ガムの賞味期限表示の見方!何年で切れるかは開封後と未開封で違う

スポンサーリンク

ガムには賞味期限の表示が記載されているものといないものがあるのはご存知でしょうか?

一見、賞味期限のなさのうなガムですが、賞味期限の表記のあるものとないものでは、ガムとしての違いがあるんです。もちろん、表記のないものでも食べることができなくなってしまうのものありますので、そうしたものには注意が必要です。

こちらの記事では、ガムの賞味期限表示の見方についてまとめています。表記のあるものとないものの違いや、ないものの場合には食べる目安をどのくらいにしたら良いのかについても書いてますので、ご参考にしてください。

 

ガムの賞味期限表示の見方

ガムの賞味期限表示の見方についてですが、冒頭にもかきましたが、実はすべてのガムに賞味期限の表示が記載されているわけではなくて、「賞味期限表示のあるもの」と「賞味期限表示のないもの」の2つが存在します。

同じようなものですし、どちらも食品(?)であるのに表示があるのとないのはちょっと気になりますよね?

 

「もしかして、表示のないものはあまり知られていないメーカーのものだったり、粗悪品であったりするのかな……?」

とも思いましたが、実はそうではなく、賞味期限を表示していないものにはちゃんと理由があっったのです。

 

ガムに賞味期限の表示がない理由

ガムは食品でありながら賞味期限の表示がない理由としては、

「ガムという製品は、含まれている水分量も少なくて、品質の変化や劣化が極めて少ないものである」

ためです。

 

実は、このような長期保存が可能な食品というのは、食品衛生法による期限表示の部分で、期限の記載を省略できるということになっています。

それなので、ガムのパッケージには賞味期限の表示が書いていないものが存在するんですね。

 

 

こんな感じで、ガムのパッケージに賞味期限の表記がないものがあります。写真の赤枠の部分は賞味期限ではなく、商品の識別番号です。

賞味期限の場合には「年月日」の順番で表記されます。ちなみに3ヶ月よりも長い賞味期限を持っているものは「年月日」ではなく、「年月」での表記が許されていますので、そこまでの表記のことが多いですね。

 

スポンサーリンク

 

賞味期限表示があるものは特定保健用食品(トクホ)

「じゃあ、ガムには賞味期限の表記がないんだ!」

と思っていたら、あるときにはしっかりと賞味期限が表記されているガムに出会いました。

 

「ガムは賞味期限の記載が省略できるのに、なんでわざわざ表記をしているんだろう?」

と思ったのですが、これにはちゃんと理由があったんですね。

実は、パッケージに賞味期限を表記しているガムは「特定保健用食品」いわゆる「トクホ」として認定されている商品なんです。

 

特定保健用食品(トクホ)は、その食品を摂取することで体の特定の健康のために役立つような食品のことですね。

特定保健用食品に指定されているガムの場合には、「歯の健康維持に役立つ」という効果があるということで、製品の品質や効果が期待できるような期間をガムのパッケージに記載するようになっています。

こうしたトクホのガムの賞味期限の期間的には、大体製造から1年半くらいに指定されているものが多いですね。

1年半もあればガムの存在を忘れない限りは、ファミリーボトルのようなサイズのものであっても、さすがに食べ切れるのではないでしょうか?

ちなみにですが、トクホのガムの賞味期限はあくまでも、トクホの製品として賞味期限が設定されているので、賞味期限が切れていても問題なく食べています(笑)

 

 

何年で切れるかは開封後と未開封で違う

賞味期限の表示についてですが、あくまでもその期間は未開封の場合の期間です。なので、いくら1年半もの賞味期限があるからといっても、そこまでトクホの効果が期待できるわけではありません。

どちらのメーカーでも長期の賞味期限表示はしてはいますが、「開封後はお早めにお召し上がりください。」という部分では一致していますので、賞味期限までの期間が長くても過信せずに、早めに食べきるようにしましょう。

ガムの原料は、植物性樹脂等のガムベース、甘味料、軟化剤そして香料で作られ、品質の変化が極めて少なく、微生物などによる危害の発生の恐れもほとんどなく、品質も安定しているため、賞味期限表示はしていません。ただし、開封後は早めにお召し上がりください。

参考:グリコHP

先ほども書きましたが、そもそも、ガムの存在を忘れない限りはそんなに長くとって置くことはないですけどね(笑)

 

スポンサーリンク

 

賞味期限の書いていない数年前のガムは食べても大丈夫なのか?

引越しや掃除をしていたときに食べ切れていなかったガムを発見することってありませんか?

ぼくは時々そうしたガムが出てくるのですが、賞味期限などが書いていない場合には「大丈夫かな?」と思うことがあります。

 

一応、こうしたガムは、

「保存状態が良ければ数年前のものでも大丈夫」

というように言われていますので、ぼくはあまり気にせず食べてしまうのですが、今までに1度もお腹を壊したりしたことはありません。

……ので、基本的には食べてしまっても大丈夫ですね。

 

ただし、これはあくまでも「保存状態が良い」ということが前提条件ですので、

表面が溶けてしまって、包み紙に張り付いてしまったり、ひびが入ってしまって形が崩れてしまっているものは避けた方が良いですね。

何よりも、そういったものは見た目だけで食べる気が無くなってしまいますので、口の中には入れることはないですが……(笑)

 

 

あとがき

ガムの賞味期限表示の見方や開封後と未開封の違いなどについてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

ガムには賞味期限の表示があるものとないものがあるということでしたが、当たり前ですが、どちらにせよ早めに食べる方が良いということですね。もし、賞味期限表記のないガムが残っている場合には、ガムの状態を見て、食べることができるか判断するようにしています。

賞味期限があるものでも、あくまでも未開封で保存状態が良い場合ですので、形が崩れていたりするものは避けた方が良さそうです。

 

こちらの記事も合わせて読まれています!
>>>ガムを飲み込むとどうなるのか?便秘や腹痛など健康被害に影響も!
>>>服についたガムの取り方!以外と簡単にできる落とし方とは!?
>>>髪の毛についたガムの取り方!家庭にあるもので簡単に落とす方法とは?
>>>茶渋の取り方!コップやマグカップの茶渋は塩や重曹で落とせる!
>>>洗濯物の部屋干しの臭いの原因と予防するための対策法とは!?
>>>洗濯物を早く乾かす方法!干し方を工夫すれば断然早く乾く!
>>>お風呂の鏡の水垢の落とし方と鏡に水垢がつくのを予防する方法
>>>服についたタバコの臭いを消す方法!臭いのついた服を洗う時は注意
>>>濡れた靴を早く乾かす方法!新聞紙よりも効果的なものは!?
>>>ご飯の保存方法別の保存期間は?常温・冷蔵・冷凍でどのくらい違うか
>>>布団のカビの取り方のコツとカビを予防するための対策方法
>>>水道水のカルキ抜きの方法と所用時間!一番簡単にできるのはどれ?
>>>硬くなったパンを柔らかくする方法!ふわふわに復活させる裏技とは!?
>>>加湿器がカビないための対策方法!カビの原因は何?
>>>洗っても取れないタオルの臭いの取り方!臭いの原因は雑菌の繁殖

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです