天体双眼鏡の選び方!天体観測の初心者におすすめの倍率や値段は?

スポンサーリンク

天体観測にハマってくると「天体双眼鏡を使って観測をしてみようかな」と双眼鏡の購入を検討する方も多いのではないでしょうか?双眼鏡での天体観測は、倍率は望遠鏡にはかなわないですが、肉眼では観察することができない素敵な星空の発見ができますし、流星群や天の川などの観測には天体望遠鏡よりも双眼鏡を使った観測の方が適していたりします。

こちらの記事では、初めて天体双眼鏡の購入を検討している方に向けて、天体双眼鏡の選び方や初心者におすすめのスペック(倍率・値段など)についてまとめていますので、双眼鏡のご購入を検討している際にはご参考にしてみてください。

 

天体観測に最適な天体双眼鏡の選び方

天体観測のために天体双眼鏡を買おうと思ったときって何を基準に双眼鏡を選びますか?

やっぱり機能の中では「倍率」を一番に考える人が多い傾向はあります。特に初心者の方にとっては、「倍率が高い方が遠くまで見えるからいいに決まってるじゃん!」と考えてしまって、安易に倍率が高くて安いものを選びがちです。最近では「倍率100倍」なんてものが数千円で販売されていたりするのも見かけます。

でも、それはちょっと待ってください!実は倍率の高さばかりを謳っている天体双眼鏡は、実はあまりいいものではないことが多いです(ときにはちゃんとした商品もあったりしますが、確率的には……)。

そもそも、手軽に考えられがちな双眼鏡ですが、実はその構造もしっかりと考えられて作られたものでないと「それなりに見える」くらいにしかならず、本来の双眼鏡の性能のものを使っているとは言えないことが多いんです。

 

特に天体観測の場合には、周囲が暗い中で観察することがほとんどなので、安易に倍率だけ求めてもしっかりと星空を観測することはできません。天体双眼鏡を購入する際には、全体のスペックを比較してトータルで観測に適したものを選ぶようにするとより快適な天体観測を行うことができます。

こちらでは、天体双眼鏡を購入する際に気をつけておきたい双眼鏡のスペックについてお話ししていきましょう。

 

倍率について

先ほど、天体双眼鏡を選ぶときには安易に倍率を求めてはいけないと言いましたが、倍率については天体観測に適したものを選ぶようにします。天体観測に使用する双眼鏡の場合には、倍率的には10倍前後のもので十分です。ぼくの周りでは天体観測用の双眼鏡には倍率が7〜10倍程度のものを使っている人が多いですね。

このくらいの倍率のものは、比較的手に入りやすいのでおすすめです。天体双眼鏡の場合には、倍率の高いものでも20倍くらいまでにしましょう。実は倍率はもろ刃の劔でもあって、双眼鏡の倍率の高さを求めてしまうと、双眼鏡を覗いたときに視界が全体的に暗くなってしまいます。他にも手ぶれが起こりやすくなるなどデメリットも出てくるので、天体観測に使用する双眼鏡の場合には他の機能のスペックも考慮して、バランスのいいものを選ぶようにしましょう!

 

スポンサーリンク

 

口径について

双眼鏡を選ぶときに、倍率と一緒に出てくる数字としてよく見るものが、この「口径」です。口径は双眼鏡のレンズの大きさを表すもので、大きいほど双眼鏡内に光を集めることができるので、覗いたときの視界が明るくて見やすくなります。

ただし、口径が大きいものはその分が重量あるので、双眼鏡全体の重さも重くなってしまいます。天体観測をするときに、三脚を使わずに長時間手で持って観察すると大変ですし疲れてしまいますので、その辺は気をつけましょう。

購入の際には実際に持ってみて、「どのくらいの重さなのか?」「長時間持っていて疲れないか?」確認しておくといいですね。天体双眼鏡の場合にはだいたい50mmくらいのものを選べば無難です。

 

