AmazonGOの評判や問題点とは?メリット・デメリットまとめ

スポンサーリンク

Amazonが新しい試みとして発表したAmazonGOが話題になっていますね。日本への進出や出店については現在のところは未定ですが、日本のコンビニなどの市場規模を考えると参入してくるのは確実でしょう。

AmazonGOのシステムはかなり画期的なものであるので、今後は世界中に広まるとは思いますが、良い部分ばかりではなく、ダメな部分や問題点はないのでしょうか?

 

AmazonGOの評判や問題点とは?

AmazonGOの評判については、これまでになかった新しいシステムということもあって、導入に対しての不安の意見よりも、肯定的な意見の方が多い感じがしますね。

 

 

ぼく自身も早く体験してみたいですね。コンビニのようになるのであったら、Amazon独自のおにぎりやお弁当なども並ぶのでしょうから、そちらもどういったものになるのかが楽しみです。

 

 

現段階で考えられるAmazonGOの問題点

現段階では評判の良さそうなAmazonGOですが、もちろん、問題点などもいくつか挙げられています。

 

雇用機会が失われる

現在はコンビニやスーパーなどではパートやアルバイトの方などが多く働いていますが、AmazonGOが広まっていくに従ってこうした方の雇用の機会が減ってしまうのではないかという問題です。

ただ、これに関してはAmazonGOによる問題ではない気がするんですよね。たとえAmazonGOが参入してきたとしても、今まで通りコンビニやスーパーなどは存在するわけですし、こうした場所では今まで通りのレジでの会計が行われますからね。

もちろん、AmazonGOがどんどんと店舗数を広げていけば現在のコンビニやスーパーなどの利用率は減る恐れはありますが、そこは各企業がどう対応していくのかではないでしょう。あくまでもAmazonGOの仕組みは、Amazonが持つ顧客情報やクレジットカードのデータがあってからこそできることです。それなので、Amazonを利用していなかった方やそうしたものに疎い方などは特に改めて利用しようとは思わないのではないでしょうか?

ただ、AmazonGOとは別に各コンビニやスーパーなどがこのような無人決済システムを導入すれば、雇用機会が失われる問題は出てきますが、それはAmazonGOがどうこうではないですよね。

 

ゲート飛び越えによる万引き

AmazonGOは店舗に入店する際に、スマホを使ってデータを読み込ませてゲートを通って入店することで決済処理をなくす仕組みになっています。ただ、このゲートを通る場所が完全に無人になってしまうと、人目がないのでゲートを飛び越えて商品だけ持って逃げるといったことも可能になってしまいそうですよね。

この辺については新たに警備員などをつける必要もあるかもしれないので、そちらの部分でまた新たな雇用が生まれるとなると、「雇用の機会が失われる」という先ほどの問題は多少解消されるかもしれませんね。ただ、飛び越えられないようなゲートを作ってしまえば、人間はいらなくなりますが……

 

スマホ情報が盗まれたり、拾ったスマホでの決済

あとはこうして、スマホだけで簡単に決済ができるようになると今まで以上により強固なスマホのセキュリティが必要になってくるかもしれません。スマホがハッキングされて情報が盗まれたり、拾ったスマホで決済されたりしたらたまったものじゃないですからね。

この辺は今後どうなってくるのかわかりませんが、問題点として挙ってくるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

AmazonGOのメリットまとめ

それではこれまでに挙げた評判や問題点なども含めて、AmazonGOのメリットについてまとめてみましょう。

 

人件費を削減することができる

AmazonGOの決済システムが導入されるようになれば、コンビニやスーパーなどで今まで必要だったレジ打ちの作業がなくなるので、企業側はそちらに投資していた人件費を削減することができます。もちろん先ほど問題点として挙げた「警備員」の問題もありますが、レジ打ちの人数に比べれば少なくてすむのではないでしょうか?

 

レジの混雑の緩和を防ぐことができる

AmazonGOのような決済システムになればレジでの会計がなくなるので、今まで生じていた「レジ待ち」の現象がなくなります。それなので、どれだけ店舗にお客さんが入ってこようともレジ待ちによる混雑はなくなるのでこれはかなりのメリットでしょう。

 

AmazonGOのメリット

  • 人件費を削減することができる
  • 混雑を緩和できる

 

AmazonGOのデメリットまとめ

AmazonGOにはもちろんメリットだけでなく、デメリットもありますのでそちらもまとめておきましょう。

 

スマホのセキュリティなどの対応

AmazonGOで簡単に決済ができるようになると、スマホの盗難や情報の流出による被害が出てくる可能性はありますよね。ということで、今まで以上にスマホのセキュリティを強化しなくてはならいかもしれません。

 

雇用機会の減少

この点がAmazonGOが参入してくることによって一番懸念されていることです。ただ、これについては逆に他の分野で人が足りていない部分に人が回せるようになるとも言えますよね。他にも今までパートやアルバイトと言えば「レジ打ち」と考えていた人が、別の仕事を見つけようと試行錯誤することで、また新たなビジネスが生まれてくる可能性もあります。

 

万引き(出入店のゲートの問題)

現在公開されているAmazonGOの動画では出入店用のゲートを簡単に飛び越えることができる気がするんですよね。現段階では実験中なのでなんとも言えないですが、現在のようなゲートの状況で完全に無人かをしてしまうと、万引きなどの被害が出る可能性はあります。

ですので、完全にスマホのデータを読み込まないと入れないようにするか、警備員をつけるなどの対応が必要になってくる気がします。

 

AmazonGOのデメリット

  • スマホのセキュリティ問題
  • 雇用機会の減少
  • 万引きの対応(ゲート部分の改良)

 

 

 

あとがき

AmazonGOは日本への出店の予定はまだ決定していませんが、今後出店するとなると楽しみになってきますよね。決済システム以外にも商品の陳列や仕入れも自動でできるようになると、ますます自動化が進んで商品の売り買いが完全に無人で行えるようになるでしょうね。

雇用がなくなることの心配をするのではなくて、逆に使える時間が増えたことによってどうすればお金を稼ぐことができるかなどのことに時間を費やすといいかもしれません。そうして新たに自分のしたいことをビジネスにすることができる世界がすぐ近くに来ているのかもしれませんね。

 

AmazonGOの関連記事です!
>>>AmazonGOの日本への進出・出店の時期はいつ?

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです