良いのか?

鯉のぼりの飾りだしの次は、「鯉のぼりをいつまで飾れば良いのか?」です。これも先ほどと同じように、特別な決まりごとはないのですが、5月5日以降のなるべく早い日にしまうことがおすすめします。

なぜ、早めにしまうのかというと、鯉のぼりをしまうときは、空気の乾燥した天気の良い日がしまいやすいのですが、片付けるのが遅れて5月の後半になってしまうと、空気中の湿度が高くなってくる傾向があるからです。……そうです、6月には梅雨入りがありますから、梅雨が近づくことで天気も不安定になってくるんですね。

それなので、なるべく早くしまうよう心がけた方が、後々になって片付けのタイミングが取れなくなってしまうなんてことを防ぐことができます。

一般的には、端午の節句(5月5日)を過ぎてから、小満(5月21日)あたりまでにしまうことが多いですね。この期間の週末などにタイミングよく時間が取れるようであれば、早めにしまってしまいましょう!

 

 

鯉のぼりは何歳くらいまで飾る?

鯉のぼりを飾るのは、「男の子が無事に成長してくれることを願う」という意味が込められています。それなので、こちらも先ほどの話に出てきた「いつから飾る?いつまで飾る?」と同じように、特に何歳まで飾らなくてはいけないと言う決まり事はありません。

ただ、一般的には10歳を過ぎたあたりから、子供の方も恥ずかしがって飾るのを嫌がるので飾らなくなる家庭が多いみたいですね。確かにぼくも3〜4年生くらいから恥ずかしくなった記憶があります。このころは弟もいたので、まだ飾っていましたが、さすがに弟が小学生の中学年くらいになったくらいには飾らなくなりましたね。

これについては、お子さんの好き嫌いもあるでしょうし、年に一度とはいえ、鯉のぼりを出し入れするのは大変でしょうから、家族で話し合うようにするのが一番ですね。たいていの場合には、長くても小学校の高学年位でしょう。

 

 

しまい方と洗い方

しまうときに注意すること

鯉のぼりは屋外に飾るものなので何度も飾っていると、やはり年月の経過とともに汚れが付いてしまうことが多いですよね?そういった場合にはきれいに汚れを落とししっかりと乾かしてから片付けるようにしないと、鯉のぼりの生地が傷んでしまって破れたり、色落ちの原因になってしまいます。

そんな鯉のぼりを外に飾っていても、見た目も良くないですし、子供の成長を祝って飾るものなのにあまり縁起が良さそうではないです……

使った鯉のぼりを片付けるときにはクリーニングに出す人もいるかもしれませんが、意外にもクリーニングに出してしまうと、色落ちしたり金粉が剥がれてしまったりすることがあるのであまりおすすめはしないですね。もしかしたら、クリーニング屋さんもそういったことをわかっていて受けてくれない場合もありますし、そうなる可能性があることを言われるかもしれません。

そういったことも含めて、長い期間に鯉のぼりを良い状態で使いたいのであれば、基本的には自分で洗うのがベストです。こちらからは、鯉のぼりを自分で洗う際の手順についてまとめていますので、鯉のぼりを洗うときにはご参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

洗い方

ぼくが良くやっていた方法は、鯉のぼりをお風呂のお湯を利用して洗う方法です。お湯を使うことで、汚れも落ちやすくなしますし、浴槽にお湯を張って作業ができるのでサイズにもよりますが、意外と簡単に洗うことができます。

鯉のぼりの洗い方

  1. 浴槽にぬるま湯(残り湯で大丈夫です)をはって、その中に中性洗剤を入れます。このときには、お湯が熱すぎると、鯉のぼりの生地を傷めてしまうこともあるので、お湯の温度は40度以下になるようにしてくださいね。
    洗浄に使う中性洗剤は、キッチン用のもので十分です。このときに中性洗剤をあまり湯船に入れすぎると、すすぐのが大変になってしまうので、少量の方が良いですよ。ぼくは多い方が汚れが落ちやすいだろうと、気合を入れてたくさん使ったら、すすぐのがかなり大変でした(笑)
  2. 鯉のぼりを1時間ほどぬるま湯に浸けておいて、浸け置きが終了しても汚れが残っているようであれば、その部分を軽くもみ洗いします。ここでポイントなのが、汚れがひどいからといって強くこすってしまうと生地を傷めてしまったり、色落ちの原因となってしまうので、注意してくださいね!
    それから、金粉が施されている部分は、強くもんだりこすったりしてしまうと、金粉がはがれ落ちてしまうので、基本的には浸け置きだけにするようにした方が無難です。
    新品同様に綺麗にしなくても、多少の汚れ程度であれば、飾ったときには全然わかりませんし、愛着もわきます。
  3. 生地の汚れが落ちたら、水の濁りが取れるくらいまで浴槽で良くすすいでください。水がきれいになるくらいまですすげたら、鯉のぼりを取り出して手で優しく水気を搾り取ります。
    先ほどと同じように、このときも金粉の部分は十分に注意して取り扱ってくださいね。
  4. 鯉のぼりの水気を切った後は、風通しの良い日陰で乾燥させてください。乾燥させるときに形を整えておくと、しまうときが楽ですよ。日向に干すのは乾くのは早いですが、日焼けや色落ちして生地を傷めてしまう原因になります。
  5. 生地が十分に乾いたら、丁寧に鯉のぼりをたたんでしまえば片付けの完了です。しまい込むときは、防虫剤を入れたくなりますが、入れない方が良いです。実は防虫剤を入れてしまうと、鯉のぼりの色落ちの原因になってしまうんです。
    虫食いが気になるときには入れた方が良いですが、その点だけ気をつけるようにしましょう!

 

 

あとがき

いかがでしたでしょうか?

鯉のぼりを飾る時期やしまう時期は、稀にですが地域によって決まりがあることがあります。飾り出しについては、近所の様子を見たり、近所の人から話が聞けた場合は、それを参考にして飾る時期としまう時期を決めた方がいいですね。

特に決まりがない場合は、こちらで説明したような時期に飾れば問題ないはずです!

 

こちらも人気の記事です!
>>>あさりの砂抜きを短時間でする方法と失敗しないためのコツ
>>>カヤックフィッシングには魚群探知機(魚探)の使用がおすすめ
>>>上野動物園のおすすめ駐車場!近い・料金が安い・穴場は?
>>>子供も大人も楽しめる!関西のアスレチック人気スポットまとめ

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です