形状について

双眼鏡の形状についてですが、一般的にはポリプリズム式やダハプリズム式のものが多いです。個人的に最初の一台目として初心者の方におすすめしているのは、ポリプリズム式の双眼鏡ですね。

ダハプリズム式の双眼鏡は、ポリプリズム式の双眼鏡に比べて軽量で持ち運びがしやすいのですが、ポリプリズム式のものに比べて高価になることが多いんです。メーカーや機種によっては、同じ倍率・口径で性能もほぼ同じなのにもかかわらず、値段が2倍くらい違ったりすることもあります。

まずは「とりあえず天体双眼鏡を使ってみたい!」という方には、ポリプリズム式の双眼鏡をおすすめします。値段は気にせずに「コンパクトさ」や「デザイン」を求める人場合には、初めからダハプリズム式のものを選んでもいいですね。

 

実視界の確認

実視界とは、双眼鏡を覗いたときに見えている視界の範囲のことで、「目標物を見たときに双眼鏡を動かさなくてもどこまで見れるか」を示しているものです。表記としては角度で表されていて、双眼鏡の本体などに付いている倍率や口径の後に「°」の表記で表されていることが多いですね。

倍率が7倍の双眼鏡であれば6〜7°程度、倍率が10倍の双眼鏡であれば4〜6°程度のものが一般的になってくるので、倍率に合わせて実視界の数字も気にするようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

ひとみ径の確認

ひとみ径は双眼鏡を覗いたときの視界の明るさを表す数字で、倍率による視界の明るさへの影響と口径による視界の明るさへの影響を数値化したものです。

ひとみ径は【対物レンズの有効径/双眼鏡の倍率】で表されていて、数字が大きい方が双眼鏡を覗いたときの視界が明るくなります。ただし、「単純に明るければいい!」というわけではなく、使用用途に応じて適度な明るさのものを選んであげる必要があります。

天体観測などの周囲が暗い場所で観察をするときにはひとみ径が7程度のものを選ぶようにするといいですね。逆に周囲が明るい場所で観察をするときには4〜5程度が良いとされています。ひとみ径が大きい双眼鏡ほど、覗き込んだときの視界が明るく見えるので、明け方や夕暮れどき、特に天体観測のときなどににはその違いがよくわります。

 

 

天体双眼鏡で天体観測をするときに注意すること

せっかく天体観測のために双眼鏡を選んで使うのであれば、なるべくいい状況で使いたいですよね?こちらでは、双眼鏡を使って天体観測をするときに注意することについてまとめていますので、ぜひご参考にしてください。

 

三脚を使用する

望遠鏡に比べれば小さくて軽い双眼鏡ですが、観測にのめり込んでしまって長時間観測をしていると、手がかなり疲れてきます。手の疲れが起こると手ぶれなどの原因にもなりますので、長時間の観察を行うときには三脚を用意するのをおすすめします。

スマホやその他のウェアラブル機器専用の三脚でも双眼鏡用のビノホルダー(双眼鏡を固定する機材)を取り付ければ、双眼鏡用の三脚として使うことができますので、すでに三脚をお持ちの場合には試してみてください。

 

眼幅とピント合わせ

双眼鏡を覗いて天体観察をするときに注意したいのが、眼幅とピントの調節です。特に眼幅が合っていないと目も疲れてきてしまうので、観察を始める前にはしっかりと自分の目に合った眼幅に調節をするようにしてください。

眼幅の調整方法は、双眼鏡を曲げ伸ばしして、左右の目で見える視界(視界に見えている円)がひとつになればOKです。この調整はできるだけ明る場所で行った方が楽ですね。

 

それからピントの調節ですが、双眼鏡にはピント調整リングがついているので、そちらを回してピントの調節を行います。ピントを合わせる手順は、左目から行って、次に右目、そして最後に両目の順番でピント調節をしてください。

左目で覗いたときにピント調整リングで調節をした後に、右眼で覗いたときに視度調整環でピントを合わせましょう。最後に両目で覗いて、もう一度ピント調節リングで調整をすればピント調整の完成です。

これで、天体双眼鏡を使った天体観測がバッチリ行えますね!

