レッドウィングブーツのスレキズ色落ちのクリームを使ったカラー補修方法

boots-colors-repair
Sponsored Link

ぼくはここ数年、革製の製品が好きで、最近は出かけるときはほとんどがブーツを履いて出かけています。ただ、昔はそうでもなかったのですが、靴に愛着を持って履くようになってから、ちょっと擦ってしまったキズなんかが気になるようになったんですね。特にブーツは擦ってしまうと結構目立ってしまうので気分も落ち込みます。「キズがあった方がブーツに味が出ていい!」って方もいますが、ぼくはそういうタイプではないので、できればキズを目立たないようにしたいんですね。

 

kensuke
ということで、今回はブーツのスレキズや色落ちを目立たなくするためのカラー補修を自分でやってみたのでまとめていきますよ〜

 

ブーツのスレキズや色落ち

bootscolor1 bootscolor2

 

kensuke
ぼくが現在愛用しているブーツのひとつ、レッドウィングのベックマンです。気がつかないうちにつま先の方を擦ってしまって色落ちもしています……

特にこういった擦れによる汚れは明るい色だと目立ってしまうんですよね。

 

Sponsored Link

 

ブーツの色補修方法

ブーツについた汚れを落とす

kensuke
ブーツの色を補修する前に、まずはブーツについた汚れを落としていきます!

 

IMG_1287

 

kensuke
今回ぼくがブーツについた汚れを落とすのに使ったのが、ステインリムーバーというものです。革製品の汚れを落とすときなんかにはよく使われるもので、革製のカバンや革靴だけでなくスニーカーにも使えたりします。

 

image image

 

kensuke
ステインリムーバーを乾いた布に染み込ませて、擦りながら汚れを落としていきます。ブーツにキズがつかないように力加減に気を使いながら落とします!

 

image

 

kensuke
ステインリムーバーがブーツに染み込むと色が濃くなりますが、乾くとこんな感じになります。色付けの前の下準備はこれでバッチリですよ!

 

 

一度クリームを塗ってブーツに栄養と潤いを与える

kensuke
汚れを落とした箇所にダメージがあるので、一度クリームを塗って栄養と潤いを染み込ませます。今回使ったのはSAPHIR(サフィール)のカラークリームです。

 

image IMG_1289 image

 

kensuke
こちらはクリーム自体に色がついてはいますが、そこまで着色効果がないので、どちらかというと、下地として栄養と潤いを与えて、最後にまた仕上げとして、光沢と保革効果を与える役割として使っています。

 

 

補色クリームで色付けをする

kensuke
次に補色クリームで着色をしていきます。先ほど使ったSAPHIR(サフィール)からも補色(補修)クリームは販売されていますが、今回はちょっと補色効果が弱いコロンブスのカラーリペアを使いました。

 

IMG_1290 image image

 

kensuke
先に塗ったクリームの水分が残って色が変わっていますが、多少保湿をするのでそのまま上から塗ります。

 

 

仕上げにクリームを塗る

image

 

kensuke
先ほどの2つ前の項目で出てきたSAPHIR(サフィール)のクリームを、最後にまた仕上げとして塗ります。こちらはでは、光沢と保革効果を与えつつ、色を馴染ませていきます。

 

 

仕上がり

kensuke
以上で終了です。仕上がりはこんな感じになります。

 

image

 

kensuke
右足が微妙に補色が足りなかった気もしますが……

でも、だいぶ目立たなくなりました!前後で比較してみると、

 

bootscolor3 bootscolor5 bootscolor4

 

kensuke
かなり目立たなくなっています!ついでに靴ひもも替えてあげました。

 

 

あとがき

今回はぼく自身も初めてブーツの色補修でした。初めてだったので道具を揃える際には、店員さんと相談して、あまり着色の強くない補色クリームにしましたが、これであれば補色効果の強いSAPHIR(サフィール)の補修クリームでもよかったかも……って感じです。

 

 

SAPHIR(サフィール)の補修クリームはこういうやつです、東急ハンズとかに売っていますね。

初めてブーツの補色をするときは何を用意すればいいのかわからないことも多いので、専門店なんかで聞いた方が確実です、ぼくはそうしました。使ったことがないと、どのクリームが補色効果が強いなんてわからないですからね。今回使ってみて「もう少し強くてもいいかな」っと思ったのも、やってみてわかったことなので、弱い方から試してみて良かったです。

 

 

 

Sponsored Link

 

boots-colors-repair

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です