 

スポンサーリンク

 

天体双眼鏡での観測について

天体双眼鏡を使っての天体観測ときに気をつけておきたいことは、

「天体双眼鏡を使っての天体観測は、天体望遠鏡のように観察ができるわけではない」

ということです。肉眼に比べれば視界が高倍率にはなりますが、あくまでも双眼鏡ですので、月のクレーターや土星の環などをはっきりと観察できるというわけではありません。

双眼鏡を使っての天体観測の際には、ひとつの星をじっくりと観察するのではなくて、星空全体を観るという感覚で観察をするといいですね。流星群や天の川など、一度にたくさんの星を観察するときには天体望遠鏡よりも、天体双眼鏡の方が観察には向いています。流星群や天の川を観察するときに、肉眼では見えにくい星も一緒に観察しようという場合には、天体双眼鏡での観察は最適です。

 

 

初心者におすすめの天体双眼鏡

それでは、こちらからは初心者におすすめの比較的手に入れやすい天体双眼鏡のモデルをご紹介します。天体双眼鏡をご購入の際にはご参考にしてください。

 

Nikon(ニコン) Action EX(アクションEX)7×50CF

 

PENTAX(ペンタックス) SP10×50WP

 

Vixen(ビクセン) アスコットZR7×50WP

 

スポンサーリンク

 

ミザールテック BK-7050

 

Kenko(ケンコー) Artos8×42W

 

メーカーによってかなり値段の差があるので、スペックも比較しながら検討してみてください。

ミザールテックやケンコーのものは比較的入手しやすい値段でもあるので、双眼鏡を使った天体観測を今後もするのかわからない場合には、このくらいの価格帯のものでも十分です。まずは自分の好きなものを使ってみて天体観測を楽しみましょう!

 

 

あとがき

天体双眼鏡の選び方についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

天体双眼鏡を選ぶときに、初心者の方で特に初めの一台は、特別に偏った性能のものではなく標準的なものを選んで使った方が、扱いやすいですし、無難ですね。値段についてはメーカーによってもかなり変わってきますので、お財布と相談しながら決めるようにしましょう。知り合いに双眼鏡を持っている方がいる場合には貸してもらって、どんな感じなのか実際に使ってみると基準がわかりやすいかもしれません。

 

天体観測のためのこちらの記事も人気です!
>>>馬頭星雲の撮影方法!位置や場所・大きさ・距離についても解説
>>>暗黒星雲とは?ブラックホールとの違いや大きさについても解説
>>>オリオン大星雲の撮影方法!見つけ方(位置)や双眼鏡/望遠鏡の選び方も
>>>プレアデス星団(和名すばる)の神話と宇宙人の話!見つけ方も紹介
>>>星空をスマホ(iphone/Android)で撮影する方法!おすすめのアプリも紹介

流星群に関する情報は……
>>>4月こと座流星群が見れる方角やピーク(極大)時間は?

天文学に関するこちらの記事も人気です!
>>>宇宙のゴミ(スペースデブリ)問題とは?回収や対策方法に期待が高まる
>>>宇宙旅行の費用はどのくらい?実は日本人の芸能人も応募していた!
>>>地球の寿命の残りと年齢はどのくらい?人類生存には移住が必要!
>>>宇宙の果てにあるものは何?果てまでの距離が何光年かは観測できない!
>>>月の裏側が見えない理由!秘密基地や宇宙人・かぐや姫の噂も検証!?
>>>満月のときの願い事の書き方!金運がアップする願い事の方法
>>>新月とは?満月と新月の違いや意味を解説
>>>中秋の名月はいつ?意味と由来は?【中秋】と【仲秋】は実は違う!

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです